<   2016年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

難しい・・

コチュジャン(고추장)を買いにいつもの韓国料理食材店へ。韓国食材店と言っても
大抵は、日本料理食材も置いてあるので安心。このお店には、毎月1~2度、必ず
豚肉と牛肉のしゃぶしゃぶスライスを買い出しに行きます。
こちらの普通のスーパーマーケットでは、日本仕様のスライス肉を売っていないし、
豚肉を扱っていないスーパーもあるからです。
「しゃぶしゃぶスライス」「すき焼きスライス」と海外で名づけられているこのスライス肉;
日本人・日本料理を作る私達には、非常に重宝するので助かります。このお店では
美味しい焼き肉用のカルビ肉もあるので、必ず買って帰ります。
ドバイには、何軒かの日本料理食材店もありますが、私の住んでいるエリアからお店が遠い
という事と、総じて韓国料理食材店の方が、ハノイの時もそうでしたが、品揃えが良いから
私は躊躇わず、いつも韓国料理店に出向きます。


最近はコチュジャンを使う事がなく、日本から持ち込む事もなかったのですが、コチュジャンを
使ったお料理、特にサラダに挑戦してみようかと思い立ち、コチュジャンを買いに
行ったのです。事前の準備として、コチュジャンが「コチュジャン」という呼び名で
お店の人に通じなかった場合を想定して、コチュジャンのハングル語も用意;『고추장』。
お店の店員さんは、インド人・ネパール人なので、大丈夫だろう~と思っていましたが。
いざ訊いてみると、すぐにわかり棚に案内してもらったら、さすが韓国料理食材店。
商品が棚いっぱいに、上から下まで全部コチュジャン・・・参りました~。
どれを買っていいか?わからない・・・。よ~~く観察していると微妙に内容に違いがあり
ますますわからない~~。難しいです~~。準備したハングル文字を見比べても、
どうもドンピシャのがなくて・・・四苦八苦。長い間、棚の前で佇み、困っていると、
店員さんが訊きに来てくれて、やっと判明。コチュジャンでも、ブランド違いや
スパイシーに違いがあり、私は中辛の良く売れてそうな物を買ってみたのですが、さてどうでしょう?

韓国食材店の店員さんは、ハノイの時もそうでしたが、韓国人のオーナーさんが厳しいので、
よくトレーニングされています。この日は、お店の入り口で、「挨拶隊」の様なお兄さんが
立っており、入店するお客さんに丁寧にご挨拶。このお店を利用するお客さんは、
間違いなく韓国人か日本人。私の前にお客さんが続けて二組入店。その挨拶隊のお兄さん;
すかさず、「アンニョンハセオ~」とさて、私にはどう挨拶するのかな?と思っていたら、
迷わず「こんにちは~」と。さすが、見分けられるのですね~。凄い!日本人同士でも
海外在住の韓国人・日本人の見分け方は、難しいと思いますが・・・。
最近「難しいな~」と思うのが、インド・バングレディッシュ・スリランカ・ネパール人の見分け方。
特に最近ドバイで増加しているネパール人・・・特徴が分かりません。難しいです。
さて今夜は、コチュジャン風味のサラダ、早速作ってみようかと思っています。

f0142834_13113487.jpg

by josek | 2016-07-31 13:25 | 日常 | Trackback | Comments(0)

魔法・・

中断されていたJSTVが映るようになり、昨日の朝は、久々に
NHKの〈あさイチ〉を観る事が出来た。ゲストは歌手の平井堅・・・
現在LUMIXのCMソングがヒット中・・・スタジオのライブで聴けて感動。

ドバイに戻って、2週間と少し。戻ってすぐに新しく生活環境を整えようと、
その時にiTunes Storeで、お気に入りの曲を探して購入。それが、以下3曲。
日本で聴いていたのかも?どれもCMソングとしてTVで流れてます。

●平井堅 ; 『魔法って言っていいかな』・・・パナソニック LUMIX
「大袈裟な事は何も出来ないけど 君を笑顔にする魔法はいくつか持ってるんだ~」
優しい男性の歌で、ほっこりします。この歌詞で惚れてしまいました~~。

●ドリカム;『あなたのように』・・・かんぽ生命キャンペーンソング
あなたのように つよい人で やさしい人でありたい~」サビが良いです。

●サザン;『大河の一滴』・・・UCC BLACK無糖
相変わらずドラマチックな歌詞と曲で、情熱的です。
桑田さん、今年で還暦、60歳。
先日のインタビューで、「恋がしたいんです~」と。「若い時は、『好き』で
すべてが始まったけど、この歳になると、『好き』って言ったら、恋は
終わるんです~」と残念そうに。なんとなく、わかる気がします。

そろそろ夏のドラマが出揃ってきたので、主題歌チェックをしないとね。
狙い目は、スピッツの新曲。7月27日リリース・・今日ですね。

(写真 北海道)
f0142834_04174006.jpg
by josek | 2016-07-26 04:28 | ブレイク | Trackback | Comments(0)

勇気・・

映画のお話で思い出しましたが、こちらの映画館、出稼ぎの人達用の映画もいっぱい。
先日映画館ではなく、文化交流の一環で、日本映画祭りがありましたが、そうではなく
映画館で、ハリウッド映画に加えて、アジアの映画もかなりあります。
特に海外からの観光客が集まる大きなショッピングモールではなく、地元の人達が
多く住むエリアにあるショッピングモール・・・それでも大きいですが・・そこにある
映画館には、出稼ぎのアジアからの映画が常に上映されています。

●フィリピン映画・・・byタガログ語+アラビア語
●インド映画・・・byヒンディー語+アラビア語
      ・・・byタミール語+アラビア語
      ・・・byマラヤラム語+アラビア語
●パキスタン映画・・・byウルドゥー語+アラビア語
〇ハリウッド映画・・・by英語+アラビア語(フランス語)
〇アラビック映画・・・byアラビア語+???

インド映画と言っても、言葉が州によって違うので、映画も
違う様です。もちろん、アラビックの字幕(サブタイトル)は必須だと思いますが、
他の州のインド人用に英語の字幕もつくのかな?

さらに、ハリウッド映画は、常にアラビックの字幕に、併せてフランス語の字幕も
多くの映画でつきます。二か国語の字幕はこちらでは普通なので。
インド映画は、どんなものなのか?字幕はどうなっているのか?
アラビックの映画は、一体どんな様子なのか?ストーリーはどんな展開なのか?
まさに未知の世界。アラビックの映画だからと言って、アラブの人達がたくさん
観ているとは、到底思えません。彼らは多分ハリウッド映画の方がお好みのはず。

この辺りを検証したいのですが、週末の映画館・・・インド映画を上映する所は
いつも凄い行列?指定席ですから、並ぶ必要はないはずなのに。また上映終了後は
凄い人数のそれも男性観客ばっかりが溢れ出てきます。それを見ると完全に
腰引け状態で、あの男性観客の中に入って、インド映画を観るには、かなりの
勇気が必要で・・・。狙い目は、やはり平日の朝でしょう。きっと意味は
あまりわからないと思いますが、映像なので、インド映画でもアラビック映画でも
大筋の映画のストーリーはわかると思います。
何とか一度勇気を持ってトライしたいと思います。

(帯広 北の屋台より)
f0142834_11515158.jpg 

by josek | 2016-07-25 12:02 | 映画 | Trackback | Comments(0)

映画 『Star Trek Beyond』etc...

●『Independencw Day Resurgence(復活)』
大ヒット、感動の前作から20年ぶりの続編。再び地球を目標に襲来したエイリアンと
絶滅の危機に瀕した人類との壮絶な闘い。
前作は、何度観ても、今でも面白い。大統領が「~Independencw Day~」と
宣言するところは、何度も観ても感動!今回は期待が大きかったせいか、
かなりがっかり・・。意味が分からない所が多々あり。

●『Now you see me 2』
ジェシー・アイゼンバーグ主演の「グランド・イリュージョン」の続編。
マジック強盗団が、ルール無用で巨万の富を独占する産業界に立ち向かい、
黒幕を炙り出す為に前代未聞のパフォーマンスが開始される。
第一作は見逃してしまって、今回大好きなマーク・ラファロが出演しているので
初めて観てみた。マジック・・という事で、意味不明の事も多々あり。前作から
観た方が良いかも。

●『Ghostbusters』
幽霊退治に挑む科学者たちの活躍を描き、1980年代に一世を風靡した「ゴーストバスターズ」を、
女性をメインキャラクターに新たに復活させたアクションコメディ。
これも30年ぶりの続編。第一作は、本当に面白かった。なぜ今頃続編なのか?
そして、女性のゴーストバスターズ(幽霊退治人)なのか?わからないけれども。
主役の4人のうちの一人、メリッサ・マッカーシー は、『スパイ』で観ていた
おデブの女優さん。さすがのコメディー女優のはず。アカデミー賞の
助演女優賞を受賞してました。ストーリーは、いまいちでしたが。

新聞記事でも読みましたが、〈近年のハリウッド大作における“中国要素”の多さが
ひとつの話題〉・・・確かに、記憶に新しいところでは、マット・デイモン主演の
『オデッセイ』で、米航空宇宙局(NASA)の窮地を救ったのは中国国家航天局(CNSA)。
上記の3つの映画、見事に中国要素があり驚き。
妙に美人な役者がでてきて死んじゃったり、舞台がチャイニーズレストランで
あったりと~~。指摘通りなので、ビックリ!背景に、中国マネーがあるらしいです。

●『Star Trek Beyond』・・あのエンタープライズ号が、
エイリアンの攻撃で、ずたずたに破壊されてしまう。どうなるのか?
久々に手に汗握る面白い映画。これはお薦め!!!
驚きは、スポック役のザカリー・クイント・・・素の写真では無茶苦茶イケメン。
でもオープンリーゲイだとか・・トップモデル(男性)と結婚秒読みって。ショック。

来週、『JASON BOURNE』が公開となります。シリーズものは、
ついつい観てしまいます。そう言えば、『Ice Age4』も間もなく公開。
子供用のアニメですが、なかなか良くできていて、これもきっと観るでしょう。楽しみ!

by josek | 2016-07-24 13:03 | 映画 | Trackback | Comments(0)

~~放題 ; サブスクリプション

昨年から始まった、定額制音楽配信サービス;所謂音楽聞き放題サービス。
AWA, LINE MUSIC, Apple Music, Google Play Music, Amazon Prime Music等々。
iPadを使っているので、知らないうちにこのApple Musicの無料お試し期間に
加入しちゃって、3か月間使用。結局、継続せず退会しましたが、iTunes Storeで
音楽を購入すると、知っている限られたジャンルの曲しか聴かなかったので、
これを利用する事によって、たくさんの曲が聴けて、音楽の幅は広がるな~と
実感しました。いずれまた日本に帰国したら、加入を考えようかと~~。

映画見放題サービス;hulu,U-NEXT,dTV,Amazon プライム・ビデオ,Netflix等々。
これは、日本に帰国したらぜひ加入したいサービス。会費・動画本数・無料お試し期間など、
特性も様々で、研究の余地多々あり。

雑誌・コミック読み放題サービス;dマガジン,ビューン,ブックパス,ブック放題,
Yahooブックストア等々。電子書籍、特に雑誌の読み放題がかなり充実しているし
随分浸透している模様。実際雑誌1冊買う値段で、たくさんの雑誌が読めるのだし。
コミックに関しては、当初の予想通り、爆発的に購読者も多く、充実している。
雑誌はあまり興味はないのだけど、コミックは実は興味あり。今後、歴史物の
本を読み始めるあたって、コミックで読もうかと思っており、例えば、中国史。
長編が多いので、紙の本を購入すると置き場所に困ってしまうので、電子書籍で
十分と思っています。

どのサブスクリプションサービスもスマホをベースに考えられており、それほど
日本の生活の中で、スマホというのは、重要な地位を占めているのだと、
完全に浦島太郎(花子)の気分。
日本に帰ったら、まずスマホを使いこなせるかが重要なポイントとなってきそう。
こちらではスマホを持ってはいますが、ほぼ活用しておらず、
私の命綱はiPad。日本に帰ったら、このサブスクリプション用の
タブレットをもう一つ購入しようかとも思っています。

電子書籍の本に関しては、著作権の問題があるので、読み放題はなかなか。
今存在する文学作品等の読み放題は、著作権が消滅した作品、もしくは
著者が著作権を放棄した作品のみが、無料であるのみ。あまり興味なし。
今後、きっとより発展して、もっと便利に機能的になるであろう事を期待。
個人的には、電子図書館が充実してくれたらな~と思っています。

読み物と言えば、新聞って面白い。電子版ではなく、いまだに紙の新聞を購読中。
新聞があるから、雑誌を読む時間があまりないとも言えます。
隅から隅まで読み終わると凄い満足感。でもなかなか・・・。
このサブスクリプションサービス、便利なんだけど、情報が氾濫・溢れていて、
結局私は使いこなせないかもな~と。要は、何がしたいか?なんですよね。
どうなるかな?日本に帰ってからのお楽しみに・・・。

by josek | 2016-07-20 16:27 | 日常 | Trackback | Comments(0)

ドバイの夏

ドバイ、暑いですよ~。外出はせず、窓から外の景色を眺めています。
でも室内は寒いです。強烈な冷房で・・。全館冷房のホテル、扉の隙間から入り込む
冷気との闘いです。その隙間をカーペットでふさいで、室内では靴下をはいて~と。
ショッピングセンターでは、常に長袖カーディガンを着て~寒いです。

朝から35℃~37℃、日中は42℃~45℃。湿度は35~45%・・湿度は日本に比べると
ましなのかもしれませんが、それでも外に出ると泳ぎたくなるほどの熱気。
大阪ードバイのフライト、珍しくお客さんが少なくて、機内がガラガラ。
どうしたんだろう?と思っていましたが、そうですね~この暑さ、ドバイに来ても
全く動きがとれませんから、観光客の方も少ないのでしょうね。ほとんどがトランジット
だったような・・・。

先日お客さんがみえて、ゴルフがしたいと。フライトの関係で、午後の2時からゴルフ。
ドバイの夏;6月~9月までの4か月間、高いゴルフフィーが、通常の3分の1の値段に。
特に10時~14時の時間帯を死の時間帯と呼んでいます。誰もしたがらない時間帯です。
通常は早朝にするのですが、今回その死の時間帯にゴルフをしなくてはならず・・心配。
何よりそのお客さんの体調が心配で。その方にとっては、最初で最後のドバイのゴルフ。
なんとか、無事に終わって欲しいと願うばかりでした。

いざ始まると、一番に私に異変が・・・。焼けつくような~避けきれない、
痛いほどの日差しの中・・なんとなく胃液がこみ上げてくるような???なぜ?
ちょっとやばいな~と思い、水をかぶり始め、濡れタオルを頭に置いて、首を冷やして。
これで動悸がし始めたら、やばいなぁ~と。もうゴルフどころでなくなり、
必死の水分補給と水浴び。お客さんの手前、私がぶっ倒れるわけにはいかないし。
と気がつくと、もう一人の知人も水をザバザバかぶっており、異変。やばいです。
頭が朦朧としているのでしょう・・地元の人間が二人もやばくなり・・・。

とにかく、完走・・・18ホールを回りきらないと・・・
お客さんがギブアップしない限り止めるわけにもいかず・・・・。まさに命がけゴルフ。
結局お客さんが、ぴんぴんしており、その元気さに引っ張られ、最後まで完走(笑)。
14~5番ホールからは、涼しい風も吹き始め、助かった~と心から安堵しました。
ロッカールームにあるジャグジーに飛び込むと、34度設定の水温。普段なら少し熱いと
感じるのに、その日は、「冷たいなぁ~」と。温度設定をみたら通常の34度。
この日は流石に、身体の芯まで熱く煮えたぎっていたみたいです。

今年は、6月のラマダン中は日本にいたので、とても気分爽快でしたが、
ドバイの夏はまだまだ続きます。はぁ~~。すっかり忘れてました・・。
ジムのテレビには、日中、Attentionが表示されています。
『外気温が、かなり高温になっています~注意してください』と。
ドバイ設定にしているアンドロイドのタブレットには、
『強烈な紫外線が発生中、外出は避けてください』とこちらも警告がでます。
・・・という暑さのドバイです。頑張ります。

by josek | 2016-07-17 13:54 | UAE | Trackback | Comments(0)

お笑い~~。

ドバイでは、うちのホテルのテレビ、チャンネル数は200数十もあるけど、
観る番組は、NHKワールド(英語)と映画・MTVぐらいで、ほとんどテレビを観る事はない。
チャンネル数が多いと、あほらしくなって、全く観る気がなくなる。
時々、観たい番組が、どこにあったか?忘れちゃって、我慢会の様に、
チャンネル1から探し始める時もあるけれど・・。
中東諸国;サウジ・クエート・カタール・オマーン等々から、
アジア諸国;中国・韓国・インド等々の番組があって、
さらにスポーツのチャンネル・映画のチャンネルそれぞれ10数あって・・嫌になる。
もちろんCNNにBBCも、オーストラリア等英語の番組も山ほどあって、
まったく有難味がないテレビ番組。


昼間は、iPadで音楽を聴くか、食事の時に日本のドラマを観たりするぐらい。
それが、日本滞在の時に、大好きな「中川家」の漫才を観ていて、
『北野演芸館』にたどり着いた。日本では、2011年頃から、年に数回ある特番で、
北野たけしが見たい芸人(漫才・コント)を集めた旬の芸人さんが出演する2時間番組。
(もうなくなっているかも・・・きっとたけしさん次第の番組なんでしょうから)

たけし直筆の招待状を芸人さんに送り出演依頼をする番組。芸人さん達は、
この番組のために、新ネタを用意して、物凄く緊張するみたいで・・。

昨年、難波花月に行って、生の舞台・漫才は面白いから~と思ってましたが。
この演芸館を観てから、面白かった芸人さんをユーチューブでで
集中的に観るようになって・・・。
「中川家」を始め、
「テンダラー」「ナイツ」「笑い飯」「千鳥」「パンクブーブー」は最高。
女子高生に人気絶大の「ノンスタイル」が、霞むほど。
個人的には、栃木弁の「U字工事」も好き。
彼ら、ほとんどが、コンビ結成15年~20年。さすがです。いつの間にか、
漫才師さん達が育ってますね~。驚きました。

「チュートリアル」「フットボールアワー」「サバンナ」「麒麟」等
イケメン系の中堅どころは、最近はMCでは見かけるけれど、本業ではあまり観なくなって残念。
彼らお笑いの人達の目指すところは、やはりさんまや紳助なのか?
さんまの次世代がダウンタウン?べたべたの関西人としては・・オール阪神・巨人の様な
しゃべくり漫才師がいつの時代も存在して欲しいのだけどなぁ~。
後継者の筆頭としては、やはり『中川家』を希望。
お兄ちゃん剛のボケは、天然?なのか最高だし、何と言っても
弟の礼二君の芸達者は秀逸。一押しの電車ネタは、演じるというより、
楽しそうに生き生きとしているし、韓国語ネタにおかんのネタは、笑うしかない。
礼二君の芸の基本は、鋭い人間観察眼。これは、他の漫才師のネタとは、基本が
違うと思う・・天性のものでしょう。一度ライブが観たいですね~。

by josek | 2016-07-14 13:04 | 日常 | Trackback | Comments(0)

野菜を食べよう~!

ドバイに戻ってきて、一番に思った事。「野菜を食べよう~~!」と。日本に戻ると
いつもそれなりにリフレッシュして、新たな誓いと共に、こちらの生活を頑張ろうと思うのだけど。
今回は、「野菜を食べよう~~」と・・・。帰る直前に読んだ新聞記事・・・。
朝食に野菜を食べると~~昼食後まで血糖値の上昇を抑える効果がある・・云々。と言う事で、
単純な私は朝食の果物を野菜に替えてみようと決意して、こちらに戻りました~~大した事ではないのだけど。

●さて、野菜と言っても、どうするか?で、思いついたのが、「ピクルス」・・野菜の酢漬け。
もともとオリーブの酢漬けやハンバーグに入っているキュウリのピクルスは大好きだから。
ピクルスは、紀元前メソポタミア南部(今でいうイラク)が発祥の地。
野菜を酢につけると鮮度が保て、長期保存が可能という事が発見され、ハーブ・スパイスを入れて
風味を加え保存する事で、ピクルスが生まれ、その後ヨーロッパ全土に広がり、その土地の個々の
野菜を漬けこみ、食文化として定着したとの事。

ピクルスの効能としては、疲労回復・食欲増進・細胞の老化を防ぎ、糖尿病・動脈硬化の予防等々
予想外に多くの効能があるみたい・・・以前も作った事があったのだけど、今回はちょっと本格的に
作ってみるかな~~と。さっそく着手。と言っても簡単。ピクルス用の容器を用意して、
ビネガーに白ワインとお砂糖を少し温めて、家にあったハーブ;ローリエとタイムに
赤トウガラシも少し入れて、出来上がり。
お野菜は、とりあえず、キュウリ・セロリ・にんじん・ラディッシュ・・第一弾。
その他大根・トマト・カリフラワー・パプリカ等々意外に美味しいのが、卵らしい・・by WEB.
まあ~考えてみると、不味いわけがない・・問題は飽きずに食べるにはどうしたら良いか?
意外に、はちみつ入りプレインヨーグルトを加えてみたり、オレンジやグレープの薄切りを入れて
甘味を加えるのも良いし、トッピングは、すりごま(きな粉も良いかも・・)に。

●そしてもう一つは、ドレッシングを楽しもう~~と。
日本のスーパーで、私が一番長い間佇んだ所が、ドレッシングコーナー。
ビックリするほどいろいろな種類のドレッシングはありますね~。
イタリアン・フレンチ・サウザンアイランド・和風・中華ドレッシング・・これらは、昔からの定番。
今は、ごま・オニオン・柚・オリーブオイル・バジル・黒胡椒・わさび等さらに特化したドレッシングが流行。
ドレッシングを楽しむには、野菜をシンプルに刻むだけか茹でるだけにして、素材の美味しさを満喫
しないとね~。手をかえ品をかえ~~。とにかく野菜を食べよう~~。

by josek | 2016-07-12 01:19 | 日常 | Trackback | Comments(0)

写真

今回の一時帰国では、家族全員が10数年ぶりに集合した事もあり、たくさんの写真を撮りました。
デジカメを使い始めて、良い事は、失敗しても削除ができるので、安心してヘボカメラマンでも
写真を撮ることが出来るようになった事。そして、悪い事は、メモリーに写真を保存してしまうので、
現像する事がなくなり、写真を大量に撮ったとしても、昔から比べてみると、写真そのものの存在が
遠くになってしまった事。

それを解消するために、デジタルフォトフレームを早々に購入して、写真をスライドショーで再現もしましたが、
どうもしっくりこず、すぐに使わなくなって、止めてしまった~。
写真は、やっぱり現像して、手元に置いて、何度も見たいな~としみじみ。
メモリーに入っているのと、現像して手元に置いておくのと、どう違うのか?
無意識に、写真が目に入るところにあると、「ふ~っ」とその時の笑顔の向こうの気持ちが見えてくる気が
するから?みんなの笑顔を見ているだけで、幸せが近くにある気がするから?心がその時の気持ちに
ワープするのは、間違いない気がして・・・。
私の主戦場のキッチンには、10枚の写真を個々フレームに入れて飾っています。私の想うベストショット。
リビングにも数枚、寝室には6枚。みんなフレームに入って・・・。

最近一時帰国のたびにしていた事は、時系列に写真を抜粋して、現像して、ミニアルバムを作る事。
これなら、気の向いた時にいつでも手元で見る事ができるから・・。でも、このアルバムも数回続くと、
嵩張ってきてしまう・・・。そして、今回。いつもの様に写真屋さんに現像に行くと、
「コラージュはどうですか~」と勧められて・・・。たくさんの写真を1枚の写真に編集する事・・・
そう言えば、こういうのもありましたね~。ブログ・フェイスブック等では、普通に皆さん
されていて、無料アプリもあり、自分でも作成可能・・。知らなかった~。
さっそく飛びつき、45枚の写真をA4サイズに、16枚の写真をA4の半分のサイズにコラージュ、
タイトルと日付の文字も入れられるので、バッチリ。それをビニールコーティング、ラミネート加工。
超嬉しい出来栄えです。これなら、クリアーファイルに保存可能。場所もとりません。
現在ドバイのリビングに・・・良いですよ~。1日に何度見る事でしょうか~やはり写真は良いです。

あともう一つ、昔から時々していた手製コラージュ?!現像した家族それぞれのベストショットを
好きな形に切り刻んで繋げて、一つのフォトフレームに収まる写真にする事・・・。
2016年6月、フレームの中に一生忘れないひとときが詰まってます・・・私のお気に入りです。

by josek | 2016-07-11 13:33 | 日常 | Trackback | Comments(0)

本のお話

一時帰国するたびに、買って持ち帰る本は、大抵文庫本4冊。
今回は、日本にいる間に3冊読んでしまったので、もう1冊追加購入。
今回の本のチョイスは、冒険心のないありふれたチョイス。

★★『不協和音』大門剛明・・・5冊の本の中で、唯一初めての作家。
三重県出身で京都の大学を卒業、地元関西の事がでてくるせいか、
親しみが湧きました。舞台は京都で、亡くなった父親が刑事である姓が違う
兄が刑事で弟が検事のお話。意外に面白かった、これはTVドラマになるかも。

★★『夢幻花』東野圭吾・・・東野さんの本は、もうあまり読まない様にしているのですが
柴田錬三郎賞受賞・・とあったので、読んでみた。なるほど、「黄色いアサガオ」を軸に
よく考えられているストーリー。この本が、今本屋さんのメインコーナーを占めている理由が
わかりました。

★『宰相』今野敏・・・隠蔽捜査5 警察キャリア竜崎伸也のシリーズ第5作目。
今野さんのこの隠蔽捜査・・面白くてすべて読破中。
しかし、このシリーズ5、デジャブーの様に、どこかで読んだかな?と。家の本をチェック
しましたが、本はなく???。どうして、ストーリーが分かったのでしょうか?

★『ドミノ倒し』貫井徳郎・・・貫井さんの久しぶりの作品。あのデビュー作;『慟哭』を
超える作品はないだろう~と今まで敢えて読みませんでしたが・・現在読書中。

★『その鏡は嘘をつく』薬丸岳・・・乱歩賞を受賞した『天使のナイフ』は、凄いな~と
思いましたが、その後、ちょっといまいちで『刑事の眼差し』で、復活したのではと。未読。

未だ読めない本・・・。
☆『果てしなき渇き』深町秋生・・・「このミス」大賞受賞作。役所広司さんですでに
映画化もされているのに…読めない。途中で止まってます。
☆『一千兆円の身代金』八木圭一・・・これも「このミス」大賞受賞作。昨年すでに
TVドラマ化しているのに・・。読めないです、途中で止まりました。

このミス・・「このミステリーがすごい」大賞は、宝島社等が主催し、選考委員が
従来の作家ではなく、評論家が最終選考委員を務める。そのせいか?ちょっと
従来の大賞受賞作とは、視点が異なるのかも?しれません・・この読みにくさ(笑)。
本も宝島社出版なので、書店ではコーナーが狭く、意外に入手しにくい。
WEBで買う方が確実・・やっと買った本なのに、途中で読めなくなるのは、極めて不本意。
それでも「このミス」大賞をチェックしているのは、やはり大賞受賞者、
柚月裕子さんと海堂尊さんのせいかな。頑張って読破しないとね・・・。


by josek | 2016-07-10 13:58 | | Trackback | Comments(0)