<   2016年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ハラル

ハラル・ハラール(halal;許されたもの)、非ハラルをハラム;許されない;という。
ハラル食品とは、イスラム教の戒律に沿った食品。
イスラム教では、豚肉・お酒を禁じていますが、食べても良い牛肉でも解体の際には、
戒律に沿って、解体・血抜き等をしなくてはならず、ハラル食品というのは、
基準が厳しいというイメージがありますが、一旦ハラル認証を受けると、
絶大な信頼と共に、イスラム教国に普及していくそうです。
ハラル食品市場は、モスリム人口の拡大に伴い、今急速に全世界に拡大している様です。

日本でも、増加する東南アジア・中東諸国地域に多いイスラム教の観光客達や
ビジネスマンが困るのが、日本での食事。彼らへのおもてなしとして最近静かに
脚光を浴びているが、種々の検索アプリ。
「ハラルナビ」・・・モスリム達が食べる事ができるレストラン・モスクを検索可。
「ムスナビ」・・・各店舗から情報を収集して、情報を掲載。メニューを表示等
「ハラルグルメジャパン」・・・ハラルレストラン・モスク・礼拝スペース検索可。
「zabihah」・・・世界最大の英語のハラルレストラン検索アプリ。
こう見ると、日本でもイスラム教がごく身近に存在しているのだと感じますね。

ドバイでは、豚肉を食べる事ができるし、お酒も飲める戒律のソフトな首長国です。
同じUAEでもお隣のシャルジャ首長国は、お酒が呑めませんから。
こちらでは、日本食食材・韓国食材専門のお店や、
大きなスーパーのポークコーナーで豚肉を買う事ができます。
スーパーによっては、ポークを置いていない所もありますが。

イスラム教徒と言っても、いろいろで・・・お付き合いする場合、難しいなぁ~と
思います。一番印象的な友人は、マレーシアでの友人。
一緒にランチをしようとした時、そのレストランの調理器具・お鍋・フライパン等々が、
非ハラルフードを調理したものであるお店なら、ランチには行けない~と
言われた事・・・難しいです。結局彼女のお家でご馳走になったのを覚えていますが。
それぞれの宗教は、とにかく尊重する事。無宗教の様な私にとっては、目が覚める想いです。

f0142834_00402648.jpg


by josek | 2016-05-29 13:24 | UAE | Trackback | Comments(0)

もうすぐ・・・

f0142834_13360730.jpg
















今年のラマダン(断食月)は、6月6日から。今年で3度目のラマダン。
昨年までそれほど感じていませんでしたが、今こちらは、クリスマスの時と同様
「ハッピーラマダン」状態です。というのも、あちらこちらにまずは、
1か月前ぐらいから、「Ramadan Sawa(ご一緒に)」と・・・。
そして後10日ほどの現在は、「Ramadan Kareem」・・ハッピーラマダン!

f0142834_13370531.jpg









f0142834_13363226.jpg
















ホテルでは、イフタール(ラマダン後の夕食)の時のテントを設えて、お茶に
スイートを用意して、ラマダンの雰囲気モリモリ・・・一緒に祝いましょう~~と。
スーパーでは、日中の断食が終わり、イフタールの最初に食べるデイツ
(なつめやし)コーナーが、特設コーナーとなり、大量に売り出し始めています。その売り場は、アラビック風にテントで囲まれていたり、ラマダン雰囲気そのもので、ラマダンがひたひたと近づいているな~と外人にもわかるほど・・。

そして、ラマダンセール・・・あちらこちらのお店で、「Sale」が始まりました。
こちらは、年に数度あるこのビッグセールのお買い物が楽しみ。
特にブランド店での「Sale」は、在住者に限らず、観光客も殺到します。
爆買いご一行様たちもいっぱい。もしかしたら、すでにこのラマダンセールは
観光客の方々の間でも有名なのかもしれません。

ラマダン真近のショッピングモールを写真に撮っていると、日本語が。
妙に嬉しく感じるものです。このお店は、衣料品店・・
なぜか、「極度乾燥しなさい」;Superdry・・といお店の名前で。
日本語訳を間違えているのかと思うほど。結構あっちこっちにこのお店はあります。
そして、お世話になっている回転寿司の「Yo!Sushi」。イギリスに本社があり
ドバイでも至る所にお店があります。
f0142834_13383004.jpg









f0142834_13384767.jpg








f0142834_13381182.jpg









ショッピングモール内を子供達を乗せて、電車が走っています。
日によって、電車が走るフロアが違います。楽しそうで、良いですよ~!



by josek | 2016-05-25 15:15 | 日常 | Trackback | Comments(0)

単行本・・・。

今映画が封切りになっている横山秀夫さんの『64』。一時帰国したら
この映画が前後編共に観る事ができそうで、ちょっと楽しみ。
『64』の本が発売になったのは、2012年。この本がどうしても読みたくて
電子書籍を利用する様になった・・・思い起こせば、もう4年前。時間の経つのは
本当に早いもので・・。今は電子書籍にはすっかりご無沙汰で、旅行用・移動用に
読んでない本が1冊分、iPadに常備はされていますが、あまり利用しなくなりました。

今電子書籍の主人公は、コミック。それはそれは凄い事になっています。
雑誌もどんどん電子書籍化して、会員になれば、何冊も購読可能で・・・
ペーパーレス化は、進んでいるものの・・・本来の小説等々読書好き達は、
私の様に一度は、電子書籍に走るものの・・・また紙の本に戻っている様子。
電子書籍の新たな利用方法としては、文芸誌・小説誌に掲載したものや
単行本や文庫本に収録されていない短編小説を、電子書籍で出版する試みが
広がり、埋もれた名作に光をあてるためだそうです。
これなら、また購入し始めるかもなぁ~~と。

帰国前になるとネットで紀伊国屋に本をオーダーをします。
時間があれば、本屋さんに行きますが、どうしても読みたい本は、
必ず注文しておいて、買い忘れない様に。でももちろん全部文庫本。

単行本・・・がやっぱり読みたい・・・ハードカバーで高いけど
大好きな作家さんの作品が、すぐに読めるから。重い嵩張る事から、
持ち歩きには不便なので、今は文庫本しか買わないけれど、
帰国したら絶対に単行本で読書したい。あのずっしり感が、何とも言えない。
しかし本って、読書後置き所に困るわけで。買わないで、図書館で借りるか?
置き所を考えると文庫本といえども、増えてくると非常に困ります。
売り払うと言う事も一つのチョイス。でも手元に置いておきたいし・・複雑。

そう言えば、先月2016年本屋大賞(全国の書店員が最も売りたい本を選ぶ)
が発表になりました。
宮下奈都さん『羊と鋼の森』;北海道で育った青年が、ピアノの調律師として
成長していく過程を描いた作品。読みたいなぁ~でもこれも単行本・・・。


by josek | 2016-05-23 12:27 | | Trackback | Comments(0)

Happy Hour!

f0142834_01421945.jpg

















f0142834_01414101.jpg














f0142834_01393583.jpg










f0142834_01401734.jpg








f0142834_01431577.jpg















Happy Hourに誘われて・・。いつも行くバー。
こちらのビールは、高くて45~50AED。Happy Hourなら、
決められたビールのみですが、25AEDで呑めて、いつも外人さん達で大混雑。
このバーは、アジアンフードが多く、この日は、マレーシア風サテーに
タイのソムタム・・・どちらもいまいち。驚きのメニューは『枝豆』
枝豆は、どこの国に行ってもあります~。特に『スパイシー枝豆』;塩の
代わりに、チリソースにまぶされている枝豆・・これが、外人さんテースト?

そして、久しぶりのカクテル・・。『Bramble』初めてのカクテル。
どうしてもジンが呑みたくて、ジンベースのカクテル。
Brambleとは、クロイチゴ(キイチゴ)。こちらにいるとクランベリー・カシス・
ミックスベリー等々ベリー系のジュースを飲む機会がいっぱい。
濃厚なジュースで、ちょっとジンの味がかすむほどでした。
やっぱりギムレットの方が良かったかな~とちょっと後悔した一日でした。


by josek | 2016-05-18 02:16 | ビール | Trackback | Comments(0)

トイレ考・・

こちらのトイレには、必ずホース・・蛇口がシャワー状になった水がたっぷりとでてくる・・
ホースが各個室に常備されています。アラブの方々は、トイレットペーパーを
使用せず、右手でホースを持ち、左手で洗うそうですから。便座にすわるのも
アラブ式は、昔の日本の和式トイレのしゃがむスタイルが、本来のスタイル。
こちらドバイでは、公共トイレは、外人向けの洋式トイレが主流です。
洋式トイレでもトイレットペーパーと共にホースは、必ず常備されています。
一つの女性洗面所の中に、少なくとも、一部屋は・・・アラブ式のトイレがあります。
水を常に使うせいか?水浸しの個室も多く、これは非常に困りますが、
大きなショッピングモールでは、洗面所には、清掃のお姉さん達が、
常駐しており、ず~~っと、お掃除をしていてくれていますので、とりあえず清潔です。

アメリカでは、今トランスジェンダーの人達が男女どちらのトイレを使うか~と
いう事で、大論争になっているとか。確かに、これは悩ましいところです。
州と政府が論争になっており、「生まれた時の性に合わせてトイレを使うのか?
心の性に合ったトイレを使用すべきなのか?」と。他の使用する人達に
違和感がなければ、どちらでも良いと思いますが、危険が起きる可能性もあり、
差別にもつながるので、問題は複雑化しているそうです。

トイレと言えば、便器の大きさにも外人仕様・日本人仕様があるようで、
まあ当然かもしれませんが、こちらの便器。女性用しか知りませんが、
便座のサイズが大きくて、気を付けないと、お尻がはまりそうな便器もあります。
さらに、便座に座ると足が浮き上がるほど、高い便座もあります。ですから、
関空に降り立ち、トイレに入ると、一番に感じるのは、便座が低く、小さいので
そういう意味でも、あぁ~日本だ~と実感します(笑)。

トイレと言えば、最近凝っているものとして、『トイレ洗剤』があります(笑)。
毎日のお掃除の時に使用する洗剤が、基本が3種類。1.洗浄 2.滅菌 3.漂白
日本の洗剤は、「混ぜるな~危険」という洗剤もありますが、こちらでは平気。
我が家はバスルームが2か所にあるので、常に6ボトル常備。その上、予備でいくつか・・。
昨日数えたら、トイレ洗剤が全部で9ボトルもあって・・・
こういう話をすると物凄く清潔・綺麗好きと思われるかもしれませんが、
そういう事ではなく(笑)・・・。いろいろな洗剤を試しに買っているうちに、
だんだん種類が増えていっただけで、昨日も新しいトイレ洗剤を見つけて、
さっそく買ってみました~。こんな事で喜んでいるのは、
やっぱり少し心を病んでいるからでしょうか???


by josek | 2016-05-16 13:06 | 日常 | Trackback | Comments(0)

トラム&メトロ

私の住むホテルの前から、トラムへ通じる陸橋があります。
そのおかげで、外出する際に暑い外気に触れるのは、ほんの数メートル。
このシェイクザイード道路を超える通路は、ゴー~~という音と共に
キンキンに冷える室内同然の寒さ。最初は理由がわかりませんでしたが、
ドバイの夏の過酷さを知って、始めてこの冷気・冷房の意味がわかりました。
ここに入ると救われますから。

f0142834_09473791.jpg

















f0142834_09530257.jpg













f0142834_09493680.jpg










f0142834_09503779.jpg










このトラムは、所謂路面電車。道路に線路があり、
車両は手で触れる距離を走ってきます。
このトラムの線路には、踏切もなく、キョロキョロと左右を見て
渡るだけ。トラムも近づいて来たら、「カ~~ン」と鐘を一つ鳴らすのみ。
この鐘の音が、なぜか?好きです。優雅な感じするからかな~。
トラムそのものも、ゆったりゆっくり走るので、安心・安全。

f0142834_10030279.jpg










f0142834_10052143.jpg















f0142834_10063113.jpg










f0142834_10073663.jpg
















最初にビル群の中を走るメトロを見た時は、未来都市・宇宙都市の様に
観えたものです。メトロは、大抵この辺りでは地上高く知っています。

f0142834_10094431.jpg










f0142834_10102208.jpg










f0142834_10114012.jpg















f0142834_10122058.jpg















トラムを降り、メトロに通じる通路も冷房でキンキンに冷えており、
私はいつもこの辺りで、カーディガンを着こみます。
トラムと違い、メトロには直接触れる事も出来ず、トラムが有人に対し
メトロは無人運転。どちらも時刻表はなく、後何分で次の電車が到着という
表示があるのみ。切迫感もなく、みんなゆったりしているところが好きです。
女性専用車両が、1両と半分あり、その半分の車両の所が微妙で、
女性専用の所は、ゆったりと女性が椅子に座っているのに、ラインより
向こうの一般車両の所には、男性達がギューギュー詰めに・・。不思議な光景です。
メトロもトラムもそうですが、車内での飲食は禁止ですが、携帯はOK。
やはり日本と違います。


by josek | 2016-05-15 11:38 | UAE | Trackback | Comments(0)

マイクロビーズ

マイクロビーズ・・・というと、なんだろう?になりますが、スクラブというと
親しみのある言葉・・・いつも愛用している洗顔料・歯磨きクリーム・ボディーソープ・
ハンドクリーム・フットマッサージクリーム等々最近は、日常生活に不可欠な物に
スクラブ入り・・・というのがごく普通となってます。でもそのスクラブ・・・
マイクロビーズが実は、有害物質である事を、全く知らず驚きです。

2015年末にアメリカで成立した「マイクロビーズ除去海域法」により、
2018年6月以降には、マイクロビーズの製造・販売全面禁止となり、近い将来
世界からマイクロビーズ・スクラブが姿を消す事になるであろうと・・・。

その危険性が、食物連鎖による人体への影響・環境汚染を引き起こす
原因になるなんて、今頃言われてもね~~。まさにマーガリンのトランス脂肪酸と同じ。
なぜもっと早く危険性が察知できなかったのか?
最初は、というより今でも画期的な発明だ~~と感じるほど、
その存在が生活に深く入り込んでいる気がします。

マイクロビーズとは、直径が0,5ミリ以下の粒子のプラスティック。
殺虫剤などの毒素・化学物質等の有害な物質を吸収する性質がある。
流れとしては、
≪マイクロビーズを使用ー下水ー海・川ー有害物質吸収ー魚ー人間ー健康被害≫
これが、環境汚染だけでなく、食物連鎖を引き起こすという流れです。

さらに人体への影響の一つとして、スクラブという不溶性成分により
目に入ると失明の恐れがあるという事・・確かに目に入ると超痛いですから。

「古い角質除去の効果がある」という宣伝文句を見た時は、本当かな~と
疑いましたが、使用してみると、独特のザラザラ感で、確かに~と実感しました。
スクラブ入りの洗顔料は、女性なら必ず一つは常備しているはず。
私が愛用している「ボディーショップ」のスクラブ入りのフットクリーム。
スクラブの含有量が物足りないと、ペパーミントの香りがついた
フットスクラブ・・・スクラブのみを購入して、足マッサージをする時に
スクラブだけをクリームに追加して使用しているほど、スクラブ好き。
自然派志向のボディーショップは、このマイクロビーズに関しての対処は
どうなのかな~と調べてみると、一応但し書きが・・。このスクラブは
自然の軽石を使用しています~と。スクラブも石油生成品だけでなく
自然の物・植物性もあるらしく、一概に有害とは言えないそうですが、
それらは少数派である事は間違いないようです・・・。

f0142834_11262053.jpg


















ドバイの夏の到来です
先週末は、43度まで気温が上がりました~。
夏です!!!


by josek | 2016-05-11 11:35 | 日常 | Trackback | Comments(0)

Mother's Day・・・!

f0142834_00323400.jpg















f0142834_00344570.jpg









f0142834_00354453.jpg









f0142834_00363152.jpg










f0142834_00371083.jpg









f0142834_00374264.jpg









f0142834_00381804.jpg










今年の母の日は、バラの花にチョコレートブラウニー。
感謝の言葉がカードに・・・涙がでそうでした。

f0142834_00411601.jpg














f0142834_00420398.jpg
















f0142834_00430531.jpg
















毎日、水切りをして、今回は、花瓶の中に、
一日に二度保冷剤をいれて。
昼間は、日差しがきつく当たる場所を避けて
夜になるとリビングのテーブルに置いてと・・工夫々・・・。
次第にバラが咲きだし、何て『美しい!!!』・・・。
お部屋いっぱいに、バラの香りもして・・。
昔からお花をもらう事が好きなので、本当に嬉しい母の日です。



by josek | 2016-05-11 00:49 | 日常 | Trackback | Comments(0)

どれにしようかなぁ~~。

古くからのレバノン人の友人。年に数度ドバイを訪れるたびにいろいろなお土産を
持参してくれる。お母様の描いた油絵やレバノン料理のクッキングレシピ本等々。
こちらは、ドバイで購入できる日本のクッキーとしてヨックモックをお土産に・・。
ヨックモックの味が凄く気に入ったらしく、最初にさしあげた直後には、丁寧に
手書きのお礼の手紙を頂いてしまったほど。それ以来、こちらからの
お土産は、いつもヨックモックを定番にしています。

今回彼から頂いたレバノンのワイン。『イクシール』赤・白・ロゼの3本。
こちらのレバノン料理のレストランでは、レバノンビールが飲めますが
いまいちなので、このワインもあまり期待はしていなかったのだけど。

UAEと違い、レバノンは、歴史と文化のある国で、知的レベルの高い人々もいっぱい。
教育レベルが、昔から高く、レバノン人の知的階級の人達は、アラビック・
英語・フランス語の3か国語を操る事が出来る。彼もその一人。
その彼曰く、このワインは、「カルロス・ゴーン」の所有するワイナリーのワインと。

はぁ?なんで、あのカルロス・ゴーン・・??彼は、オリジナルはレバノンだそうで。
知らない事がまだまだありますね~。
彼は、レバノン・フランス・ブラジルの3カ国の国籍を持ち、
アラビック・フランス語・英語以外にスペイン語・ポルトガル語も話せるとか。
凄いですね~。彼はブラジルで生まれ、幼少期をベイルートで過ごし、
今でも頻繁にベイルートには帰郷しているそうです。
このワインは、彼が、投資家の一人でもあるワイナリーのワイン。
一次大戦後、レバノンがフランスの植民地でもあった事から、
このワイナリーは、フランス一流の品質を持つワインの産地として有名だそうです。

『イクシール』;アラビア語で、不老不死の霊薬、永遠の若さと愛をもたらすという意味。
どれにしようかなぁ~と一番に飲み始めたのが、写真左端のエル。
なんとなく調べてみると、イクシールのワインの中でも、一番高級なワイン。
期待せずに飲んだせいもありますが、美味しい~~。
もう少しちゃんと知識を持って、賞味しないといけませんね~。少し反省。
まだまだ楽しみは続きます・・・。

f0142834_11565559.jpg





by josek | 2016-05-08 12:42 | 日常 | Trackback | Comments(0)

映画『Criminal』・・・&

●アカデミー賞の作品賞を「スポットライト 世紀のスクープ」が受賞して以来
映画についてのブログを全然アップしていない事に気づきました。
この『スポットライト』をドバイで見逃したみたいなので、ぜひ日本で観たいと
思っていたら、私がドバイに戻る2日後から、日本で封切りだったので、観れず。
残念と思っていたら、エミレイツのドバイに戻る機内で観る事ができました。
私が好きなマーク・ラファロは、この映画で、アカデミー賞助演男優賞に
ノミネートされていましたが、私(ワタシ)的には、マイケル・キートンが良かったです。
この映画、英語だったので、半分ぐらいしか意味がわかりませんでした。
日本語訳のついた映画か、吹き替え映画を観ないと・・なかなか難しかったです。

●機内ではもう一つ、『バクマン』佐藤健主役。高校生が、漫画家を目指すお話。
仲良くしていただいているブロガーさんのお薦めだったので、ず~~と
観たいと思っていた映画。確かに面白かったですね~~~★★★
●『Finest Hours』
●『Deadpool』・・ライアン・レイノルズ;最近よく観ますね~。
●『King of Egypt』
●『London has fallen』・・銃を打ちまくりで~。ちょっとやり過ぎ~~~。
●『カンフーパンダ 3』・・一番最初のシリーズが一番面白かった気がします。

●『Eye in the sky』・・自爆テロに関わったテロリストの隠れ家を急襲する
というミッションを描いた映画。「米軍がISの幹部を殺害・・」というニュースを
時々見ますが、まさにそれです。空から、ピンポイントで隠れ家のみをミサイル攻撃するという事が、
どういう風に実行されるのか?興味深い映画でした。★★
●『Criminal』・・久々のケビン・コスナー。死んだスパイ:ライアン・レイノルズの
記憶を死刑囚のケビン・コスナーが移植され、ミッシだョンを引き継ぐというもの。
ケビン・コスナーが少し老けていましたが、相変わらず存在感あり、良いです。★★
●『Batman V Superman Dawn of Justice』ファンのベン・アフレックが
バットマンでしたが・・・。相変わらず暗い映画で・・。
●『The Huntsman Winters War』
●『I am Wrath』久しぶりのジョン・トラボルタのアクション映画。
太っていたので、びっくり!!相方のクリストファー・メロニーが良かったです。

日本では、毎月の会費を払うと映画やドラマが見放題のサイトがあるとか。
日本に帰ったら、そこのメンバーになって、映画をいっぱい観たいです。
私は映画を観始めたのが遅いので、昔の映画の事を全然知りません。
特に海外にいると邦画もなかなか観るチャンスがないので・・・。
ぜひぜひいっぱい観てみたいです。楽しみです~~。


by josek | 2016-05-03 20:37 | 映画 | Trackback | Comments(0)