ちょっと寄り道・・・。

mmetequila.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2016年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

一番と初めて・・

●UAEは、ドバイに限らず、一番や初めて・・・が、とっても好きです。
今一番の注目は、アブダビに今年中にはオープンされるであろう
ルーブル・アブダビ http://louvreabudhabi.ae/en/Pages/home.aspxです
フランス・ルーブル美術館としても国外進出初となる、ルーブル別館です。

アラブ世界初となるユニバーサルな美術館となるこの美術館。
ルーブル美術館とアブダビ首長国の間で交わされた特別な契約によりの
30年間「ルーブル」という名を使用できます。
ドバイが国際観光地化で成功しているのに対し、首都アブダビは、文化・芸術の
中心地としての位置を築くための大きなプロジェクト。
キャッチコピーとしては、「夢のような美術館」とか。
空飛ぶ円盤の様なドーム状の屋根を持つ建物が現在建築中。さて、どうなるのかな?

●世界一豪華なパトカーで有名なドバイ:シポレー・フェラーリ・ランボルギーニ。
しかしどうも世界一最速なパトカーがあるそうです:ブガッティ・ヴェイロン。
まだ見た事がないし、その最速のパトカーで、誰を捕まえるのかな?

●UAE建国50周年にあたる2021年に探査機を火星に到着させる計画が
発表され、火星探査機を搭載するロケットの打ち上げを、日本企業が受注。
これもアラブ世界初です。宇宙にまで進出しま~~す。

●ドバイで有名な世界一のタワー;バルジュ・カリファ。それが、
2018年には、サウジアラビアが現在建築中である「キングダム・タワー」に
世界一の座を譲るそうです・・・がしかし。
2020年のドバイEXPO前には、そのキングダムタワーを超える・・・
世界一のタワーをドバイに建築する事が発表されるそうです。
さらに?・・・いつまで続くのでしょうか?

●先日一斉摘発があったそうですが、商業施設・モスク前にいる
「物乞い集団」も世界一稼ぐ・・・そうです。
1日平均27万円・810万円/月。凄いですね~。
イスラム教の教え 喜捨(富める者は、貧しい者に財産を分け与えよ)
によるものなのでしょうか?
彼らは、ビジネスビザ・観光ビザで入国した外人達。
彼らにとって、UAEって、良い国ですよね~。

by josek | 2016-04-26 21:52 | UAE

・・・evenings

f0142834_00041062.jpg
















Starbucks Evenings・・・東京・丸の内新東京ビルにオープンしたようです。
アジア初で、イギリスに続き海外二店舗目だそうです。

小さなコーヒーショップから始まり、現在全世界に24000店舗あまりを持つスタバ。
新たな戦略として、Eveninngs ; 「帰りがけの一杯」ビール・ワイン+セレクトフードを提供。

カフェのコンセプト;We're always been your neighborhood morning stop
a place to help you start your day.
Eveninngs ; We're bringing a little delight to your evenings, too. 納得。

良いですね~。ターゲット層は、ビジネスパーソンだそうですが、
特に女性客には、嬉しい場所となりそうです。
営業時間は、朝からオープンしており、ちょっと喉が渇いた時には、
最高の一杯が飲めそう。一人でもふらりと立ち寄れそうで、嬉しいなぁ~。
早く関西にも出来て欲しいものです。ドバイ、特に中東では、イスラムの国なので
禁酒。このスタバEveninngsは、全く関係なくて、非常に残念です。

f0142834_00042565.jpg















因みに、日本ではこの事、なんて言うのでしょうか?
お持ち帰り用の紙コップにつけてくれるカバーの事です。こちらではSleeve。
Take away,Take out, To go・・・日本でお持ち帰りの事を
何ていうのでしたっけ?・・・テイクアウトですね。


by josek | 2016-04-23 00:32 | 日本

ブーム

何か惹きつけられるものがあると、主婦でも楽しい毎日で・・。
今、マイブーム・・・と言えば、ポタージュスープ。
もう一般の主婦の方は、とっくにマスターしているのかもしれないけれど
私は今がマイブーム。

きっかけは、ゴルフの後、あまり食欲がない時に、Today's Soup・・として
食べ始めてからの事。日本と違い、スープの種類の豊富さには、感心するばかり。
日本でいうお味噌汁に当たるからかもしれません。
その中で、ポタージュスープは、胃にやさしくて、クリーミィーななめらかさに
感動。それからですね~自分で作らなきゃ~と思い始めたのは。

普通のスープなら、スープストックにお野菜等々材料を入れて煮込む・・で
終わりますが、ポタージュスープとなると、材料を煮て、つぶして、ミルクや
フレッシュクリームを入れて・・とちょっと手間がかかりそうで。
作りたいとは思っていましたが、なかなか。
でもブレンダーを買ってからというもの・・・すっかりマイブーム。

ポタージュスープといえば、独特のクリーミィー感が特徴だけれど、
自分で作ると、それが調整できる事が長所。

WEBで、いろいろなポタージュスープのレシピを読み込んで、
それなりに自分のレシピを作る・・・そこが一番のポイントかもしれません。
レシピと言っても今では豊富にあるので、必ずしも自分の味覚に合うレシピ
ばかりとは限らないから。

ポタージュスープと言えば、昔はキャンベルのスープ。今はなんなのでしょうか?
手作りのポタージュスープの良い所は、何より材料が何か?はっきりとわかる事。
安心・安全な食べ物。今までに作ったマイポタージュスープ。
じゃがいも・さつまいも・ブロッコリー・にんじん・かぼちゃ・コーン。
作ってしまえば、超簡単で、美味しい。私の好きなテイストは、
生クリーム控えめで、材料の素材感を若干残す・・コリコリ感を残すもの。
セロリ・カリフラワーでも作らないと~と思っています。

by josek | 2016-04-20 12:04 | 日常

造幣局 続き

造幣局を通り抜けて、帰り道、ゆったりと静かに流れる川が広がり、
もう人混みを歩かないで良いかと思うと、ちょっとほっとしました。
f0142834_12363862.jpg
















裏通りにある桜は、八重桜ではなく普通の桜。
屋台のお店は帰り客相手でもそれなりに続きます。

f0142834_12401729.jpg















日本経済新聞社の本社ビルが見えます。

f0142834_12470076.jpg
















造幣局のビルは、いったいどれだったのか?桜ばかり見ていて気付かず。
確かに、コインのマークがあります・・・これですね。

f0142834_12500706.jpg
















川沿いの景色・・・ビルの狭間から大阪城が見えました。
そういう所にあったのですね~造幣局。全く知りませんでした。

f0142834_12515035.jpg
















京阪電車が走っているのが、この静かな景色の中のアクセント。

f0142834_12532564.jpg















次々に行き交うボート。観光のボートもありました。
f0142834_12545901.jpg
















対岸も含めて、川沿いは普通の桜並木。もう1週間ほど早ければ
さぞ綺麗な桜並木だった事でしょう。

f0142834_12564949.jpg
















こちらに来て思った事。次回は桜の通り抜けではなく
博物館・工場の見学をしたいものです。

f0142834_12580892.jpg
















造幣局が硬貨を作るところなら、やはり見てみたいのは、紙幣の製造。
東京の国立印刷局。見学にいきたいですね~。好奇心ありです。

f0142834_12592550.jpg















今年も八重桜を含めて、桜を堪能する事ができました。
結果、私が一番好きなのは、満開もよいけど桜の『蕾』の時期でした。
「これから、咲きますよ~~」という希望を感じましたから。


by josek | 2016-04-17 13:09 | 日本

戻りました~。

こちらに戻ってきたなぁ~と実感するのは、エミレイツエアラインの機内放送が
アラビックと英語と日本語の三カ国の言葉である事から始まり、
ドバイ空港のイミグレーション;アラビック・・オバQのやる気のない
入国審査官を見た時。そして、ホテルのエレベーター内のフロアー説明の文字が、
右サイドがアラビックレターで、左サイトが英語であるのを見た時。
そして、何よりエレベーター内に残るきつい香水の香りを嗅いた時。

こちらに戻ってきて驚いた事は、まだドバイの夏が始まっていなかった事。
日差しこそ以前よりきつくなったかな~と思いますが、外気はまだ快適で
日中でもまだお買い物に出かける事ができます。
曇った日が多く、今年のドバイの夏の到来は、少し遅いです。

関空では、いつもながら、爆買いの人達も多かったですが、今回は、
アジア全般・欧米諸国からの花見客も多かったように思います。
ホテル代が、お花見シーズンは、高騰していると聞きましたが、確かにそうで、
友人の姪っ子っが、東京の大学に合格し、そのお祝いに駆けつけようとしたら、
お花見シーズンで、ホテルのスイート1泊15万円だったとか・・・。困りますね。

帰り際に出会った新語?;地デ事故・スカーチョ・多死社会・コンビニ難民。
わかりますか?日本で生活していても新語は、だいたい意味不明ですが
海外にいると、もっとです。さっそく辞書で調べないとね~~。焦ります!

#神戸の桜
f0142834_22550735.jpg



by josek | 2016-04-16 23:27 | 日常

造幣局

地下鉄谷町線「天満橋」駅から、独立行政法人の造幣局の桜の通り抜けに
行ってきました。今年は4月8日~14日まで、もう桜は散り始めだそうです。

f0142834_13312636.jpg















造幣局とは、硬貨の鋳造・貴金属の品位証明等を行う独立行政法人。
因みに紙幣を作るところは、国立印刷局。

f0142834_13315005.jpg















桜の通り抜けは、局員だけが観桜するのは、もったいないと
明治16年より、一般公開が始まる。

f0142834_13321308.jpg















遅咲きの八重桜がメイン。

f0142834_13322953.jpg















毎年ほぼ1週間の公開。今年は、133種349本の桜。

f0142834_13325088.jpg















後戻りが出来ない通り抜け~から、今では「通り抜け」となる。
旧淀川沿い(大川)全長560m。

f0142834_13354851.jpg















毎年数万人の人出。今では、浪速の春の風物詩。

f0142834_13361779.jpg















今年の桜「牡丹」花弁数15枚。大混雑で、近くに寄れず。

f0142834_13364833.jpg















創業当時の正門。

f0142834_13372435.jpg















この日も、人出は多く、警備員さんの呼びかけがとても多かったです。
「立ち止まらないで~」「子供を肩車にしないで」「写真を撮らないで~」と。
みんな立ち止まって、ポーズを決めて、写真を撮っていました。
外人さんも多かったです。

f0142834_13381131.jpg















北門まで到達し、また天満橋方面に戻ったのですが、
復路は、川沿い(旧淀川)で、対岸の毛馬桜の宮公園を眺めながらの方が、
人も少なく、水辺という事もあり風情がありました。   (つづく・・・)

by josek | 2016-04-14 14:13 | 日本

元町 2

Tea House MUSICA in 元町。

f0142834_17412087.jpg















うっかりすると見逃してしまいそうなお店。
狭い階段を昇った2階にあります。

f0142834_17414239.jpg















独特の内装。堂島店の閉店により、こちらに移転したお店。
きっとこのお店、以前は別のお店だったのでしょう。
お店の内部の作りは、決して新しくはなく、そこにMUSICAの内装がある。

f0142834_17420505.jpg





















客層は女性同士・カップルで、お紅茶にケーキというオーダーが主流。

f0142834_17422488.jpg















ダージリンオータムナルティー(秋摘み茶)とイングリッシュスコーンを注文。
秋摘み茶は、ミルクティーともよく合うそうです。
1~2杯目はミルクなしで、3杯目はミルクティーでいただく。美味!!!
このスコーン、甘さ控えめで、少し固め。スコーンについてくる
フレッシュクリームは、私の大好物。

f0142834_17424581.jpg















MUSICA名物、保温のためのキルティングの象さんのポットカバー。
微妙にかわいい、おとなしそうな象さん。
この象さん、それぞれデザインが違い、色の組み合わせも様々。
オーナーさんが、お客さんに合わせて、色やデザインをチョイスしているのかも。
お紅茶店巡りもいいなぁ~~!

by josek | 2016-04-08 21:23 | 日本

グラス

日本で生ビールを呑む時は、大抵ジョッキ。なぜ?です。
ジョッキで豪快に飲みたい時もありますが、小ぶりのグラスでじっくり
味わいたい時もあって、ジョッキばかりでビールを呑むとちょっとつまらない。

ビールグラスと言ってもいろいろあって、興味深い。
以前は、陶器・磁器のグラスを買ったり、銅製・錫製のグラスを買ってみたり。
これらのグラスは、器に目がいってしまい、ビールの色合いが見えないのが欠点。
一口サイズのビールグラスも買ってみましたが、私には不向き。
ビールを注ぐのが忙しくて、困ります(笑)。

先日WEBサイトでみたドイツ、バイエルン地方500年の歴史を誇るシュピゲラウ;
「Spiegelau ビールクラシックス ビールコニサーセット」;通称 『ビール通セット』
4種類のタイプのグラス・・・ビールに合わせたグラスのセットもの。
ビールは、エールビール(上面発酵)とラガービール(下面発酵)主に2種類あります。
●ウイートビールグラス・・上面発酵の白ビール用 700ml
●トールピルスナー・・下面発酵・・ラガービールの1種 425ml
●ラガーグラス・・下面発酵ビール・・日本のビールは主にこのビール 560ml
●ビールチューリップグラス・・スタウト(黒)・ベルギービール用 440ml
(このグラスの分け方は、あくまでドイツビール・シュピゲラウグラスの分類です)

うすく繊細な口元に、ビールに合わせたスタイリッシュな形状で、
シンプルなグラスですから、ビールの色合いもわかり、目でも楽しめます。
自分自身の為に買うのも良いし、ビール好きにプレゼントも良いな~と。
しかし、私が一番好きなのは、カンパニーロゴの入ったビールグラス。

カンパニーロゴの入った、トールピルスナーの形状のグラスで呑むビールが
今一番のお気に入りかな。ドバイで一番よく呑むビールが、まさにこれ。
イタリアンビールのペローニ。ここのカンパニーロゴは、特に目立つものではなく
むしろ同じイタリアンビールのモレッティの方がカンパニーロゴ・ラベルとしては
インパクトがあるのだけど。背の高いグラス全体にペローニのロゴと文字が
デザインされているピルスナーグラスが大好き。見た目が清々しく、いかにもそそるグラス。
このグラス、日本に帰国するまでに、手に入れたいものです。

f0142834_19301993.jpg
by josek | 2016-04-06 20:57 | ビール

元町

f0142834_16420964.jpg















久しぶりのJR元町駅、阪神元町駅と隣接。
f0142834_16402582.jpg















UCC上島珈琲店、阪急三ノ宮のお店でいつもお世話になっています。
f0142834_16411884.jpg















上島珈琲の斜め向かいにある餃子の赤萬・・相変わらず並んでいます。
f0142834_16414703.jpg















元町駅そばにある六角形の交番・・・お洒落~~。
f0142834_16422957.jpg















「おかん」という名前のお店・・関西人ならではのネーミング。東京なら、「おふくろ」?
f0142834_16425021.jpg















インパクトある看板・・・この顔、シェフに似てるのかな?
f0142834_16431607.jpg















JRAの立派な建物・・「マスコットキャラクターの『ターフィー』君。
近くに場外馬券場があり、週末は込み合うそうです・・。
元町って、なかなか来ないので、久しぶりの散策・・これから、お紅茶を・・・。


by josek | 2016-04-02 17:23 | 日本

発見・・・

桜の季節のせいなのか?新しいデザインなのか?
帰国してから和菓子屋さんでみかける『桜餅』・・・ちょっといつもと違います。
もち米の部分、桃色の着色ではなく、薄桃色もしくは、白色そのままで、
上に桜の花びらや蕾が飾られている。香りが良くて、見栄えも良くて、食べる事も出来て・・。
大気に入り・・。もうその魅力につられて、何個食べたかな~。もともと桜餅は好きでしたから。

家の照明・・・電球交換してもどうも不調・・。
新しい照明を買いに行って、大発見・・。今時の照明は、すべてLED、電球交換不要だとか。
はぁ~~。何も知らなくて、浦島太郎を実感‼‼‼世の中、そう言う事になっているのですね。
LEDの照明は、交換が不要で、LEDが壊れた時は、照明の買い替え時だそうです。10年は持つとか。
手元のコントローラーで、照明の明度・色(暖色・白色)がコントロールでき、
おやすみやおするばんのタイマー設定もできて、凄い高性能に驚きです。進化してますね~。

場所的に便利な所にあるコーヒーチェーン店のDで、いつもよく飲むカプチーノ。
そのカプチーノがぬるい・・熱くない・・なぜ???
店員さんの淹れ方によって違うのだろう~と2度挑戦・・。2度ともぬるい?!
コーヒーは、熱いコーヒー派の私。ドバイではいつも「ベリーベリーホット!」と
念を押しますが、日本では、そんな事言ったら、嫌な奴、嫌なおばさんと思われそうで自粛。
きっとカプチーノをオーダーする私が悪いのでしょうが・・でも、嫌だ!
エスプレッソの部分を熱々にするのは、製法する過程で難しいのかな?とも考えられますが。

『おまっとうさんです~』・・・自宅近くの和菓子屋さん。
創業60年ほどの老舗。季節の和菓子が食べられます。ここの桜餅は、昔ながらの桜餅。
大阪弁も話す人や言葉によるけど、「美しいな~」と感じた一瞬でした。

f0142834_08594328.jpg






by josek | 2016-04-02 11:43 | 日本