<   2016年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

アカデミー賞 受賞式

朝は、滅多に観ないテレビ。アカデミー賞の授賞式が今日である事を思い出し・・。

主演男優賞が、レオナルド・ディカプリオ 悲願の受賞で、やれやれ。
作品賞 事前の予想を大きく覆し、静かにそして熱く応援していた
「スポットライト 世紀のスクープ」が受賞。
超嬉しいです。ディカプリオの「The Revenant」では、面白くないな~と
思っていましたので・・・思わずテレビの前で拍手しました。
何と言っても、私が好きなマーク・ラファロや、昨年「バードマン」で主演男優賞を
逸したマイケル・キートンも出演。

この映画は、ドバイでは観る事ができませんでした。これからかな???
多分カルチャーチェックではねられたのではないかな~。もしかしたら、見逃して
いたのかもしれませんが・・・。多分上映されていなかったはず。
オスカーにノミネイトされてから、ずっと観たい々・・・と思っていた映画です。

内容は、カトリック教会のスキャンダル、長年の司祭(神父)による性的虐待、
そしてそれを隠蔽し続けてきた教会の体質を新聞記者達が白日のもとに晒すという
実話に基づいた社会派映画。日本では4月に上映が決まっている様です。

オスカーを受賞後、関係者がステージに続々と上がり、マーク・ラファロは、
今まで観た事がない信じられないという表情のままメンバーと次々にハグハグ。
印象的だったのは、マイケル・キートンがステージに上がる際に、右手で大きく
ガッツポーズ・・・いや~~~気持ち、わかりました・・・。

一時帰国に伴い、暫くの間、ブログ、お休みします。
お元気でお過ごしください。何かありましたら、メールを頂けると幸いです。

by josek | 2016-02-29 14:32 | 映画 | Trackback | Comments(0)

気配&発見

f0142834_13591415.jpg









先日から度々濃霧の朝を迎えるドバイです。
30階の部屋からの景色は、まさに雲の上からの眺めとなります。
ある日の早朝は、雲を感じる事もなく、真っ白で何も見えず。雲の中?でしたね。
先日は、ガラス全面に結露が・・・。

冬の日本の結露と言えば、外気温が低く、部屋の温度が高いために起きる結露。
これは窓の内側に結露が生じる。
しかしこちらの私の部屋に生じる結露は、真逆。
室内が冷房により温度が低く、外気温が高く、湿度も高いために生じる結露。
朝起きると、窓の外側がびっしり結露で濡れています・・雨でも降ったかの様に。
38階建ての私のアパート・・月に一度窓ガラス清掃があります。
ゴンドラに乗った作業員の人達が、命がけで清掃にやってきます。
この結露のせいが、また窓ガラスが汚れちゃいました。

発見と言えば、先日友人がドバイに来た際に、いろいろと発見がありました。
とりあえず、あの世界一の塔、バルジュ・カリファ。
ここはドバイで一番の観光スポット、朝から晩まで多くの人が訪れます。
こちらの週末の金曜日に友人とバルジュ・カリファの前のレストランで夕食をした際、
夕方の6時から30分おきに行われる、世界一の噴水ショーを見た時の事。
噴水ショーは5分間行われ、その後の25分間、バルジュカリファの塔全体に
電飾(イルミネーション)が施され、非常に綺麗でした。これは初めて観ました。大発見!
いろいろと観光客の為に工夫をしてくれます。
週末のバルジュカリファ前は、凄い人人人・・で、歩けなくなるほど。
観光客・在住共にこの噴水ショーを楽しみに来ているのですが、この電飾によって
さらに、飽きることなく、時間をつぶせるようになったはずです。

f0142834_13565326.jpg

















f0142834_13583539.jpg

















f0142834_13575177.jpg




by josek | 2016-02-21 14:28 | 日常 | Trackback | Comments(0)

お茶のお話・・・。

昨年日本に帰国した際に、ダージリンティーには、ファーストフラッシュ・
セカンドフラッシュがある事を教えてくれた友人から、
今回は「龍井茶;Long Jing Tea」を頂き、中国茶について教えてもらいました。

中国で一番飲まれているお茶は、日本同様緑茶だそうです。
浙江省杭州はお茶の産地で有名。
龍井茶もあのシャンパンと同様、「獅子山峰」 「龍井」
「梅家塢」
の地域で生産されたお茶のみ、龍井茶と呼ぶ事が許されるそうです。
中国茶には、発酵の度合で、「緑茶・白茶・黄茶・青茶・紅茶・黒茶」に分類され、
この龍井茶は、無発酵の緑茶で、茶葉を摘んだ後、蒸さずに焙煎し、その際、
日本のお茶の様に、揉まないので、茶葉がよじれず、真っ直ぐな平たい形のまま。
ですから、中国語では、形如雀舌・・・茶葉が雀の舌に似ていると言われる所以です。
龍井茶の特徴としては、茶葉の色が薄緑・水色と呼ばれ、香りが芳醇で、
味わいが甘く、「歴代皇帝が愛したお茶」「緑茶の女王」とも言われています。

私の好きなお茶と言えば、台湾の「高山茶」とベトナムの「Tra Thai Nguyen」。
12月にベトナムに行った際にも、どうしても買いたかったのが、このお茶。
夕食時に飲むお茶として、今は日本の緑茶・Tra Thai Nguyen・玄米茶・
龍井茶・ほうじ茶とこの5種類で、食べ物・気分次第で、日替わりで飲んでいます。
熱いお茶ではなく、夕食の数時間前には、淹れておいて、少し冷めたお茶を
夕食時に飲みます。どのお茶も美味しいですが、この龍井茶・・・。
見た目もお茶の色は、濃くなくて薄緑色で、美しい・・・。飲むたびに???と
思っていた味わい。最近やっとわかりました・・・「甘い」のです。
お砂糖の甘さではありません、ほんのりと甘いのです・・。美味しいです!
皇帝が愛した味~やっとわかりました・・・。
「龍井茶」私の好きなお茶に仲間入りです。

f0142834_14120653.jpg

by josek | 2016-02-16 14:19 | 日常 | Trackback | Comments(0)

デザートサファリツアー

現在、友人がドバイに滞在中。久しぶりにデザートサファリツアーに同行。
このデザートサファリツアーは、ツーリストにとっては、バルジュ・カリファと並ぶ
こちらでの観光の目玉の一つ。午後の3時~4時にホテルピックとなり、
その後1時間ほどかけて、郊外の砂漠へ向かい、砂漠の中のドライブを楽しみ、
その後、夜空の下でBBQというスケジュール。

ホテルを出発し、途中休憩をはさみ、4WDのタイヤの空気を少し抜き、砂漠の中の運転に耐えれるように調整して砂漠の中へ出発。どこを見回しても砂漠の中を、豪快な運転で、まるでジェットコースターに乗っているかのようなドライブを楽しむ。
何度も4WDが横転するのではないか~と思うほどのスリリング。
むち打ち症になりそうなくらいの、アップ&ダウン。出発前にはドライバーさんに
気分が悪くなったら、言ってくれ~と。車の中では吐かない様に~~と注意を受けて。

30分ほど、怖い目にあって(笑)その後、終着地点のBBQのポイントへ。
そこには、砂漠の上に大きなカーペットが敷き詰められて、アラビック風の分厚めの
差布団がテーブルと共にセットされていて、特設ステージもある。

f0142834_12323801.jpg










大きな広場の中には、シーシャ(水たばこ)・ヘンナ(女性の手の入れ墨)を体験でき
アラビックの衣装や、ファルコンと共に写真撮影ができたり、ラクダに乗って
お散歩ができたりと、アラブ体験満載。

その後BBQのディナーが始まって真ん中のステージで、セクシーなベリーダンスがあり、
今回はそれに加えて、男性が大きなスカートをはいて、くるくる回り続けるダンス;
スーフィーダンス(タンヌーラ)も観る事ができ感激。

今ドバイは、観光にはベストシーズン。でも夕方の砂漠は寒かった~~。
カーディガンにスカーフ・・・寒さ対策万全でしたが、不十分。寒かったです。
ダウンやコートを着ている人もいたほど・・。
友人も寒さに震えながら、アラビアンナイトを体験・・・感動してましたが・・。

f0142834_12364847.jpg





by josek | 2016-02-12 13:13 | 観光 | Trackback | Comments(0)

水を買う・・

水道の水が飲める日本は、本当に幸せだな~と海外に住んでいると痛感します。
海外に住んでいて、水道水が飲めた国は、考えてみれば、ありませんでした。
滞在国が、新興国であったという事もありますが・・。

新しい国に赴任して、やはり一番先に考える事は、水の調達方法。
水道水が飲めないにしても、歯磨きのうがいぐらいは、大丈夫と思っても
それでも水の汚い国は、いっぱいありました。
普通の水道にフィルターをつけて洗濯をしたり、水が乾くと硬水のせいか、
グラスやお皿に白く水滴の跡が残ったり。
洗濯物の色が薄黒くなるのは、当たり前の国も~。
水の生成のために、有害な化学薬品を使っているから、ミネラルウォーターは
有毒だ~という国もあったり・・・。繊細でない私の神経に感謝です。

ドバイは、海水を淡水化にする技術を導入しており、砂漠の国ですが、
水は豊富で安価に手に入ります。日常に使う水というのは、予想外に
大量で、スーパーに行って、水を買うぐらいでは、到底間に合いません。
現在は、水のデリバリー業者に直接お願いして、配達してもらっていますが、
私の住んでいるホテルのセキュリティーがきつくて、私が在宅でないと
ホテル内に業者さんは、入れてもらません。またデリバリーのお兄さんが
大抵インド人かパキスタン人。時間にルーズなのは、当たり前で、結構ストレス。

どうやったら、時間通りに来てもらえるか~。やはりチップかな~と。
2年かかりましたが、ようやく希望日の希望時間に配達してもらえるように
なりました。毎回10ガロンずつ(約40リットル弱)を配達してもらいますが、
水が無くなってくると、不安になるのは、いつもの事。早く日本に帰りたいです。

#朝の濃霧・・・2年間で初めて濃霧の為ゴルフがキャンセルになりました。
f0142834_19264379.jpg
by josek | 2016-02-01 19:33 | 日常 | Trackback | Comments(0)