<   2016年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

センテンス・スプリング

「センテンス・スプリング」;今話題の週刊文春が、昨年の8月に電子化して、
電子書籍ストアでの購入が可能になっていたとは、知らなかった~~。
iBooksからのメールで、気がついた。メールマガジンにも登録したんだけど、
まだ電子版を購入はしていない・・さて、いつ購入しようかな~読みだすとずっと読みたくなるので。

「ついつい・・」
一時帰国した時の一番の楽しみが、本屋さんに行く事。
偏った読書の傾向を打破しようと、ちょっと冒険。
『新潮文庫 紅白本合戦』・・・白組 男性に売れた本 VS 紅組 女性に売れた本・・・と。
考えてみれば、どうやって白組・紅組に分けることができたのか?アンケートかな?
考えてみれば、おかしい・・・ついついのせられて・・・買ってしまいました。
白組 1位 伊坂幸太郎さん 『ジャイロスコープ』
紅組 1位 湊かなえさん 『母性』

伊坂さんの本は、友人の間でも賛否両論で、絶対に読めない~と言う人も結構いる。私は
彼の独特のストーリー展開に違和感もなく、読むのは平気だったけれどもそれほど人気がある事が
なかなか納得できず。しかし『死神の精度』を読んだ時に、彼は天才~と単純に思いました。
発想力かな~。やっぱり凄いと思いました。この本は、読んでいて、ちょっとしんどかったです。

湊さんの本、この本を読んで、あの『告白』をすぐに思い出し、あの息詰まる様な語り・・・。
参りました・・・この本もしんどかったです。

冒険第二弾 久しぶりの芥川賞受賞作品 藤野可織さん 『爪と目』
この作品は、芥川賞受賞作品の中で、史上最も怖い作品「純文学ホラー」と言われているそうです。
ホラー作品と言えば、鈴木光司さんの「リング」・・これは、本当に怖かったです。
文字を読んでいて、恐怖の感情が湧き上がってくるなんて。あれ以来、この系の本は読まなかった。
この本に関しては、最近の芥川賞ってどんな作品なのかな~?と、「三歳児」の私が語る~と
あったし、本そのものも薄くて、簡単に読めるな~と安易な気持ちで買いましたが、怖かった~。
何も怖いものは出てきません・・宣伝文句を借りるなら、まさに「生理的な恐怖」そのものでした。

そして、期待の柚月裕子さん「蟻の菜園 アントガーデン」・・これは冒険ではありません。
1月19日に発表された直木賞 惜しくも「孤狼の血」で受賞ならず。
この作品は、発想はいいな~と思ったけど、最後の最後で、えっ~~残念という感想。
やっぱり私は彼女の佐方検事シリーズが好きですね~。先日テレビで上川さんが、佐方検事を
演じていましたが、いまいちオリジナルとは、違った様な~~。私は佐方検事の大ファンです。

と言う事で、今回の一時帰国で買った本 0勝4敗。う~~ん残念!

by josek | 2016-01-28 15:59 | | Trackback | Comments(0)

ドバイに来るなら・・・。

親友が来月、ドバイにお一人様で遊びに来ます。
飛行機のチケット+ホテルのツアーを予約し、ドバイ観光等々は、私がこちらで予約。
日本の旅行会社のツアーというのは、ありえないくらい安いです。このからくりは、
どうなっているのでしょうか?私がハノイに行った時も同じ事を感じました。
エアーチケット代だけで、エミレイツ航空のダイレクト便であれば、普通は、
12万~18万円。友人のツアーは、チケット+ホテル(朝食付き)で、約11万弱。
本当にお得です。

今回、彼女が来るおかげで、ドバイ観光を少し見直してみました。
●やはり、はずせないのは、バルジュ・カリファの展望台に昇り、そばの
ドバイファウンテンを見ながらのディナー。
●午後から出発する、デザートサファリツアー。BBQ付きで、砂漠では、
水たばこ(シーシャ)・ヘンナ(女性の手のお洒落・・)・アラブの衣装で写真撮影・
キャメルライド・ベリーダンス等々があって・・・。一通りのアラブ体験が可能。
●首都アブダビ観光・・一番美しいと言われるグランドモスクへ。
●市内観光・・ドバイ博物館・ゴールドスーク・スパイススーク・オールドスークに
アブラ(渡し船)乗船・バスタキヤ地区散策等々
●巨大ショッピングモール散策 ドバイモール・モールオブエミレイツ
時間があれば、マディナットジュメイラ・アトランティス・ワフィモール等々
彼女のドバイ滞在は、3日間。これで充分です。

チャンスがあれば、フェリーや水上タクシー・メトロ・トラムにも乗れたらいいし。
もちろん、ビールの安い行きつけのバーに案内をしたりと、やりたい事・
行きたい所がいっぱい。こう考えてみると、ドバイも観光で、数日の滞在なら、
結構楽しい観光地かもしれません。今から凄く楽しみです。

by josek | 2016-01-27 04:56 | 観光 | Trackback | Comments(0)

日本のパン屋さん

ドバイには、日本の職人さんがいるパン屋さんがあります。
ドバイに来て間もない頃、最初にできたパン屋さん「Yamanote」に行って
食パンを買って帰ってきて、その美味しさに感動したものです。
日本のパンは、やっぱり世界一日本人の口に合うようにできていると思います。
日本に一時帰国の際には、喫茶店のモーニングセットや、カフェのトーストセットを
ついつい食べてしまうほど。有名店のパン屋さんのパンでなくても、何を食べても
美味しくて。食にこだわりのない私ですが、パンは、日本のパンが一番美味しいです。

「Yamanote」は、お店が少し不便な所にあったので、次第にデリバリーをお願い
し始め(200AED以上なら配達可・・¥6800)、だんだんそれが億劫になり、
一時帰国をはさんだりで、すっかりご無沙汰してました。
気がつけば、ドバイモールの中に、お店がオープンしており、久しぶりに日本のパンを
ドバイで食べてまた感動・・・。やっぱり日本の食パンは、美味しいです。

f0142834_11194633.jpg








そして、ドバイ経済新聞で見つけた、新しくできた日本のパン屋さん「Yakitate」。
ドバイで最初にできたショッピングセンター内にあるYakitateパン屋さん。
オーナーは、ヨルダン人で日本で食べたパンの美味しさにほれ込んで、お店を
オープンしたそうな。昨年の11月にお店がオープンして、当初は、70種類のパンを
提供し、今ではさらに10種類もふやしているとか・・。
やきそばパン・カレーパン・ライスバーガーパン等々調理パンは豊富。

f0142834_11200628.jpg








私がまず買うのは、いつもアンパンにクリームパン。値段とお味を比べてみると、
後者の方が、値段が断然安いので驚き。アンパン・クリームパンが1つ¥240・
前者は今も¥400。食パンの値段は、パンの大きさが違うので、ちょっと比較
できませんが、後者が断然安いです。驚きの安さ~そりゃ日本と比べるとまだ少し
高いですが・・。前者でパンを買うと、いつも100AED(¥3400)は当たり前。
お味は、やっぱりお値段の高い前者が美味しいです。食パンに関して言うと、
それほど差はない気がします。

とりあえず、朝食に日本のトーストが食べる事ができたら、幸せ!!!
これからも頑張って買いに行かないと~と思います。
どちらのお店も、カフェを併設しており、それぞれコーヒーやメニューに
こだわりがあり、楽しめそう。「Yamanote」は、ローカルアラビックの人達に
知名度があり、カフェは、いつもオバQ達で、いっぱい。これが、不思議で!!


by josek | 2016-01-22 11:22 | 日常 | Trackback | Comments(0)

映画『The Revenant』&・・・

●『The Revenant』
監督 アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ
キャスト レオナルド・ディカプリオ トム・ハーディ
撮影 エマニュエル・ルベツキ

あらすじ; 狩人グラス(ディカプリオ)が、猟の最中にクマに襲われ、
瀕死の重傷を負う。仲間に裏切られ、生き埋めにされ、置き去りにされるが、
生き返り、裏切り者に復讐をするという簡単なストーリー。
極寒の地でのサバイバルが見どころ。裏切り者は、フィッツジェラルド(トム・ハーディ)。
実話に基づく作品だそうです。

監督&撮影は、昨年度のアカデミー賞コンビ。楽しみだったのは、ルベツキ氏の
カメラワークでしたが、さすが。原野の木々をグラス(ディカプリオ)の目線で
常に見上げるのですが、その木々が彼の気持ちや季節によって様々な表情があり
そこに太陽の光も差し、美しいシーンの数々。また寒さで吐く白い息をカメラの
レンズに充てて、曇らせるという・・ちょっと予想外のシーンもあったり。
カメラアングルが、物凄く多彩で、原野の壮大な美しさであったり、ズームで
川の水の流れの恐怖を撮ったり、幻想のシーンもあり、これは監督の意向かな?
話によると、この撮影は、すべて自然の光のみを使用しての撮影だったらしく、
困難を極めたそうです。撮影も長引き、トム・ハーディーは、次に控えていた
映画の出演をこの映画を優先して、降板したそうな。
この映画は、アカデミー賞の呼び声が高いそうですが、待望のディカプリオの
主演男優賞はもしかしたら、またダメかもしれません。
なんとなくそんな気がします・・。熱演であったのは、間違いありませんが、
アカデミー賞的にはどうかな?と素人の私が思ってしまいます。
一方大好きなトム・ハーディー・・彼は、こういう外見が汚い役がはまり役なのか?
また悪者だし・・。彼もアカデミー賞の助演男優賞にノミネートされています・・どうかな?

●『The 5th Wave』
監督 J ブレイクソン 
主役 クロエ・グレース・モレッツ
あらすじ;エイリアンによる4段階の地球侵略攻撃により壊滅した終末世界で
両親を亡くした16歳の少女が、行き別れた弟を探す旅のお話。人気SF系の
サバイバル小説の映画化だそうです。

う~~ん、最初から最後まで、ずっと意味不明。英語の問題だけでなく、
ストーリーが意味不明。終わったら、隣のお客さんも言ってました。
「どういう事かなぁ~~」と。救われたのは、主役のクロエさんが、
可愛かった事。こちらのテレビでも今頻繁に宣伝していますが、しかしね~~。
本当にわけのわからない映画でした。最近、意味不明の映画に良く遭遇します。

●『スポットライト 世紀のスクープ』この映画が観たいです。
新聞記者達が、カトリック教会のスキャンダルを暴いた実話に基づく作品。
大好きなマーク・ラファロが出演。これもアカデミー賞にノミネートされています。観た~~いです。

by josek | 2016-01-18 13:13 | 映画 | Trackback | Comments(0)

見たかった~!

今年もどうぞよろしくお願いいたします。ドバイに戻って、1週間ですが、
もう2~3か月経った気分の毎日です。忙しくて・・・。

昨年の年末31日に起きた世界一のタワー;バルジュ・カリファのそばにある
アドレスホテルダウンタウンの火災。ニュースを聞いて、ビックリ。
夜の9時半頃に出火し、新年のカウントダウンの頃にまだ鎮火していなかったとか。
日本時間4時半頃にニュースを知り、CNNのライブを見て・・。結構怖かったです。
幸いけが人は軽傷ですんだそうな・・・。

ドバイに戻って、何よりこのアドレスホテルダウンタウンが、どういう事に
なってしまったのか?見たかったのです・・・今日ようやく行ってきました。

f0142834_21104842.jpg


















予想はしていましたが、無残な姿でした。低層部の少し突き出たところ、
燃えなかった所が、私のお気に入りのバーでした。ハッピーアワーもあったのに。
バルジュ・カリファを目前に飲むビールは、最高。週末になると
外人達でごった返していたバー。昨年、リノベーションして、かなり広い
スペースになったばかりだったのに・・残念。

f0142834_21111802.jpg


















今日は朝から、寒くて曇り空。結構着込み、スカーフもしましたが、寒かった。
昼前には、年に1度か2度しか降らない雨が降りました。
それにしても、大晦日のカウントダウン後に、このバルジュ・カリファを
バックに予定通り花火が打ち上げられて、新年を祝ったそうな~~凄いです。
すぐそばで、ホテルがまだまだ燃えてたはずなんだけど。やっぱり凄いわ~。
ちょっと見たかった~~。

by josek | 2016-01-13 21:34 | 日常 | Trackback | Comments(0)