ちょっと寄り道・・・。

mmetequila.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2015年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

チェック!!!

明日、年末恒例の2015年流行語大賞が発表されます。今は、50の候補が発表されているところ。
毎年流行語大賞の候補が発表されると、言葉をチェック。海外にいると日本で何が流行しているかを知るには、
これが一番の方法だと思います。最近は、PCのニュースを読んでいてもわからない言葉がいっぱいあるので必死。
英文ならまだしも、日本文を読んでいて、意味がわからないのは、問題ありです。日本に帰国したら
浦島太郎状態になるのは、仕方がない事ですが、少しでもギャップを埋めるために、日々の努力が必要。

『爆買い』・・・日本で爆買いの現場は見た事がありませんが、関空のチェックインカウンターのそばでの
中国人観光客の荷物整理は、いつも凄いです。フロアーが占拠されている感じで。
こちらの中国人の観光客の方々、日本の様な生活用品の爆買いとはいかないでしょうが、
高級ブランド品は、かなり買い漁っているようです。
バッグ・時計・洋服・アクセサリーの超有名ブランドのお店には、必ず中国人の販売員さん達が常駐。
高級時計を一度に数個買っていたり、ブランドのバックをいくつも握りしめ、買い漁り・・・。
いいなぁ~すごいなぁ~と思って見た事があります。こちらに来る中国人の観光客の方々は、
見るからに、高級そうな服装で、男性は、凄いレンズをつけた一眼レフカメラを首から下げ、
女性は、アクセサリーをじゃらじゃら&サングラスが定番・・・。貧乏人ではないぞ~という感じです。
しかしすぐ中国人とわかるのは、彼らは基本的に声が大きいから。

『安心してください。穿いてますよ』by とにかく明るい安村
こちらのテレビでは、毎週とまではいきませんが、時々あの「笑点」を観る事ができます。
大喜利前の前座には、クラシックな芸人さんも出演しますが、時々、その時の旬の芸人さん達も登場します。
とにかく明るい安村君も笑点に登場・・・たいしたものです。
そう言えば、流行語大賞の候補にもなっている『ラッスンゴレライ』by 8,6秒バズーカーも笑点に出演済み。

他の流行語大賞の候補の言葉;
『アゴクイ』『刀剣女子』『オワハラ』『ミニマリスト』は、まだしも、『ラブライバー』『ドラゲナイ』『フレミネー』・・・説明を読んでも、いまいちわからないし、絶対に使う言葉ではないのは確か。
『五郎丸ポーズ』・・・2007年に優勝した南アフリカチームのキッカーさんも、
確か彼の様なポーズをしていた様な。その記憶があったので、五郎丸さんのポーズは、
それほど、鮮烈ではなかったのですが、記憶違いかな?ともあれ、明日大賞の発表です・・・楽しみ!!!


by josek | 2015-11-30 14:13 | 日常

新しいプロジェクト

『Time out』という情報雑誌があります。内容は、ニュース・イベント・買い物・テレビ・映画
スポーツ・レストラン・旅・音楽等々、生活全般の週刊情報誌。本屋さんにも、もちろんありますが
いつも行くスーパーマーケットのレジの前に置いてあります。今回もやられました~。
「Up-and-coming Emirati Brands ~~』というタイトルにつられ、エミレイツブランドとは
なんぞや~と思い、買ったのですが・・。またしてもタイトル倒れ・・・たった2ページの特集で
何の役にもたたない~~。いつもこの雑誌は、買った後に大後悔するのです。週間誌なんで、内容は
毎週ほぼ同じ・・・読むところがなくて、日本の女性週間誌的な・・タイトルが一番面白い・。
しかし、今回は記事の片隅に、非常に興味深い記事がありました。
これからドバイに建造される新しいプロジェクトについて。本当に小さな記事でしたが
驚きの内容でした。

●『Dubai Frame』・・・高さ150㎡幅93mのまさに巨大フォトフレームが、
Zabeel Parkのそばにできるそうです。そのフレームの中も超高速リフトで上まで昇れて、
ガラス張りの中を歩けるそうです。またフレームなので、遠景でドバイの写真も撮る事が
可能で、また新しい展望台的な素敵な眺望が可能なタワーの一つとなる事でしょう。
来月オープン予定。

●『Dubai Canal』・・・これは、新しくドバイの街にドバイクリーク・ドバイマリーナに次ぐ
3番目の運河を作るプロジェクトです。ドバイの街が出来上がっているのに、更に
ぶち抜いて、アラビアンガルフ(ジュメイラビーチ)ービジネスベイ辺りにできるそうです。
すでにこの工事の為に、その方面の交通渋滞が始まっています。「Venice of UAE」が、テーマ。

●『Aladdin City』・・・「The tales of Aladdin's lamp and Sindbad」にちなみ、
ドバイクリークの上に3つのタワー;巨大ランプが数個出現するようです。ドバイクリークは
昔からの水上交通の起点であったドバイ港の名残があり、私は好きな場所の一つでした・・。
また人工物の建造により、変貌していきそうで、ちょっと残念です。

●『Dubai Safari』・・・動物のサファリパーク。シャルジャ首長国のそばのドラゴンマート
という中国製品ばかりを販売している巨大マーケットの向い側にできるそうです。
119ヘクタールの広さで、1000種類にも及ぶ動物を飼育するというもの。これの完成は
まだまだ先になるそうです。何と言っても、今はただ砂漠しかない所。無の所なんで、
一体どのように変貌していくのか?砂漠の中で、動物が棲息できるのでしょうか?
それとも屋根付きになるのでしょうか?灼熱の夏を動物達がどうやって凌ぐのか?

この新しいプロジェクトは、一体誰のための物でしょうか?観光客??なんでしょうね~。
財力・知力でこの街がどんどん変貌していき、どんどん人間臭ささが消え失せていく気が
します~~。残念だなぁ~と思います。

by josek | 2015-11-27 11:36 | UAE

あっという間に・・。

10月中旬から、あちらこちらで、ハロウィン関連のグッズが数多く売り出され、
昨年非常に驚いた、人間の顔の何倍もの大きさのカボチャ・・・が、スーパーで多く売り出され
またそれが、飛ぶ様に売り切れてしまい・・・その時期が過ぎたかと思ったら、
今はもうクリスマスグッズが街中に溢れています。今年もあっという間に終わりそうです。

こちらドバイでは、もう一つ。12月2日にUAE;アラブ首長国連邦の建国記念日があり、
それに向けて、11月に入ってから、あちらこちらで、国旗がはためいています。
そのせいか?映画を観る時に、上映前に流れる映画の宣伝の最後のあたりで、
必ず「We salute you, Heroes of the Emirates」というタイトルで、数分のビデオが流れます。
『salute;敬礼する、敬意を表する』という意味で、UAE国内のいろいろな職業の人々、
男女共に大人から子供達が、いろいろな場所で映し出され、全員カメラに向かって敬礼をする・・
というビデオなのです。

私は、UAEに対する彼らの誇り・敬意を感じるもので、観ていて気持ちの良いもので、
また彼らの敬礼の仕方が日本とは違い、手の平を相対する人に向けてのもので、
いろいろな敬礼の方法があるのだな~といつも不思議に思ったくらいでスルーしていましたが。

3月に起きた、サウジーイエメンの紛争以来、連合国軍として参加しているUAE。
9月、私が日本滞在中に起きていた、イエメン北部アマリブで起きた爆発事故により、
連合国軍最大の犠牲者、UAE軍兵士45人が死亡。平和で戦争経験のない小国UAEにとって、
最大の被害者の発生となり、厭戦気分を払拭するため、国民の意識を高揚させるためのビデオの様です。
(ユーチューブで観る事ができます。)

建国記念日と言えば、UAEグッズがまたいっぱい出回ります。ローカルのコンビに行くと
お店中、国旗のデコレーションで溢れ、小さな物から大きな物までいっぱい。
当日は、車には国旗を付けて走り回ったりする若者も多いはず。日頃おとなしい彼らですが
この日は子供達は、顔に国旗の3色のメイクをしたり、女性では黒のアバヤが国旗の
ナショナルカラーであったり、間違いなくお祭り騒ぎです。もちろん花火もあがり、
首都アブダビでは、航空ショーを始め、かなりのイベントがある事でしょう。

f0142834_12552268.jpg







by josek | 2015-11-22 13:54 | 日常

映画『Spectre』『Martian』......

こちらは、11月12日に年に一度降るか降らないかの小雨が降り、風が強く荒れ気味のお天気。
翌日は、うってかわって、真っ青な空。くぐもった砂嵐の空にようやく別れを告げ、気分爽快。

映画『Spectre』;007シリーズ、最新作。シリーズ第24作目。
監督 サム・メンデス
キャスト ダニエル・クレイグ レイフ・ファインズ ベン・ウイショー等
こちらでは、日本より早く11月6日より。
期待を裏切らず、文句なく楽しい映画。今作で、ボンド役のダニエル・クレイグは、最後だとか。
次のボンドは、誰になるのか?これも楽しみ。
個人的に、前作から出演しているQ役のベン・ウイショーのファン。ITを駆使する役にピッタリで。

映画『Martian』;
監督 リドリー・スコット
キャスト マッド・デイモン
ストーリー 有人火星探査チームが、火星で調査中に大嵐に遭い、植物学者の宇宙飛行士
マッド・デイモン一人が火星に取り残され、希望を捨てずに救出を待つというお話。
アンディ・ウイアーのベストセラーを映画化。

最初、Martianの意味がわからず、「火星の人」という意味ですが、どういう事なのか?
水なし、酸素なし、極寒の地マーズ。一人取り残されて、地球から火星までの救出には
4年もかかる。絶望する事なく、生きる事ができるのか?生きると決断し、宇宙船内に畑を作り、
食料を確保し、黙々と火星での生き残りに知恵を絞る・・・まさに「火星の人」。

果たして救出されるのか?どのように救出されるのか?地球との交信は等々観てのお楽しみ。
何事もポジティブに考え、孤独に耐える事ができるその精神力が、素晴らしいです。

映画『Momentum』・『The Last Witch Hunter』もここ1~2か月で観ましたが
共に訳のわからない映画で、がっくり!英語のせいかもしれませんが・・・。
12月は、遂に『SW』スターウォーズですね。日本で鑑賞予定です。

by josek | 2015-11-19 14:53 | 映画

少し涼しくなりました~。

11月に入って、随分と涼しくなりました。
最近のこちらの気温は、25~32度、湿度は、50~60%ほど。
夕食後にマリーナウォークをウォーキングすると、もう息が詰まる様な熱風は、吹いていません。
湿度も下がり、普通に歩いているぐらいでは、汗をかかなくなりました。
1時間のウォーキングの後には、じめっと汗ばみますが、快適そのものです。

もう暑くないので、テラス席での夕食が可能となりマリーナウォーク辺りのレストランに
人が戻ってきました。先月とは大違いです。
マリーナウォークの各レストランは、人目に触れる所なので、一切アルコールはサーブされません。
ドバイマリーナの象徴的な存在、ヨットクラブは、外人達のミーティングポイントでもあり、
ライブミュージックもあり、お酒を飲めるスポットとして有名。
そこでは、1階の一般客から見えるテラス席では飲めませんが・・・中のレストラン・バー・・・
窓には黒いシール;プライバシーフィルムが張ってあり、そこでは、お酒が飲めます。
2階では問題なく、バンド用のミニステージもあり、外人には快適スポット。平日でも混んでます。

ドバイの11月と言えば、観光シーズンの到来。
もうすでに寒いヨーロッパの国々の方達からすると、ドバイは所謂『避寒地』。
真夏のドバイが終わっているので、彼らにとっては、本当に心地良い暖かさ、暑さとなっているのです。
観光客が確かに多くなってきています。特にロシア人。旧ロシア系の方が多いと推測しています。
出稼ぎのロシア系の方も多いですが、ロシア系の金持ちのビジネスマンの方も多くいます。
夜のマリーナウォークにも人が増えて、歩く人・走る人・自転車・ローラースケート等
みんなそれぞれ、人種も様々、エキササイズに励んでいます。
目を惹くのは、アラブ人・・特に女性。
スニーカーに黒のアバヤ姿、覆面状態でウォーキング・・・さぞ暑いだろうな~と
思いますが、彼女達にもようやく健康志向の意識が高まってきた事は間違いない様です。

f0142834_21590934.jpg
by josek | 2015-11-08 22:00 | 日常

映画『Burnt』

映画『Burnt』
監督 ジョン・ウエルズ
キャスト ブラッドリー・クーパー シエナ・ミラー
あらすじ 天才シェフ アダム(ブラッドリー・クーパー)のドラッグと自らの素行の悪さによる転落から、ミシュラン三つ星を目指して奮闘する再出発のお話 in ロンドン。

ここ数年、料理界・シェフを描いた映画が連発していた模様ですが、私は、お料理物の映画は、これが初めて。
ブラッドリー・クーパーのファンなので、彼が出演しているというだけで、この映画を観てしまいました。

まずは、有名レストラン・味にプライドを持つレストランのキッチンというのは、このように・・・
格闘技をしているかの様な、修羅場のキッチンなのか?・・・。凄いド迫力。
そう言えば、日本のドラマ、『天皇の料理番』の中でも、個々のキャリアによって、料理人さんそれぞれに、
仕事が分担されていて、何よりとても保守的でした。海外のキッチンもそうなんでしょう。

ブラッドリー・クーパーとシエナ・ミラーは、アメリカン・スナイパーのコンビ。
彼らが、新作メニューを作り上げるために、何度も試作を繰り返し夜を明かしてしまう・・・。
彼らの武器は、とにかく味覚・舌。これも一つの才能。
お料理に正解はないし、お料理も創造力の産物。それだけに非常に難しいと思う。
お料理だって、一つの芸術作品。私には、ちょっと考えられない世界だけれども。

特に目を惹いたのは、1皿ずつ絵を描いている様な美しい盛り付けのお料理を映すカメラワーク。
一瞬々ですが、一皿ずつドアップで、目を見張りました~。まさに芸術です・・。
そして、キッチンで芸術作品を作り上げる為に奮闘する、まさに命がけのシェフ達の姿。
アダムが次第に心を開き、キッチンで怒鳴りあげてお料理を作るのではなく
全員が一つのチームとして、お料理を作るものなのだと~気付いて、最出発のスタートラインに立ち、
更に上を目指し・・・ゴールがない世界・・果たしてミシュラン三つ星は?・・・。

色鮮やかな素敵なお料理の数々・・・マンネリの夕食をもっともっと工夫しないと~と思わず反省しました。

f0142834_01281345.jpg
by josek | 2015-11-04 01:50 | 映画

お花

f0142834_01101788.jpg













いまだに細々とベトナム語のブログもこのブログと並行して書いているのですが、
この日本語ブログの記事をベトナム語訳にして、あちらのブログに載せるというのが、当面の目標。
それが出来ないのは、実力がまだまだないと言う事が最大の理由ですが、
もう一つには、ベトナム人の方々に理解する事が難しいという内容もあり、その上、直訳した場合、
ピッタリのニュアンスの言葉がない・・見つからないと言う事等々様々な理由から、
現在は、こちらのブログの簡単な記事を、時々ベトナム語訳にしたり、まったく別の内容の記事を書いたり
というのが現状でしたが、なんと今回初めて、ベトナム語ブログとして書き、すでにアップ済みの記事を
日本語に訳して++アップ・・逆輸入ではありませんが、逆掲載?となります。
内容は、簡単だから、出来たのですが・・個人的には、少々感無量です・・。

タイトル 『お花』
2010年~2013年、ベトナム・ハノイに住んでいた頃、毎週家の近くのChợ Quảng Bá という花マーケットで
お花を買っていました。そこは、ハノイで一番大きなお花の卸売り市場です。
お花は、とても新鮮で、季節のお花をいつも買う事ができ、お花から、ハノイの季節を感じていたものです。
そこでは、日本の様に、1本2本とお花を買う事は出来ず、だいたい10本単位の花束で買っていましたというより
花売りのお姉さん達が、許してくれず、束でお花をいつも買っていました。
とにかく安くて、新鮮で、毎週々、マーケットに行って、お花を買う事が楽しみの一つでした。
外人なので、安いはずの花マーケットで買っても、ベトナム人とは違い、値段はかなりぼられていたはずです。
それでも毎週の様に3束ずつ買っていたのは、お花を生けると忽ち部屋の中が、色彩豊かになって、
気分も華やかになったからだと思います。

ドバイに来て、お花事情が、すっかり変わってしまいました。
間もなくこちらに来て、2年が経とうとしていますが、未だにお花屋さんには1軒しか巡り合っていません。
というのも、こちらでは、スーパーで、野菜や果物の様に、お花も売っています。
もちろん、すべて花束になっており、お花を1本ずつ、選んだりする事は、全く出来ず、もちろん
季節を感じる事なんて、とんでもない話です・・・。
お花の種類も、バラの花が主流で、いつも同じ様な花束ばっかり売っていて、面白くない上、
ベトナムと比べると、びっくりするほど高いです。花束なので、1つ3000円~5000円ぐらい。
すっかり意気地がなくなってしまい、買ったことがありません。情けな~~い。

先月末、私のお誕生日があり、今年になって、二度目・・・プレゼントとしてバラの花束をいただきました。
本当に綺麗で感動です。お花が部屋にあるだけで、こんなに心が、華やかに豊かになるのですから、
スーパーではなく、一生懸命お花屋さんを探し出して、これからはお花を定期的に買ってみたいと思います。


f0142834_01104728.jpg
by josek | 2015-11-03 01:16 | 日常

The Lost Chambers Aquarium 2

The Lost Chambers Aquarium 2
ドバイモールの水族館と比べるとこちらの水族館の方が
見応えがあった気がしたのは、
古代アトランティスの遺跡を模した物がたくさん展示されていたせいかもしれません。
海洋生物同様、それらも素晴らしかったです。

f0142834_14131443.jpg
f0142834_13584220.jpg
f0142834_13593577.jpg
f0142834_14010439.jpg
f0142834_14003491.jpg
f0142834_14024634.jpg
f0142834_14020089.jpg
f0142834_14040926.jpg
f0142834_14033624.jpg
f0142834_14045068.jpg
f0142834_14052697.jpg
f0142834_14061192.jpg
f0142834_14084762.jpg
f0142834_14110725.jpg
f0142834_14091899.jpg
f0142834_14114991.jpg
f0142834_14122955.jpg
f0142834_14100832.jpg


by josek | 2015-11-01 14:29 | 観光

The Lost Chambers Aquarium

f0142834_12180791.jpg

The Lost Chambers Aquarium

f0142834_12205894.jpg

f0142834_12232531.jpg

人工島 パームジュメイラにあるホテル「アトランティス・ザ・パーム」内にある
水族館;ロスト・チェンバーズ

f0142834_12283457.jpg

f0142834_12240966.jpg

f0142834_12311047.jpg

古代都市アトランティスの帝国の神殿が
海底に沈んでいるという設定で作られた水族館
65000匹越えの海洋生物と共に
遺跡と模した造形物も多々展示されている。

f0142834_12320785.jpg


f0142834_12342304.jpg

海洋生物より古代遺跡にも目を奪われる時もしばしば。

f0142834_12350631.jpg
f0142834_12374774.jpg

通路は、水中迷路・トンネルになっており
遺跡探検の様。

f0142834_12363218.jpg
f0142834_12392119.jpg

f0142834_12382759.jpg

巨大水槽では、予約制でシュノーケリング・ダイビングも可能。

f0142834_12423651.jpg

f0142834_12412231.jpg

f0142834_12433795.jpg

続く・・・・・to be continued......


by josek | 2015-11-01 13:23 | 観光