<   2015年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

シネ・リーブル梅田

f0142834_23320913.jpg














初めてシネ・リーブル梅田に行く。
グランフロント大阪を通り過ぎて、空中庭園のある梅田スカイビルに到着。
ここの3階4階が、シネ・リーブル梅田。いつもはTOHO系の映画のみ鑑賞。
ここは、テアトルシネマグループの映画館。いつも行こう々・・と思いつつ
なかなか行けなかったけど・・やっと行く事ができました。

『チャップリンからの贈りもの』; フランス 
貧しい移民が、チャップリンの遺体を盗んで身代金を得ようとするお話。
二人の男の日常が上手く切り取られていて、普通に共感できる、悲壮感のないお話。
何が贈りものだったのか?最後でわかり、納得。

『フレンチアルプスで起きたこと』; スウェーデン・デンマーク・フランス等々
家族4人でフランスのスキーリゾートで休暇。
ゲレンデの前のテラスでランチの最中に、人工ではあるけれども、
予想外の大きな雪崩が起きる。その時の夫のとった行動で、すべてが狂い始め、
夫婦・家族の崩壊の危機となるお話。
このストーリーは、日常生活でありそうな事。危機的状況に遭遇した時に
男性の真価が問われる~というもの。心理描写・洞察力が見事。各賞を多数受賞。

『人生スイッチ』; アルゼンチン・スペイン
6つのオムニバス映画。些細な事で、最悪の事態に転げ落ちて行くお話。
アルゼンチンで歴代1位の大ヒットになったというブラックコメディ。
ノリがラテン系。日本人にはちょっと理解不能な所もあるかも。

ドバイではハリウッド映画しか観る事ができませんが、その他の外国映画もいいですね~。
才能を感じます。何より字幕があるので、ほっとします。
もっともっと映画を観たいです。

f0142834_23323039.jpg

More
by josek | 2015-07-27 23:41 | 映画 | Trackback | Comments(0)

帰国

関空に到着して、イミグレーションにて・・。
関空での入国イミグレーションは、あっという間に通り過ぎて~というのが、日常。
エスカレーターで、イミグレーションのフロアーに到着すると、ざわざわ~~としている。

ヘルスチェックを抜けると、なんと凄い行列で大混雑。
よ~~く見ると、日本人のカウンターは、数人しかおらず、すぐに通過でき・・そうです。
入国審査に大行列していたのは、外国人カウンターでほとんどが中国人~アジア人でした。
その後デパート、レストラン街、大阪だけでなく、神戸まで。聞こえてくる言葉は
中国語ばっかり。これですね~爆買いのご一行様は・・・。驚きでした。

毎朝6時には、蝉の大合唱で目覚め、久しぶりの蝉の鳴き声に思わず
「日本の夏だ~」と思っていたのも束の間・・・煩いですね~。
その後、ここ数日のうだる様な猛暑日。
絶対にドバイより暑い気がします。ドバイでは外に出る事もなく、冷房がキンキンに
効いている所でしか活動しませんから・・・。

日本は街を歩いているだけで、ティッシュをいっぱいもらいます。
最初は嬉しくて、もらっていましたが、だんだん上手く断るようになり、
タクシーに乗ってもティッシュをくれる・・・これは逃げられず・・・(笑)

日本は、最近地麦酒、クラフトビールが流行しているようですね。
普通な酒屋さんでも、クラフトビールがいっぱい陳列してあって・・・。
地ビールとクラフトビール、若干ニュアンスが違いそうです。

f0142834_08142562.jpg
by josek | 2015-07-26 08:17 | 日本 | Trackback | Comments(0)

違反

こちらには、道路の至る所に、スピードカメラが設置されており、
スピード違反一度に付き、反則金を2万円弱支払わなければなりません。
道路が非常に整備されており、ラウンダバウト採用で、基本的に信号が少ない。
大きい道路ほど、さらに信号も少なく、どの車もスピードが出易いと思います。

走り慣れた道路は、スピードカメラの設置場所を把握しているので、問題ありませんが
ドバイ街中・全般となると、やはり気をつけて運転するしか方法はありません。
こちら在住10年の友人ですら、月に一度は、反則金を支払っています~との事。
油断禁物です。制限速度は道路にもよりますが、80~100キロ(2割越えまではOKだとか)。

タクシーの運転手さん曰く、「最近はアリババが増えて~」と。
「アリババって何?」と訊いてみたら、スピードカメラの事だそうです。
彼らは、職業柄スピードカメラの設置場所は熟知しているはずですが、
新しい道路となると、まだまだ気づかず、そういう彼も先日スピード違反で、
反則金650AEDを払ったそうです。

先日は、交通事故を二度も目撃。一つは、ランダバウトでの事故。
車のガラスが、一瞬にして全部粉々に砕ける瞬間を目撃しました。怖かった~!
もう一つは、高速道路の分岐点での事故。これは本当によくある事故で。
こちらは道路が整備されている分、高速道路での合流・分岐地点は極めて重要なポイントであり、
しかもとても危険。その事故は、外人とアラビックの事故でした。
こちらはアラビックと事故を起こすと、100対0で悪くなくても、
0対100で悪くされ、アラビックとの事故は、勝ち目がないという事で有名です。
とにかく安全運転に限ります。

f0142834_22004937.jpg





by josek | 2015-07-20 02:17 | UAE | Trackback | Comments(0)

明けました~!

4週間のラマダンが、やっと明けました~。
「Eid Mubarak!!!」あちらこちらから、SMSがはいり、またモスリムの人達には、
この様に挨拶をしています~。やれやれ・・・。
今日から、イードホリデイと言って、どの会社も3~4日間ほどお休みとなります。

カフェやレストラン、ショッピングモールには人が戻り、活気が出始めました。
店員さん達も生き生きしている気がするし、何より、モールが明るくなり
人混みのがさがさ感があると、妙にほっとします。
こちらは夜の8時半過ぎ、「Eid Mubarak」の花火がいっぱい上がっています。
やれやれ、やっと終わりました~~。

イードホリデイに合わせて、映画「Terminator Genisys」が始まりました。
日本のドラマが、今期新しく始まり、そろそろ出そろいましたね。
私が楽しみにしているドラマは、「花咲舞が黙ってない シーズン2」と
「刑事7人」その他、「リスクの神様」「探偵の探偵」「婚活刑事」等々
今期のドラマは、ちょっと不作な気がします。こちらでドラマを観るには、
JSTVというUKが日本の番組を配信している放送もあるのですが、
民放とNHKのミックスで、ドラマはごく一部で、ドラマを観るのは、
すべてユーチューブ頼みです。ユーチューブは、海外で生活していると
本当に有難いなぁ~と思います。

f0142834_01465267.jpg






by josek | 2015-07-18 01:48 | 日常 | Trackback | Comments(0)

カード

ドバイは、ご存じの様に、カード社会。ほとんど現金を持ち歩く事はありません。
タクシーだけが、現金払いなので、むしろ非常に不便を感じているのが現状です。

昨日、お買い物の支払い時にカードが使用不可、リジェクトされて、親切なキャッシャーのお姉さんが
あっちこっちのカード支払い機に私のカードを入れて、試してくれましたが、リジェクト。
もちろん現金を持っておらず、「待っててね~」と自宅に現金と別のキャッシュカードを取りに帰宅。
しかし~どうして、リジェクトされたのか?不思議で・・・。別のキャッシュカードは、リジェクトされず
使用可能でした。

帰宅後、リジェクトされた理由を訊こうとすぐに日本のカード会社に電話。いつもながら、音声案内に従って
長々と操作を続け、やっと目的の場所に辿りついたと思ったら、「只今大変混雑しております~そのままで
お待ちください~~」と。暫く待ちましたが、ギブアップ。月末の帰国後にカード会社に電話をしよう~と。
ところが先ほど、カード会社から電話があり・・「電話番号が、履歴に残っていましたので~」と。

昨日リジェクトされたカード・・・先日ニューヨークのユニクロで高額の買い物がされ、カード会社の方曰く、
「明らかにカードがスキミングされ、不正使用された~」との事。担当の方は、現在使用のカードは、停止して、番号等々を変更し新しいカードを郵送したいとの事。はぁ~今まで、スキミング被害の話は
聞いていましたが、危ないのはアジアだとばっかり思っていました。ドバイでもあるのですね。驚きました。担当の方曰く、怪しいお店だけでなく、最近は立派なホテルでもあるそうで、油断は禁物だそうです。

f0142834_15391911.jpg

by josek | 2015-07-14 15:46 | 日常 | Trackback | Comments(0)

Ibn Battuta Mall

f0142834_13243466.jpg

















2013年にオープンしたIbn Battuta Mallは、モロッコ生まれのアラブ人、イブン・バトゥータという14世紀時代の探検家・旅行家に因んで建築された世界一大きいテーマショッピングモール。
彼が旅した国々を6つのエリア(アンダルシア・チュニジア・エジプト・ペルシャ・インド・中国)に分け、それぞれの国人・地方に因んだデザインで飾られている。

f0142834_13315130.jpg






















場所は、ドバイ中心部よりシェイクザイード道路沿い、一番アブダビ寄りにあり、広大な敷地に6つのエリアからなるモールで中に275のショップに50のレストラン、21のつクリーンを持つシネマもある。パーキングエリアは4500台の車が駐車可能。ドバイモール・モールオブエミレイツと違って、高層モールではなく1階のみの平屋のモール。日本のダイソーやヨックモックのお店もあり、世界一美しいと言われるドーム天井を持つスターバックスやGeantというフランス系の巨大スーパーマーケットもある。

f0142834_13261649.jpg























ここのGeantで、初めてヤクルトを発見。シネマとスーパーのGeantは、両端にあるので、端から端まで歩くと30分はかかり、足が痛くなるほどです。このモールの周りには、まだ砂漠が多く、中小のアパートが多数ありますがほとんどが出稼ぎ者用。お客層もドバイモール・エミレイツモールとは違い、アジア人・ロシア人・アフリカ人が多く、オバQ達は、あまりみかけません。入っている店舗も超高級のブランドのお店は、さすがに見当たらないです。

f0142834_13350890.jpg
















このモールに行く時は、家から近いので、どうしても観たかった見逃した映画を観に行ったり向かいにMovenpick Hotelがあるので、そこでお茶や食事をするぐらいで。

f0142834_13364951.jpg
by josek | 2015-07-12 13:38 | ショッピングモール | Trackback | Comments(0)

Trans Fat Free

きっかけは、オイル(油)を買おうとした時に見たラベルに表示されていた「Trans Fat Free」の文字。
「???・・・」
そう言えば、アメリカでトランス脂肪酸全廃に向け、厳しい規制が入ったというニュースを読んだところ。

トランス脂肪酸という言葉、それほど聞いた事がなかったけど、かなり健康には悪そうで、
どうして今まで放置してきたのか、使用する事を許可してきた事の方が不思議。
影響としては、肥満・免疫力の低下・動脈硬化・悪玉コレステロールの増加を招き、
心臓疾患・癌・アレルギーの誘発・原因となる・・・。
含有食物としては、マーガリン・ショートニング・調理油・冷凍食品・
お菓子(クッキー・ケーキ・ドーナッツ・チョコレート等々)インスタント食品、ファーストフード等々。
よく食べている物ばっかりで、驚きです。
マーガリンが市場に出回り始めた頃、「マーガリンは、バターより身体に良い~」と言われていましたが、
いまや、トランス脂肪酸を多く含むので、「食べるプラスチック」と言われているそうです。
なのに、日本ではまだ規制対象外。
理由は、外人に比べると日本人の食生活において、トランス脂肪酸の摂取量が少ないからだそうですが・・。
放置するのも如何なものかと思います。

食物のラベルに表示されている食品成分表を見ていると、種々様々で、何をどう信じていいのか?わかりません。
Sugar Free ; ダイエットの方向け Gluten Free・Nut's Free ; アレルギーの方向け 
Pure Oil・Pure Milkと言う事は、Pureでないものも存在するという事、一体何が含有されているのか?
牛乳、ヨーグルトやマーガリン、バターには、ビタミン強化の物が多く、
その人工的な強化の方が、不健康な気もします。

クッキー・ポテトチップ・シリアル等々には、
Cal,Fat,Saturate,Sugar,Salt(カロリー・脂質・飽和脂肪酸・砂糖・塩分)の5つの表示が一般的です。
しかしね~いくら表示されていても、買う物は買うし、買わない物は買わない。
ただの指標だけど、どう解釈したらいいものか?考えてしまいます。
健康法・食事法というのは、各人それぞれ。自分でしっかり基準を持っていれば、惑わされることもないはず。
「トランス脂肪酸が、身体に悪い~~」と言われていますが、
アルコール類・喫煙の常習の方が、よほど健康には悪く、トランス脂肪酸を目の敵にして・・・
これも一つの流行なのでしょうか?でも身体に悪いとなると、一時帰国した時に食べる、
ミスタードーナッツ・・・ちょっと考えてしまいます~~~!?

f0142834_09142823.jpg
by josek | 2015-07-07 09:23 | 日常 | Trackback | Comments(0)

こだわる.....

拘る・・・事は、あまりない人間だと思いますが、
強いて言えば、どの国に行っても、ビール&ハッピーアワーには拘る・・・。
結構情けない拘りですが、やっぱりこれだけは、外せないかな・・・。

『ハッピーアワー』と言っても、多種多様で、お店に依ります。

●ハッピーアワーの時間帯;
5:00-7:00. 6:00-9:00. 4:00-6:00 こちらのお休みは
金曜日なので、ハッピーアワーがあるお店でも、金曜日は除く・・という
曜日指定のハッピーアワーもある。
●ハッピーアワーの飲み物;
通常のドラフトビール、瓶ビールやワインのみ、銘柄指定のドラフトビールに
瓶ビール、特定のカクテルのみ等々、お店次第で、いろいろな組み合わせがある。
●ハッピーアワーの値段設定;
通常の半額、30%オフ、1buy 1get 等々
私が好きなハッピーアワーは、通常のドラフトビールが半額になるお店。
こういうお店は、なかなかありません。こちらの流行のハッピーアワーは、
ドラフトビールなら銘柄指定で1種類、瓶ビールも銘柄指定で2種類ほど。
値段は、30%オフ程度が普通。ワイン・カクテルの2種類限定等々。
(最近の為替レートで換算すると、ドラフトビール1杯1500円~1695円。)

#日本人シェフがいる有名な日本食レストラン;麒麟一番搾りとアサヒスーパードライが、
5:00~7:00のハッピーアワーでは、半額に!!!感動のハッピーアワーです。

先日友人がドバイに仕事でみえて、週末の夕食をご一緒に。
友人をお迎えに行く時は、早目に行って、ホテルのバーにご挨拶するのが、お決まりで。
5つ星ホテルほど立派なホテルではなく、ビジネスマンがワイワイといて賑やか。
バーを探してみると、地下に・・・かなり広いスペースのバーがあって驚き。
5時頃でしたが、外人さん達がワイワイいて、何事か~というほどの盛況。
ハッピーアワーがなんと、12:00-12:00。超納得。
ビールの種類が、かなり豊富で、すっかりお気に入り。

また別の日、やはり友人をお迎えに、今度は5つ星ホテル。
時間がなくてロビーバーで、とりあえず時間待ち。
メニューには、こちらで初めてお目見え・・・ベルギービール;Hoegaardenのドラフト。
このビールは、私にとって、ホーチミンで初めて飲んだ思い出のベルギービール。
少し白みがかったフルーティーでちょっぴりスパイシーさも感じるビール。
何より、このグラス。普通の女性なら、片手では持てないかも、デカイ!
感動の出会いでした。以降このHoegaardenのドラフトを別のバーでも発見。
残念ながら、このビールは、絶対にハッピーアワーで値下げはしてくれません。

ラマダン明けのハッピーアワーが待ち遠しいです!

#Hoegaarden@ドバイマリーナ
f0142834_02520276.jpg
by josek | 2015-07-05 13:00 | ビール | Trackback | Comments(0)

ラマダン・・まだまだ・・。

ラマダン・・・今日で、ちょうど半分の折り返し地点となりました・・まだまだ続きます。

気づいた事いろいろ・・。
平常よりラマダン中の方が、ショッピングモール内に響く
1日5回のお祈り(サラート)時の呼びかけアザーンの音量が、大きい気がします。
肉声で息遣いまで聞こえる様で、ノンモスリムの私達にとっては、荘厳な音楽の様です。
そのせいでしょうか、モスリムのお祈りに対しては、とてもリスペクトの気持ちがあります・・・。
このアザーンを聴く事、嫌いでない人が多いと思います・・・ショッピングモール内に響き渡るので、
拒否したくても強制的に聴かされますが。

f0142834_12170576.jpg















今年の大発見・・・昨年は気づきませんでしたが、ドバイで一番大きいショッピングモール;ドバイモールと
二番目に大きい;モールオブエミレイツ・・・共に、衝立に囲まれたフードコートが
平常通りオープンしており、その場でも食べる事ができます。
知人からその情報を聞きつけ、さっそく行ってみました。
中には開いてないお店もありましたが、衝立の向こう側は、
いつもと変わらず大勢の人達が、食事をしていました。
発見した時、随分得した気分になり、なんだか肩の力も抜けて、ほっとしました。
だってね、この国は、ノンモスリムの方が、大勢いるのですから。

先日、ホテルのカフェでお茶してきました。
ホテルですから、レストランは、普通にオープンしています。入り口には衝立があり、
完全に目隠し状態です。窓という窓すべて、一般人の目に触れないように
カーテンを引き、ブラインドを下ろし、その完璧なガードはお見事。
その閉塞感の中でのお茶。最初は、罪悪感がありましたが、ケーキを食べだしたら、
すっかり嬉しくなって、ラマダン中なのに~と逆に優越感。
やったぁ~という感じでした。極めて単純!

モール内の食べ物のお店は、日中はクローズですが、お持ち帰り専用でオープンしている
お店も中にはあります。そういうお店、とにかく食べ物を見せないように、大きな布で
ショーケースをカバーしています。何か規則でもあるのでしょうか?その完璧なカバーぶりに
逆に呆れます。それでも、デイツ(なつめやし)やローカルスイートのお店は、普通に
カバーもなく営業しているのです。多分、モスリム達が、イフタール(日没後に最初に食べる食事)の時に最初に口にするのが、デイツであり、またイフタールにお呼ばれした時に持って行く
手土産は、デイツやアラビックスイートが定番なせいではないかと思われます。

それにしても、不思議に思う事。
クローズしているカフェ。人気もなく、静かなはずですが・・・。
大体のお店は、オープンエアのカフェなので、椅子がいっぱい。
その椅子を綺麗に並べて、オープンスペースに人が立ち入らない様に、閉鎖しているのだけど。
なぜか、そういう椅子の壁を乗り越えて、カフェの中で、椅子に座って一人新聞を読んだり、PCをしたり、中には友人と共に話し込んだり・・・。薄暗いんですよ~。にもかかわらず・・・。
まあ静かに佇む事はできます。ラマダンならではの光景です。

#フードコート入り口にある衝立
f0142834_12172981.jpg

by josek | 2015-07-02 12:30 | UAE | Trackback | Comments(0)