ちょっと寄り道・・・。

mmetequila.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2015年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

卵かけごはん(卵ごはん)、生卵を食べなくなって、20数年。
日本ですき焼きを食べる時でも、生卵をつけなくても平気。
海外生活で、生卵を食べる事が出来るか出来ないかは、その国の発展度や衛生状態を
知る上において、一つの大きな目安。
私の滞在したアジアの国々では、あまり食べる事が出来ませんでした。
生水を飲んでも大丈夫か?生卵は食べて大丈夫か?これは、新しい国に赴任した時に、
最初に確認する大切な事。

新興国で生卵を食べてはいけない理由の一つは、衛生状態。
中身というより、殻にばい菌、雑菌が付着しており、殻を割る時に、中身にも菌が
混入するからとの事。
卵は購入後、必ず洗うのは、大切な作業でした。
もう一つは、やはり卵の成分そのものが危険との事。
鶏への安い飼料は、何が混入されているか不明で、生卵だけの問題ではなく、
食べる事そのものが、危険とも言われていました。
大量に、定期的に食べないように、気を付けていました。
しかし、2013年頃には、ベトナムですら、有機栽培のお店に行くと
有機農法の卵が入手可能で、日本食レストランでも直接購入できました。

こちらに来て、驚いたことは、卵の値段が高い事。一番安い卵で、1個35円。
日本の卵は安くて、よくスーパーの安売りの目玉商品だったりしますね。
こちらでは、1個100円以上の卵は普通です。
卵売り場は、結構広く多種多様な栄養価の高い卵があります。
メインは、オーガニックとオメガ3、ビタミン配合の卵です。
これって本当に安心安全なのでしょうか?ちょっと疑いたくなります。
日本でも栄養価の高い高級な卵、インターネット販売で入手可能との事。

これだけ、健康志向の卵であれば、間違いなく卵かけごはんにして、食べて大丈夫だと
確信しますが、それでももう食べる気にはなれません。不思議なものです。
日本には、卵かけごはんの『専門店』があるそうですね。一度行ってみたいです。

f0142834_13160804.jpg
by josek | 2015-06-30 15:04 | 日常

ラマダン中・・いろいろ

ラマダン中・・ならではの事がいろいろ。

飛行機の中の機内食・・・ラマダン中は、どうなるのでしょうか?
機内は、公共の場なのか?そうでないのか?あの密室の状態で、一体???
>機内食は、ラマダン中であっても、イスラム教徒以外は、普通に食事が出来る
そうです。イスラム教徒の人達には、その機内食・・・お持ち帰り用として
配られます。また、夕方の日没時間後の飲食は、許されるので、日没時刻に食事時間でなくても、
「Fasting;断食」をしているかの確認があり、モスリムの人達には、「水とデイツ」が配られるそうです。
「水とデイツ」は、断食後に最初に口にする代表的な食べ物。空腹の胃に優しいそうです。

ラマダンに備えて、たった4週間ではありますが・・・
ビール3カートンにワイン4本を買い込んでしまいました。
そんなに飲むわけではありませんが、無くなると心配だし、
何より、ハッピーアワーどころか、バーが20:00まですべてクローズ。
ラマダン中に元気がでない原因は、これが大きいと思われます(笑)。

ゴルフ場ですら、レストランもクローズで、ラウンドの後のビールは無し。
元気が出ません。ラマダン中だからと言う訳ではありませんが、こちらは
すでに真夏、連日気温は38度~42度。
ゴルフウエア(長袖・スラックス)&覆面で、ほとんど身体をカバーしていますが、
唯一太陽に晒される右手の甲・・(左手グローブなんで、両手にすれば良いのでしょうが・・)
顔よりも念入りに、右手の甲をメイクしていますが、効き目もなく、
今や片手だけ黒手袋状態。このままでは、恥ずかしくて日本に帰る事ができません。

日中のショッピングモールは、スーパーマーケット以外は、静かなものです。
営業していないオープンカフェでは、休憩場の様にみんな適当に座って話をしたり、
景色を眺め時間をつぶしていたり、極めて長閑なものです。
日没時;7時15分前になると、レストランでは、モスリムの人達が、
水や飲み物をオーダーして、椅子に座って、スタンバイしています。これも妙な光景で。
アラビックレストラン、特にラマダン中は、ビュッフェスタイルのディナーが多いのです。
失礼なので、じ~~っと見学していられませんが、ヨ~~イドンで、食べ始めるところ、
一度見なくっちゃと思っています。昨日は、日没の合図が、どこからか聞こえてきました。

f0142834_13280826.jpg
by josek | 2015-06-28 13:30 | 日常

お笑い

日本に帰ると、いつも、『吉本新喜劇』を観に行こう~!とか
天満天神『繁昌亭』に行こう~と思うのだけど、なかなか行けない。
日本に本帰国したら、友人を探して、定期的に行けたらいいなぁ~と思っています。

夜寝る時に小さなカセットテープレコーダーから流れる落語(上方)を聴き始めて20数年。
今時はDVDですが、桂米朝・枝雀の落語のカセットテープがいまだ20数本あり、毎晩楽しんでいます。
落語と言えば、学生時代に米朝と枝雀の独演会に1度ずつ行ったぐらいで、それほど興味が
あるわけではなかったのだけど。20数年も聴いていると、ファンというより、落語の話芸は、
まさに芸術だなぁ~と感動するばかり。夜の暗闇の中、それもベットの中で落語を
聴いているのですから、何の視覚効果もなく、耳から聴こえてくる噺から、イマジネーション・・・
噺の内容は、ほぼ暗記しており、笑う所もいつも同じところ。それでも笑ってしまう。
「クックック・・・」と・・・。考えてみると、そんな自分自身が不気味です。

漫才も好きです。最近は若手の漫才師さん達がいっぱいでもう誰が誰か?わかりませんが、
御大オール阪神・巨人や中川家はやっぱり凄いと思います。
最近は、漫才師として、お笑いとしてうれちゃうと、すぐにバラエティーのMCになっちゃって、
ちょっと残念。本業の漫才を忘れずに続けて欲しいな~と思います。

こちらでも、暇になったり、鬱々とするとユーチューブで、落語や漫才を観ます。
時々、大笑いすると、人間すっきりするもんで・・。ユーチューブ、本当に有難いです。
あのやすきよ漫才も観る事ができます。凄いです!

f0142834_12093314.jpg
by josek | 2015-06-27 12:12 | ブレイク

三日月と星

f0142834_03112594.jpg















6月18日から、イスラム教のラマダン(断食月)が始まって、1週間。
まだくさらず、元気に生活しています(笑)。

変わった事と言えば、公共の場での音楽が消えました・・・大きな音で音楽を聴いたり
してはいけないからです。プールは辛うじてオープンしていますが、寝そべるための
チェアーがなくなりました・・・人前で肌を見せない方が良いからです。
レストランは、日中はクローズ。ホテルのレストランは、オープンしていますが、
しっかり囲いをしており、決して中の様子が見えません。パンやケーキを売る
カフェは、囲いをしており、何を売っているのか全く見えません。フードコート等も
すべてクローズです。公共の場での飲食は禁止だからです。どの会社も断食をしている
モスリム用に、終業は午後の2時です。2時~3時頃には、スーパーに、サラリーマンが
溢れています。レストランがクローズなので、テークアウトの食べ物を買うためです。
ショッピングモールでお買い物をしていると、カフェでコーヒーも飲めない、
レストランもすべてクローズとなると、なぜか?コーヒーが飲みたくなって、
お腹もすいてきます。ダメと言われるとついつい・・・不思議です。


f0142834_03133623.jpg
















目につくのは、隣のマリーナモールも、モールオブエミレイツも、
ショッピングモールのメインエントランスのデコレーションは、三日月と星なんです。
どうしてなのか?気になって、ちょっと調べてみました。

イスラム教にとって、三日月は発展(進歩・未来)を意味し、星は知識(光)を意味する、
イスラム教の象徴なのです。砂漠の民にとって、太陽は、暑く厳しく照りつける脅威・敵であり、
月は優しい光で人々を導き、星が方角を示すと言われています。
国旗に三日月と星を使っているイスラム教の国は、たくさんあります。
(トルコ・パキスタン・ウズベキスタン・アゼルバイジャン・アルジェリア・チュニジア・マレーシア等々)
さらにそれらの国旗には、緑色が多用されています。緑色は、植物・生命の象徴であり、
またムハンマドのターバンの色が緑色であったからとも言われています。
そういえば、三日月がモスクに1つのデザインとして装飾されているのを見たことがありました。
『Ramadan Kareem!!!』

f0142834_03142623.jpg
by josek | 2015-06-25 03:21 | UAE

お出迎え

客人があり、ドバイ空港までお出迎え。24時間稼働しているドバイ空港。
いつも思うが、お出迎えで待っていると、あまりの賑やかさに深夜であっても
「一体今何時?」と、時間がわからなくなってしまう。

ドバイ国際空港は、近くにシャルジャ国際空港・アルマクトゥム国際空港がある。
エミレイツ航空のハブは、ドバイ国際空港(DXB)。ターミナルは1・2・3とあり、
ターミナル3が、エミレイツ航空(カンタスも)専用、ターミナル1が、他の
大手航空会社専用、滑走路を挟んでターミナル2は、主にCIS加盟国の航空会社が発着。
ターミナル2には、まだ行った事がないのだけど。

この日のお出迎えは、ターミナル1。客人のフライトが2時間遅れで、
フライト状況をPCで確認をしていたけれど、少し早目に空港に向かう。
いつもの様に、COSTAで珈琲を飲んで待っていた。
ラテアートの飛行機・・・こんなのあったっかな~?と。
1時50分AMランディングで、ゲートから出てきたのは、3時30分AM。
いつもながら、お出迎えは疲れます。でも客人の顔を見ると疲れも吹っ飛びましたが・・。

24時間稼働の空港だけあって、1時45分~2時AMの間に飛行機が8機到着。
2~3分おきに、ランディングしていた事になります。超ラッシュの模様。
客人曰く、ドバイ空港の上空で、何度も旋回して着陸を待っていたそうです。
なんだか怖いですね~。

ゲートで待っていると、到着した飛行機ごとに、人種が様々で・・。
同時期にランディングした航空会社が、パキスタンエアーだと、出稼ぎの人達が
わんさかでてきて、中国航空だと、お金持ちそうな中国人が大量に、ブリティッシュ航空だと、
金髪のイギリス人が・・。もちろん、いろいろな国の人も混じっています。
目を引いたのは、アフリカ人の到着が多かったです。
顔を見るだけでは国籍はわかりませんが、世界には、本当にいろいろな人種・民族がいるなぁ~としみじみ。

お出迎えに欠かせないのは、ホテルからのお迎えの人達。
紙やボードに迎える客の名前やフライトナンバーを書いて、お出迎え。
その紙やボード、今やタブレットの時代です。時代は変わりました。

f0142834_12391037.jpg
by josek | 2015-06-22 12:46 | 日常

グリーティングカード

隣のショッピングモールに全世界にあるであろうグリーティングカード関連の商品を扱う
「Hallmark」のお店がある。色々なグリーティングカードを手に取って眺めると、ちょっと心が和む気がする。
シーズン毎にどんどんカードが入れ替わり、1年の時間は、こうして流れていくんだなぁ~と実感する。
Ocassions,Holiday,Seasons等々いろいろなカテゴリーがあって、
カードに書かれている文章を読んでいくのが、今の1つの楽しみでもあり、良い時間つぶしともなっている。

Birthdayカードは、特に興味がある・・それなりに流行があって、今でも1年に数枚は
このカードを購入して、送っている。日本語ならちょっと恥ずかしい様な言葉でも、
英語なら、さらりと言えてしまう。今でも印象的な言葉は、子供のお誕生日を
祝うカードで、『~~ずっと愛しているからね。もちろんあなたが生まれる前からずっと』と。
これは女性ならでは、母親ならではの気持ち。生まれた後は、もちろん、
生まれる前の10か月間お腹に子供がいる間から、愛おしかったわけで、納得の購入でした。

年齢別のBirthdayカード、父・母・夫・妻・娘・息子・祖父・祖母・孫に甥・姪にまで。この
細分化されたカード。最近は、PC,携帯等々でのメッセージが普通のコミュニケーション
手段だから、カードを送る・・・という機会は、減ってきているはず。
それでも大切な人には、カードをおくりたいなぁ~と思う。
「元気です」という気持ちも込めて。

今メインで販売されているカードは、Graduaiton Card(卒業お祝い)・・・
海外の学校は、6月が年度末・・・とFather's day Card(父の日)。
今日は父の日。今年は、娘から「父の日」ギフトを預かっています。さてさて・・。

f0142834_02210450.jpg
by josek | 2015-06-21 02:24 | 日常

青歯王

4月末に日本からこちらに戻った時、部屋でちょこんと待っていてくれた
BOSE;Sound Link Mini Speaker。こちらでの音楽ライフが劇的に快適になりました。
愛用するiPadからの音は、タブレット・携帯等から聴こえる独特のシャカシャカ音でしたが
BOSEのスピーカーを通すと、低音部も高音部もクリアに聴こえて、ちょっと感動もの。
今までの音楽が、より素敵に聴こえてきて、好きな音楽をちょっと惚れ直してしまったほど。

Bluetoothなので、キッチン・勉強机のそばや寝室に置いたりし、とても便利。
Bluetoothとは、デジタル機器用の近距離無線通信規格の1つ。
『ノルウェーとデンマークを交渉により、異なる種族間を無血統合させた10世紀に即位した
デンマーク国王ハーラル・ブロタン(Harald Blatand【Blatandを英語音訳すると
Bluetoothとなり「青歯王」という異名を持つ】)に因んで、開発したエリクソン社の技術者が、
”多数存在する無線通信規格を統一したい”という想いを込めて、
北欧の英雄 ブロタン王の名に因み、命名』ロゴは、頭文字H・Bを北欧文字で
組み合わせたもの・・リボンの様で、あちこちで見かけます。

こう便利になると、残すところ音楽が聴けないのは、バスルームのみ。
BOSE君をバスルームのそばまで持って行って、音楽を聴いていますが、いまいち。
湿気や水分は、さすがに良くないだろうな~と思って・・・。
『UE BOOM』・・・あるもんですね~防水用スピーカーを発見。
日本に帰ったら買おうかな~。

#レバノンのビール
f0142834_14055740.jpg


by josek | 2015-06-17 14:13 | 日常

See you again

『Survivor』;
「007」のピアース・ブロスナンと「バイオハザード」のミラ・ジョボビッチ主演。
濡れ衣を着せられたミラと彼女を狙うブロスナン。
ミラが、濡れ衣を晴らし、大規模なテロを防ぐために戦うアクションスリラー。
息つく暇なく観終わった立派な娯楽映画。
悪い役も妙に似合うブロスナン・・・怖かった~~!

『Fast & Furious 7 ワイルドスピード SKY MISSION』シリーズ7作目。
ヴィン・ディーゼルとポール・ウォーカー主演のカーアクション。
この映画のクランクアップ前にポール・ウォーカーが、
交通事故で亡くなっており、彼の弟2人が、いくつかのシーンで
代役をつとめたそうです。

最後のシーン、ヴィンとポールの車2台が並び、同時に走り出し、
やがて二人の道が分かれ、別々の道を歩んでいくというところで、エンディング。
私はてっきり、彼が次作に出演しないのだ~とばっかり思っていました。
まさか、亡くなっていたとは知りませんでした。

そのシーンに流れていた歌 「See you again」; Wiz Khalifa ft.Charlie Puth
最近MTVでよく見かけて、良い曲だなぁ~と。6月12日の時点で
全米シングルチャート8週連続1位だそうです。歌っているCharlieの声は、
サム・スミスに似た泣きを感じる声で、ジ~~ンときます。
この曲は、亡くなったPaulを思って作られたそうで、映画も最後に
「For Paul」とあります。また好きな曲が1曲・・・。

by josek | 2015-06-15 02:37 | 映画

諸々と…

MERS : Middle East Respiratory Syndromeが、韓国で大流行するなんて
予想もしていませんでした。こちらに来た2013年末から、MERSの事は、実は
気がかりでした。しかし、その頃エボラ熱が大流行となり、それほどフォーカスもされず。
しかし、今頃韓国で大流行なら、日本人の感染者も間もなく現れてもおかしくないかもです。

サウジアラビアが、イエメンの首都・ユネスコ世界遺産のサヌア旧市街を空爆。
サウジだけでなく、湾岸5か国の空爆なので、間違いなくUAEも含まれているはず。
こちらは、『スンニ派とシーア派」の戦い、ハディ大統領と反体制派の戦い。
反体制派、シーア派にイランが加担する事を恐れての、空爆だそうですが・・・。
先日、サウジで私が知っている限りでは、初のテロがあり、UAEもそろそろではないか?と。
中東諸国もきな臭くなって来た様な・・。中東の中でUAEは、イスラム教的には一番いい加減な国
(お酒・豚肉OK、女性はカバー無しだし)なので、狙い目としては、世界一のバルジュ・カリファ
をドカンといくと、かなりのインパクトあり~ともっぱらの噂です。

2009年のドバイショック前には、世界のタワークレーンの3分の1が、
ドバイに集結していると言われてましたが、今はどうなんでしょうか?
2020年のドバイEXPOを目指して、街中は凄い建設ラッシュです。
見渡す限り、夥しいタワークレーンがあちらこちらに・・・。
また世界の何分の一かの、タワークレーンが集結していると思いますが…

気が付けば、あと5日でラマダンが始まります。
街中には、「Ramadan Kareem」という看板が至る所に。
昨年のラマダンは、4週間のうち始まって2週間で、完全に腐ってしまった私。
今年のラマダンの乗り切り方・・・いろいろと工夫をしなくてはと画策中。
今年は、朝のうちに、プールで泳いでへとへとになって、日中を過ごそうかと
考えています。泳ぐ事は好きですが、40度の炎天下で泳ぐのは、ちょっと・・・。

f0142834_1803564.jpg
by josek | 2015-06-13 18:02 | 日常

サプリメント

サプリメントを飲み始めて、かれこれ10数年・・もっとかも。
栄養補助食品だから、そんなに効き目は期待はしていませんが、
おまじないの様に、毎朝飲み続けています。
極めてシンプルなビタミンB・C・カルシウム、コンドロイチン等々です。
1粒でトマト数十個分のビタミンCとか、1粒でしじみ数百個のオルニチンとか・・
そういうマニアックなサプリは、飲んでいません。

日本に行くと、必ず日本のサプリメントを購入します。種類が多くて
見ているだけでも、結構楽しめます。全部飲むと、本当に健康になるのかな?等々
いろいろと考えながら・・・。
サプリは、「はまる~」と言われますが、その気持ち、なんとなく、わかります。
最近は、サプリメントのメーカーも増えて、興味深いです。

日本のサプリは、1粒の錠剤が小さく、1日の摂取量は、8錠~12錠が目安・・・とあるのが一般的。
海外のサプリ、私がこちらで飲むサプリは、アメリカ製が多いのですが、
それは、1日1錠設定で、1錠が2センチほどあって、とにかく大きい。
サプリの容器の外側に、錠剤の実物大の大きさが、印刷されています。
大きいので、お年寄りでは飲みこめない人もいるかもです。
きっと小粒のサプリもあると思いますが・・・。

こちらでは、至る所にサプリ&プロテイン専門ショップ(アメリカ製が多い)があります。
日本ではサプリの売り場は、ドラッグストアやスポーツ・化粧品売り場の一部にあったりと、
まだあまりサプリ専門店は見たことがありません。
日本では、サプリメントはあくまでも、栄養補助食品という概念で、
基本は食品から栄養を摂取しましょうというスタンス。
そこが海外、特にサプリメント先進国のアメリカと大きく違うのでしょうね。
アメリカは、予防医療の観点から、サプリを摂取する事に積極的です。
高額な医療費のため、自分の健康は、自分で守るという意識が高いせいです。
将来的にきっと日本も、そういう動きになっていく事でしょう。
今でもそうですが、サプリの効能を読んでいると、楽しくて、感心する事しきり。
どのサプリも一瞬ですが、飲みたいな~飲んでみたいな~と思ってしまいます。

f0142834_12414201.jpg
by josek | 2015-06-02 12:49 | 日常