<   2015年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

お花

昨夜7時ごろ、レセプションから「デリバリー」があるから~と電話。
何のあてもないので、「一体?何かな?」と思って、レセプションに行くと・・・

f0142834_12435515.jpg
















日本のように送付票もなく、ただ花束だけ。
幸いにもメッセージカードがついており、見てみると、差出人の名前がない。
でも「KASAN~~~~ARIGATOU!!!!!」となっていたので、
間違えなく、日本人であり、私の子供・・そして、
エクスクラメーションをたくさん使うのは、~~で、思い当たり・・・。
昨日は「母の日」でした。さっそく電話してみると・・・。

訊くと、UAE,ドバイのフラワーデリバリー、オンラインサイトはとても充実しており
どれにしていいのか?わからないほどいっぱいあったそうです。
私も日本のオンラインで、お花を友人にプレゼントしますが、
花束か鉢植えものが主流で,
それに最近は、スイートが付いたりして、充実していますが。
このドバイのオンラインサイトは、さらにお花を指定できるそうで
カーネーション、ガーベラ、バラ等々、何本入れて~予算はいくらで~と。
とても自由に選べるそうです。
私もさっそく、オンラインサイトを覗いてみると、凄かったです。
UAEらしく、派手に豪華に超高額で~~驚きました。

考えてみると、私は一度も海外にお花を送ったことがなく
発想が貧困だったせいです。海外にお花を送るなら、日本から~~といつも
考えており、送料が高いし~無駄だ~と思っていたのですが・・・。
今回の様に、ドバイに住んでいるのだから、ドバイのサイトでお花を送れば
いわゆる国内配達・市内発送というわけで、あとはインターネット決済。
簡単になりました。言葉さえわかれば、どの国でも、(但し先進国でないと
安心できませんが~)お花のデリバリーは可能なわけです。
納得!!世界は、本当に狭くなりました。

f0142834_12535898.jpg
by josek | 2015-05-11 12:44 | 日常 | Trackback | Comments(0)

「パルクール」

日本で観た映画;
『ナイトミュージアム エジプト王の秘密』
主役のベン・スティラーが観たかった…
『ソロモンの偽証 前・後篇』
超話題作で、長編の原作を読むのがめんどうだったから。
『セッション』
上質のジャズが聴けるかな~と思ってましたが。
なんと言ってもJ.K.シモンズの演技に圧倒されて、
アカデミー賞助演男優賞受賞も納得。
音楽って、こうやって学ぶのかな?という素朴な疑問もあり。

帰って来てから;
『Tracers』
主役のテイラー・ロートナー、彼の若さでの高額のギャラは有名。
なんといっても、『Tracers』の「パルクール」に圧倒されました。
この映画を観るまでは、「パルクール」の存在すら知らず・・・。

「パルクール」というのは、フランス発の運動方法で、どんな地形でも
自由に動く肉体と困難・障害を乗り越える精神の獲得のためのもので
要は、どんな所でも身体一つで、跳びはね乗り越えていくもの。
日本風にいうと、忍者みたいなもの・・・興味のある方は
ユーチューブでどうぞ・・・なかなか驚きますよ。

『Avengers Age of Ultoron』
この映画に出演していた博士/ハルク役のマーク・ラファロ。
昨年、私が最も好きだった映画「Begin Again」を観て以来のファン。
まさか、この映画で博士/ハルク役とは・・.
『Avengers~』は、初めて観たので、その流れがあまりわかりませんでしたが、
いろんなキャラクターがでてくるので、それなりに面白かったです。
by josek | 2015-05-09 13:59 | 映画 | Trackback | Comments(0)

トラブル・・

帰ってきてから、何かとトラブル続きで・・・。
トラブルと言っても、それほど重大にはなってはいませんが今のところ。

今も実は、朝の4時ごろからバスルームに雨が降っているほどの
水漏れで、6時になってから、ハウスキーピングに電話。
やっと作業の人が入ってくれています。
今日は金曜日で、モスリムの人達にとっては、大切な金曜礼拝の朝。
出稼ぎの人の中にもモスリムの人達はたくさんいるので、気を使います。
果たして修理に来てくれるのかな?と思ったら、意外にもすぐに来てくれて
今作業中です。

一昨日は、ゴルフクラブの私のアカウントに意味不明の30万円が
のっかっており・・・(汗)こちらでトラブルが起きると、なかなか
事がスムーズにすすまない。証拠の品を持ち・・・(ステイトメントを
プリントアウトして)、まずはレセプションに行ってお話・・それから
その証拠の品を持って、彼らが事務所に訊きに言ってくれて、その後
私も直接アカウンタント(会計士)とお話をして・・。結局濡れ衣は
晴れました・・。「全然問題ない・・」と。

昨日は、アパートから、レジデンス宛てに英語とアラビックで、
「部屋の又貸しをするな~~」と。はぁ~?です。
まあ宛名がなかったので、全アパートに出しているレターであろうと
推察できましたが、こちらではレターをしっかり読んでいないと、
読み忘れ、見落としは、個人の責任なので、しっかり読まないといけません。
レターを読み進めると、かなり厳しい文面で「最後の警告」とか
「裁判所に訴えます」という言葉もあり、なんだか、怖くなって。
レセプションの仲良しのインド人のお姉ちゃんをつかまえて訊くと~
「あれはね~あなた達は、関係ないから、問題ない~」と。
じゃ~~「手紙を入れるなよな~」ほんとにびっくりします。

こちらで、共通して言えるのは、私達が接する従業員達は、みんな
出稼ぎ労働者。誰もそれほど問題を深刻に考えていないせいもあり、
動きが緩慢。困ったことが起きて、相談したり、知らせると
「僕たちの仕事を増やさないでくれ~」という気持ちがありありと・・
感じられます。少しでも余分な仕事はしたくないという事でしょうね。
ベトナムと比べると、こちらでは、いわゆるサービス精神というものが
欠如しているような気もします。その点で、こちらでの生活が
いまひとつしっくり快適・・・と言えない所以かもしれません。

久しぶりのアパートのプールバーでのビール。
お兄ちゃん、運んで来てくれたのは良いけど、もう泡がなくなってるな~と
思ったら、テーブルの上にサーブする瞬間にぶつかって・・・。
私のカメラにビールをかけて・・・もう本当に、文句は言いません。
わざとでないから、仕方ありません・・・。

f0142834_11502680.jpg
by josek | 2015-05-08 11:53 | 日常 | Trackback | Comments(0)

映画

私のアパートの隣には、ショッピングセンターがありその最上階に
映画館があり、極めて便利です。小さなシネマコンプレックスですが
常時6~8種類の映画が上映されています。ドバイモール等の大きな
映画館は、常時20前後の映画が上映されています。

最近ようやくわかったのですが、こちらの映画のチケットは3種類あります。
Normal; 35AED 約1050円
Premier; 55AED 約1650円
Platinum; 120AED 約3600円 

私の行くREEL CINEMA DUBAI MARINA MALLは、Plemier専用の映画館で
そうとは知らず、シートも豪華で、ブランケットも貸し出しがあり、
飲み物は席までデリバーしてくれて、UAEの映画館は、豪華だなぁ~と思ってました。
ある日、Ibun BatuutaにあるNOVO CINEMAに行くと、チケット代が35AEDと安い。
どうしてなのかな~と?思い、調べてみて、初めて値段の違いがわかりました。
このNOVO CINEMAは、日本の映画館と同じです。

日本でもそうですが、最近はWEB予約、スマホ予約が普通で、
事前に観ようと思う映画の予約状況がわかります。
先日何気なく、その一番豪華であろう~Platinumの予約状況を検索すると
なんと~ほとんどが満席、フルブッキングの状態でした。
Normalの席は、ほとんど予約が入っていない映画なのに・・・不思議で!
Platinumのシートは、大きな映画館にわずか数部屋あるのみですが・・。

一体、Platinumのチケットのアドバンテージは何なのか?調べてみると、
映画が始まるまでに待機するVIPルームもある。大きな違いは、シートが超豪華。
ロールスロイス並のリクライニングシートで、足置きもあるらしいです。
確かに写真で見ると、革張りの私なら、寝ちゃいそうな、ゴージャスなシート。
もちろん食べ物、飲み物はデリバリーしてくれて、各席にテーブルが
付いているとの事。部屋もそれほど大きくなく、プライベートシアターの様です。
120AEDなんて、アラブのお金持ちにしたら、
何という事もないから・・・。きっとこのPlatinumシートは、
アラビックの人でいっぱいなんでしょうね。
一度、行ってみようと思っています。

f0142834_13254967.jpg
by josek | 2015-05-06 13:26 | UAE | Trackback | Comments(0)

タクシー

こちらのタクシーは、初乗りが5~5,5DHS(150~165円)ほどなので
日本に比べると非常に安い。(これでも2014年より値上げしています。)
運転手さんは、ほとんど出稼ぎのパキスタン・インド人が多く、
優しく親切です。アジアのように、ぼられることもなく
メーター通りで安心安全です。今までにあまり嫌な思いをした事が
ありません。たまに、道を知らない運転手さんにあたりますが、
彼らは、すぐに電話で運転手仲間に問い合わせ、なんとか目的地に
到着させてくれます。

タクシーの色は、ボディがベージュ色で、屋根の部分の色が
赤・黄・青・緑と微妙に色分けされています。
噂では、運転手さんの経験・力量で、分けられているともいわれます。
赤が政府系の会社の一番クオリティの良いタクシーであるようです。
運転手さんは、出稼ぎ労働者なので、悪い事をするとすぐにビザを切られ
強制送還となります。たまに、政府関係者がタクシー運転手を
試すために、わざと車内に忘れ物をして、何時間以内に届けるか?という
事もするそうです。

タクシーには、イスラムの国らしく、ピンクタクシーと言われる
女性専用のタクシーもあります。屋根の部分がピンク色に色分けされています。
モスリムの女性が、車内で運転手の男性と二人きりになるのを嫌うために
できたそうです。男性だけでの乗車は不可で、グループ内に
女性がいると、男性も乗車が可能だそうです。ピンクタクシーは、
流しのタクシーではなく、エアポートでしか見かけることができません。
先日、初めて乗ってみました。運転手さんの女性は、インド人でした。
小柄な女性で、私のホテルの名前を訊いても場所がわからず、そばに
いるアドバイザーに訊いて、ようやくわかり、ちょっと不安でしたが、
しかし運転を始めると、何の躊躇もなく、ぶっ飛ばしてくれて
さすがプロの運転手さんだ~と感心しました。

こちらのタクシーの難点は、支払いがキャッシュである事です。
こちらはどんな少額の支払いでもすべてカード払いが可能なのに
タクシーだけが、まだ不可能です。これは極めて不便で、
私はタクシー支払いのために、現金を持ち歩いているようなものです。
また昼間はタクシーが山ほど空車待ちをしているのですが、
特に週末の夕方~夜には、タクシーを捕まえることが極めて難しいです。
仕方なく、ホテルに備え付けの割高のリムジンに何度乗った事か・・・。

また世界に広がっているタクシー配車アプリサービスのUberは、
ドバイでも人気で、何度かお友達に乗せてもらい、非常に便利なので
そろそろ登録した方が、週末のおでかけには、便利だな~と思っています。

f0142834_4355376.jpg
by josek | 2015-05-04 04:37 | UAE | Trackback | Comments(0)