ちょっと寄り道・・・。

mmetequila.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2015年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

熱波

遂に熱波の季節となっています。
毎日40度超えの日々で、さすがにうんざりです。
日中は、窓から外を見渡しても、誰も外を歩いている人はいません。
昨年こちらに来た当初は、「クーラーが寒くて~」と不平を言ってましたが
ドバイ人になってしまった様で、今ではうちの室内もキンキンに冷えています。

ゴルフ場では、遂に「水をかぶりながら・・の季節」となってきました。
まだ水はかぶっていませんが、濡れタオルの水を全身に浸して
ウエアを濡らした、湿らせた状態でプレイしています。
そうすると、少し暑さがましになる気がします・・水分はすぐに蒸発して
ウエアは、すぐ乾燥してしまいますが・・・
今のところのは、その繰り返しで、大丈夫です。

ショッピングセンターの屋外駐車場から、店内までのほんの数十メートルほど
を歩くと・・・そのアスファルトからの尋常でない照り返し・・・
熱波が足元から襲ってきます。
一瞬で気持ち悪くなりそうです。半袖のTシャツを着ていると、
その腕の露出部分に日差しが、じりじりと食い込みそうなくらいに照り付けます。
アラブの人達が、あの布で全身を覆っている意味がわかります。
本当に暑いと、身体を露出するより、布でカバーした方が暑さを凌げると言う事
を実感します。
6月18日からは、1か月のラマダン(断食月)が始まります。
憂鬱な気分との戦いは、間もなくです。

f0142834_12142156.jpg
by josek | 2015-05-31 12:21 | 日常

お茶

お茶のお話・・・。
先日、日本でインド帰りの友人に頂いたダージリンティー。
「ファーストフラッシュ(春摘み)とセカンドフラッシュ(夏摘み)を
飲み比べてみてください~」と。
まずお紅茶にファーストフラッシュとセカンドフラッシュがあるなんて、
知らなかった。飲む比べてみると、ファーストフラッシュは、
視覚的には緑の葉も混じっていて茶葉が小さくて、まだ開いていないものもあり、
淹れてみると、驚くほど淡いオレンジ色で美しいし、爽やかな香りがして、
少し独特の苦みもある様な。
セカンドフラッシュは、茶葉も大きく茶色で、淹れてみると、いわゆる
今までのダージリンティーらしい香りに濃いオレンジ色。
このセカンドフラッシュは、苦みというか渋みがなくて、のど越しがすっきりで、
シンプルに美味しい!本当に美味しい~すっかりお気に入りとなりました。

このダージリンティーを飲み始めて、完全にお紅茶のイメージが変わった
気がします。お紅茶と言えば、ミルクにお砂糖・・。濃い目に淹れて
甘いロイヤルミルクティーを作ったり、色々なフレーバーティーを
楽しんだり・・というイメージでしたが、正統派のダージリンティーを飲んで、
完全に緑茶の範疇・・・毎日飲んでいたい・・お茶となりました。

お茶と言えば、好きだったのは、ベトナムのタイグエンのお茶。
ベトナムというと、蓮茶やジャスミンティーと思われがちですが、
ベトナム人がこよなく愛するのは、このタイグエンの高級茶。
そして、台湾の高山茶。友人に時々いただいていたお茶。薄緑色で、
ほんのり甘さを感じるお茶でした。

日本から持ち帰る緑茶は貴重品で、大切に飲んでいます。
今回は、緑茶に玄米茶も持ち帰っており、時々楽しんでいます。
お茶を飲む習慣というのは、何なのでしょうか?
やっぱり、リラックス効果でしょうかね~。自分でも時々不思議に思います。
水でもいいのに、どうしていつもお茶を飲んでいるのでしょうか?
f0142834_13102721.jpg
by josek | 2015-05-28 13:19 | 日常

高いなぁ~!

高いなぁ~と思う物;「ドバイの物価は、東京より高いです~!」と
言ってはいるものの、じゃ~何が高いの?と訊かれると・・・。
トータルの生活費が高いなぁ~と感じるくらいで、カード払いをしているせいか
具体的に何が高いかぁ~ちょっと実感がなくて、スーパーでお買い物の時に、
ちょっと値札に目を凝らして見た・・もう1年と数か月も経つのに、今更ですが。

野菜・果物は、ほとんどが輸入品。生産国表示があり、とても興味深い。
大体がヨーロッパ(フランス・スペイン・オランダ・ポルトガル等々)からの
輸入品、フルーツは、アジア・南米;ブラジル・コロンビア・ペルー等
ニュージーランド、南アフリカからも多くのフルーツが輸入されており、
間違いなく値段が高いのは、飛行機代です。輸入品ばかりのせいか、
その品揃えは、素晴らしい。
そのわりに、オーガニックがまだまだ少数派なのが、不思議です。
多分あと5年ほどで、さらに値段が上がり、オーガニックが大勢を占める事でしょう。

それと、イスラム教の国だけあって、彼らに必要がないお酒と豚肉は、高い。
ビール、ワインは、最近円安もあるので、1杯1600円~。豚肉は、ただの
ミンチですら、100グラム300円・・・。これって、高いですよね。日本だと
豚肉は、もっと安かった気がします。塊のお肉になると、もっともっと高くて。
ミンチを買う時いつも500グラムで1500~1600円はするので、これって高いかも
と思い続けておりました。

そして身近なYシャツのクリーニング。日本だと100円~120円ほどで
朝預ければ、夜には仕上がっているワンデーサービスもあり、さすが日本です。
こちらは、Yシャツ1枚なんと、21AEDおよそ670円。高いです。まとめて
クリーニングにだすと、高くてびっくりします。これも先日まで気づかなかった。
おまけに出来上がりは、常に3日後です。ローカルエリアに行くと、まだ安い
お店もあるそうですが・・・。

極めつけは、アパート代、家賃。これは今まで私が赴任した国の中では
一番高いです。まあ、アジアと比べるせいかもしれませんが・・。
そんなこんなで、諭吉さんは、どんどんいなくなります。日本に帰ると
物価が安いので、ほっとします~。

f0142834_15275276.jpg











by josek | 2015-05-26 15:35 | 日常

キャベツ

こちらで手に入るキャベツはいろいろ、でも限られている。
先日、日本に帰った時に食べた春キャベツは、本当に美味しかった~。
キャベツの形状が細長く巻いているとんがりぼうキャベツ・ちりめんの様に
しわしわの葉っぱのサボイキャベツ・そして私が買うホワイトキャベツ(グリーンキャベツ)。たまにローカルのスーパーに行くと日本の様なキャベツそれも特大のものが手に入ることもあります。キャベツを買うたびに、日本のキャベツは、いいなぁ~と思います。

いつも買うホワイトキャベツは、1枚1枚の葉っぱがひじょうに肉厚でかたい。そして、がっちり巻いているので、半分に切り分けるのも大変、とにかく包丁が跳ね返される感じで、かたい。お好み焼きを作るにしても、キャベツを千切りなんてしてたら、食べる時に、ガリガリと音が聞こえそうなほどに、焼けて火が通っていてもまだかたい。お好み焼きにする時は、時間をかけて、とにかくみじん切りにする~~これは本当に手間・・・!でも食べると美味しいので、我慢して刻み続けます。

問題は、ロールキャベツ。キャベツの葉が分厚くて、かたいので、到底1枚ずつなんて、はがせない。こちらに来てから考えたのが、お肉とキャベツを別々にして、ロールしてないロールキャベツ。お肉は肉団子にして、キャベツは少し大きめのざく切りにしてと。まあ~これはこれで、大丈夫。合わせて食べれば、大筋ではロールキャベツの様なもの(笑)。ロールキャベツの味付けは、トマト味。オリジナルは、コンソメ味ですが、私は少しトマトの酸味があるのが好きで。ホワイトソース味は、まだ作ったことがありません。
今夜は、ロールしてないロールキャベツです。

f0142834_13093719.jpg
by josek | 2015-05-24 13:12 | 日常

監視

監視カメラが、あっちこっちにある。
まず気になるのは、うちのアパート。部屋の前の廊下には
ほぼ5~8mおきに、カメラが設置されている。
何をそんなに警戒しているのか?不明。
地下のエントランスは、レジデンス用のセキュリティーカードがないと
まず扉が開かない。そこにはカメラが2~3mおきに設置されている。
リフト(エレベーター)は、もちろんレジデンス用のセキュリティーカード
がないと行先のフロアーのボタンも押せない。もちろんエレベーターの中にも
カメラはある。まあこれは当然。

監視されているかも~と思うのは、ホテルサイドから電話がある時。
外出先から帰宅して、1分ほどでいつも電話が入る。間違いなく
誰かがカメラで私の帰宅を確認したんだろうな~という感じにね。

カールフルの様なスーパーマーケットでは、入り口で、セキュリティー上
大きな荷物は預けたり、シーリングされたりと万引き防止策が徹底されています。
電気量販店では、そういうセキュリティーポイントはもちろんありますが
さらに、商品を買い、お店を出る時に、今度は買った商品とレシートの
照合があり、ハンコをもらい、やっとお店から出ることができます。
厳重すぎるのではないか?と思うほどです。先日そのお店の入り口にいる
セキュリティーのお兄さん、一人は、セキュリティーチェックをしており
もう一人は、簡易な衝立の向こうの小さな椅子に座っているのを発見。何を
しているのかとちょっと通りすがりに覗き込むと、衝立の裏には
12台のテレビが監視カメラの映像を映し出しており、お兄さんはそこで
店中を見張っていたわけです。はぁ~~。

私が今のところ発見しているのは、映画館のチケット売り場や日本でいえば
靴修理・合鍵を作るミスターミニットの様なお店に監視カメラがあります。
これはお客様用ではなく、従業員を監視するためのカメラ。そうなんです、
こちらでは従業員も見張られているわけです。そのカメラの台数が半端でなく
多い。なんだかね~みんなみ~~んな見張られています。日本もそうでしょうか?

f0142834_12160230.jpg
by josek | 2015-05-22 12:20 | UAE

読む…

久しぶりに『週刊文春』を読んだ・・それも舐めるように(笑)丁寧に。
学生時代に友人が、nonno anan moreを読んでいる頃、私はいつも
週刊文春を読んでいた。それから、結婚して海外赴任をしても取り寄せて
読み続けていたが、ある時からパタリと読まなくなった。理由は忘れたけど
多分マンネリを感じて飽きたからだったような・・。以来、日本に一時帰国して
時々は買っていたけど、もう以前ほど興味もなく、タイトル読むぐらいで十分と。
先日久しぶりに手にして、広告・写真も含めて熟読。
(但し連載小説は読まない、作者だけ確認をして。本になる日を待ちます~。)

驚いたのは、日本語の雑誌なのにわからない言葉がいっぱい。これは大問題。
週刊誌を読みながら、今の流行の言葉や意味がわからない言葉があるのは、
浦島太郎になってしまっているのと、さらにWEB・IT用語の知識不足は間違いない。
「ゲスの極み乙女」ご存じですか?;音楽バンドの名前・・・何これ?
タブレット片手に雑誌を読む自分自身が結構情けないです。

クドカンさんの連載エッセイ「いまなんつった~」が興味を引いた。
エッセイでは、芝居のオーディションに来る若者たちの言葉使い「させて頂いて~」の連発・・
言葉遣いが丁寧すぎる若者が多いとの事・・。確かに!
私も気になる言葉がある。「本当ですか~!!」の連発。
実は少し前から、この言葉には結構「イラッ」としていて、
ついつい「嘘は言わないから~」と返しそうになるくらいで・・・。
一つの流行なんだろうな~と思っていますが・・。

気が付けば、最近すっかり電子書籍にはご無沙汰です。せっせせっせと
本屋さんで、本を購入。ベッドサイドには、すでにに20冊余りの本が
積み上がっています。こうやって電子書籍から離れて行ってしまったのですね。
でも文春の電子書籍版があれば、定期購読もいいなぁ~と思ったけど、ない。
うまくいかないもので・・・。日本で購入した本は、もったいなくて、
こちらに帰ってきてもなかなか読めない・・少し寝かせておき、寝る前に
未読の本はなんだっけ~~なんて、タイトルや著者を確認するのも、
ちょっとした楽しみです。未読の本は福井晴敏さんの「川の深さは」と
鏑木蓮さんの「白砂」う~~~ん楽しみです。

f0142834_12304768.jpg
by josek | 2015-05-20 12:38 | ブレイク

祝日

5月16日は、イスラム教の祝日でお休みでした。
イスラム教の祝日の場合、「何の祝日なのか?」を知る事は
不思議となかなか難しい事です。誰も知らないから・・・。
こういう時は、ローカルの新聞を是非買わなくちゃ~と思いつつ
今回は忘れてしまって・・・。

『預言者ムハンマド(モホメッド)の昇天祭』だったそうです。
”Isura(Night Journey) and Miraj(Ascention)"の祝日。
Isura; ムハンマドがまだイスラム教を確立できず、苦境の時に
ある日、メッカからエルサレムに高速トリップ;ワープをしたそうな。
Miraj;その後そこから昇天し、神に出会い、1日に50回祈れと言われ
モーゼの進言により回数を、40回から5回に減らしてもらい、今に至る。
1日5回のイスラム教徒達のお祈りの起源は、ここにあるそうな~。
う~~ん、あまりはっきりとしませんが、要約するとこんな感じで。
関係のない私達は、とりあえず翌17日が代休となり3連休でした。

UAEで不思議に思う事は、イスラム教の祝日の場合、誰も何も知らず
とりあえず、学校も会社もお休みらしいわ~~という極めてあやふやなもの。
来月間もなく始まるラマダンは、全世界のイスラム教としては、
始まる日が決まってはいますが、最終的には、お月様の形で~~という事と
なり、直前まで、ラマダンが明日か明後日か?始まる日すら、わかりません。
なんかね~お月様次第ですから、より自然神に近いもの・・という気も
しますが、このなんとも言えず、すっきりしないせいか、どうも申し訳ないの
ですが、イスラム教にいまひとつ興味がもてません。
何より、イスラム教の祝日の場合は、ライセンスを持っているレストラン・
ホテルですら、禁酒となり、その日は一切アルコールが提供されません。
本当に迷惑な話なんです。

f0142834_22023714.jpg

More
by josek | 2015-05-19 22:05 | UAE

ジェットマン

13日(水)、ジェットマンと異名をもつスイス人のスカイダイバーが、
フランス人のダイバーと共に、ジェットパックを使い、ドバイ上空を
編隊飛行をしたというヤフーニュースを見てびっくり。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150513-00000048-jij_afp-int
このニュース、写真が6枚あるのですが、まさにうちのアパートのそば。
家にいたら、きっとこの編隊飛行、見ることができたかも・・残念!!!

ドバイマリーナには、スカイダイバーの基地・ランディング地点があり
それが我が家のすぐ近く。週末になると、空からパラパラとスカイダイビングの
パラシュートが降ってきます。ダイバー達は、そのランディングポイントを
目指して空から降りてくるのです。
もしかしたら、ジェットマン達もそのランディングポイントに降り立ったのかも。
本当に残念な事をしました~。
(#写真がランディングポイント)
f0142834_20221915.jpg













今日、千葉で決勝が行われている「空のF1」エアレースは、2月にUAEの首都
アブダビで行われました。唯一のアジア人室屋さん、結果はどうだったでしょうか?
最近何かとUAE,ドバイが話題にのぼります。

もう一つ、今日のヤフーニュースでは、私のお気に入り、ヨックモックの
シガールが世界一美味しい・・・ドバイで大人気というニュースを発見。
確かに、あっちこっちにヨックモックのお店ができており、
最初にお店を発見した感動は、すっかりなくなりました。
驚くのは、何と言ってもアラビックの大人買い。
ちまちまと一箱なんて、彼らは買ったりしません。
アラビック風な大きなプレートに大量に並べて、ゴージャスなギフトに。
そうなると、日本のヨックモックには、決して見えませんが・・・。
by josek | 2015-05-17 20:23 | UAE

『Pitch Perfect2』

映画を観る時、入念に映画のストーリーや出演者をチェックして
物凄く期待して観る場合と、何も下準備をせずに衝動的に映画館に行き
何の映画なのか?わからずに観てしまう場合と、2通りある。
今回は後者。とりあえず、すぐに始まる映画として観た映画『Pitch Perfect2』。

廃部寸前の伝統のある大学アカペラ部に新入生が入り、アカペラ大会で優勝を
目指すという映画。『Pitch Perfect2』;2なので、この作品は間違いなく続編。
『Pitch Perfect』を観てないので、何もつながりはわかりませんでしたが、
良かった事は、何の偏見もなく観れたこと。

最初の『Pitch Perfect』で、アカペラブームが全米で再燃したという事に大納得。
全編に流れるアカペラ、音楽がとにかく素晴らしかったです。
アカペラ大会での様々なアカペラ、見る価値ありです。
これは青春映画、アメリカ人の学生らしいばかげた、お笑いシーン満載で、
久しぶりに映画を観て飽きずに大笑いしました。
観客の外人達、たまたま私の前の座席に4人の女性が観てたのですが
所謂スラングも満載だったのでしょう〜、下品なくらいに笑い転げてました。

監督のエリザベス・バンクスは、女優さんですが、アカペラ大会の
審査員としても出演しており、「綺麗な人だなぁ~」と思って観てましたが
監督と知り、びっくり。才能があるのですね~。
新入生役のヘイリー・スタインフェルドは、
『Begin Again』のマーク・ラファロの娘役。
主役のアナ・ケンドリックを始め、アカペラ部の女性陣・他のアカペラチーム等々、
歌がとにかく素晴らしい。
疲れた時の息抜きに、リラックス効果抜群の楽しい映画。お薦めです。
by josek | 2015-05-15 13:15 | 映画

トラム

久しぶりにトラム(市街電車)に乗りました。
昨年、開通してすぐに乗った時より、いろいろとシステムが向上していた気が
します。何より、無賃乗車の取り締まりが、厳しくなっています(笑)

トラムは、ドバイメトロと違って、いわゆる改札口がありません。
NOLチケットまたはカードを買って、駅にひっそりとあるチェックバーに
自身でカードをかざし、それが入札となるのです。
この改札は、いわゆる良心にまかせて・・人間性善説に基づき・・・(笑)。
開通当初押し寄せた客達・・・ほとんどが無賃乗車だったと思います。
一応、「システムを知らなかった~」という言い訳が可能でしたから。
アラブのお金持ちは、電車には乗りません。
乗客は、ほとんどが出稼ぎ労働者と観光客・・トラムは、メトロに比べると
値段が割高で、まあ仕方のない事です。

もちろん規則好きなドバイですから、無賃乗車も見つかると罰金です。
最近は、駅構内に係員が複数配置されています。
それもチケット売り場や出入り口に・・一応、説明をしてくれる人なんでしょうが。
彼らは、トラムの乗降客に常に目を光らせている状態です。
さらに車両に検札官がのっており、乗客のチケットを検札して回っています。
トラムですから、駅間は、非常に短いですが、それでも構わず、検札しています。
一つの警告なんでしょうね~。「チケットは、正しく買うように~」という。
これでは、無賃乗車は、開通当初と違って、ほぼ不可能です(笑)。

罰金の値段を確認;(無賃乗車の罰金は未確認)
トラム内で、タバコ; 200AED(約6000円)、飲食;100AED(約3000円)
こちらは、なんでも罰金額が書かれており、効き目があるのでしょうね。
男性が、女性専用車両に乗っても、確か罰金があった様に思います。
駅構内では、開けてはいけない扉を開けると、2000AED(約60000円)
日本と違って、携帯電話は罰金の対象にはなっていません。

最近は、開通当社の混雑はなくなり、値段が高い事もあり、常に乗客は少し。
多分混むのは、週末ぐらいでしょう。
トラムは、ドバイメトロと連結する駅もあり、アパート前にトラムの駅がある私は
非常に便利で、愛用しています。

f0142834_14244873.jpg
by josek | 2015-05-13 14:30 | UAE