ちょっと寄り道・・・。

mmetequila.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2014年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

『我が家の問題』

日本から、奥田英朗さんの『我が家の問題』を運んでもらった。
久しぶりの奥田さんの本、もったいなくて舐めるように大事に読書。
やっぱり今、家族の問題を書かせたら、彼が最高だと思う。

この本は『家日和』の続編的な作品。
夫婦・家族のありふれた日常を綺麗に切り取って作品にしている筆力は、
相変わらず素晴らしい。彼の視線はいつも優しいし、
さりげない日常への感謝の気持ちが底辺に感じられる。

「どうやら夫は、仕事ができないらしい・・・」という主婦としては
悩ましいキャッチコピーにそそられ、新婚夫婦の初めての夫婦喧嘩や
里帰りの憂鬱、子供が親の不仲・離婚問題に悩むせつない家族の問題・・。
どれも旬な、今を見つめる視線がとても新鮮で、読んでいても超納得。
特に最後の作品、子育てに専心する専業主婦が、気がつけば社会から
隔絶されたところで、生きてしまっているという、切ない現実が文章になり
男性視線だけれども、温かく、よく観察しているな~と感心してしまって・・・。

『家日和』にしても、この『我が家の問題』にしても短編が6~7編の本。
最後の1編が、必ず奥田さん自身のご家庭のお話かもと勘違いしてしまうほど
リアルな作品で、最後に心にジ~~ンと響くさりげない夫側からの夫婦愛を描き・・・。
いつもブログで読書評的なものを書くと、奥田さんの本を絶賛してしまう。
大ファンであるのは、間違いないなぁ~。

いつも同じ事を書いているかもしれないけれど、
『東京物語』・・彼が東京に出てきてからの話。
『家日和』そして、『我が家の問題』この3冊。
私は何度でも読み返してしまう。同じところで笑い、
同じところで、涙が滲んでしまうのだけど・・・。
奥田さんのシャイな素朴な人柄、ちょっと田舎者的な自覚のあるあたり
社会や人間をみつめるぶれない優しい目線、ちょっと面白い突っ込み。
この辺が多分、私は好きなのだと思います。
次の作品が楽しみだなぁ~~。
by josek | 2014-07-30 01:56 | ブレイク

コワ~~イ!

ピンポ~~ン、ピンポ~~ン・・・
夢うつつで・・・ピンポ~~ン・・
時計を見ると、2:30am
目が覚めてもまだピンポ~~ン・・
酔っ払いのロングルームだね~~とシカト・・・
それでも、まだピンポ~~ン・・・ピンポ~~ン・・・。

さすがにドアのそばまで行って、外の様子を伺うと
無線機越しに「keep going,keep going・・・」と。
ピンポ~~ン・・・。

そして、「open,open・・」と聞こえたかと思ったら
カードキーがスライドして、ドアが開いた・・・!
「ヒェッ・・・!」

でもダブルロックをしていたからドアは5センチしか開かず、
「誰?」「セキュリティ」
「何?」「あなたの車は白の○○○で、ナンバーが●●●ですね」
「はい」「車の真上から水漏れしてるので、至急車を動かしてください」と。
「はぁ~」仕方がないから、二人のセキュリティに急かされ
大水にでもなっているのかと、地下の駐車場に行き、水漏れを確認しに行くと、

「ポタッ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
「ポタッ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
はぁ????何の緊迫感も無し・・・・
仕方なく、車を移動しましたが・・・。

あのセキュリティ達・・・
もしダブルロックをしていなかったら、ドアを開けて侵入し
寝ている住人を起こして、車を移動させたのでしょうか?
うちのアパートは、セキュリティが非常に厳しいのですが、
これって、何だったのでしょうか?これも住民の安全のため?????

あれ以来、昼間でもダブルロックをいつもしています。
いつ何時、誰が侵入してくるか、わからないので・・コワ~~イ!

f0142834_705922.jpg
by josek | 2014-07-24 06:50 | 日常

YUTAKA君

THE OPEN Chanpionship; 全英オープン(ゴルフ)が終わりました。
初日からトップを走っていたマキロイが優勝。
2位タイにガルシアとファウラー。
こちらのテレビ放送は、日本と時差が5時間あるので
下位のプレイヤーから観る事ができて、松山君も少し観て
さらに最終組、マキロイとファウラーのプレイの最初から最後まで
表彰式から、その後の写真撮影まですべてライブで観る事が出来ました。
ラマダン中でもあり、外出する必要もなかったので、ちょうど良かったです。

f0142834_5235668.jpg
注目をしていたのは、2位タイのリッキー・ファウラー。
2009年のプロ転向後からのプーマとの専属契約。
私は、ファウラーというより、いつもプーマのキャップとウエアを着ている人・・・というイメージしかなくて。今回の全英オープンで初めてじっくり彼のプレイを観た様な・・。口ひげを生やし、少し凛々しく大人っぽく。



Ryo Ishikawa・Rory Mcilroy・Rick Fowler 次世代を担う若手3人の頭文字をとって
3Rと日本のメディアが一時呼んでいたらしい。今はRyo君が少し冴えませんが・・。
ファウラーは、アメリカのオクラホマ州立大学出身で、タイガーウッズが最終日に
赤色のシャツを着るように、彼は最終日にオレンジ色のシャツを必ず着るそうです。
このオレンジ色は、オクラホマ州立大学のスクールカラーで、彼にとっての勝負カラー。
一番興味深かったのは、彼はミドルネームが、YUTAKAです。
正式名は、Rick Yutaka Fowler ; YUTAKA君なんですよね。
母方の祖父が日系2世で、母方の祖母がナバホ族とか・・。
彼の顔立ちがちょっと変わってるな~と思ってWEBで調べると、YUTAKA君で。

彼はマキロイと同じ25歳。14歳までモトクロスの選手で、その後ゴルフに転向。
よほどの才能があったのでしょうね。あの強さ。メジャー制覇も夢ではないですね。
今後楽しみな選手の一人です。でもやっぱり、石川遼君と松山君には
ぜひメジャーで勝って欲しいです・・・。
by josek | 2014-07-22 05:30 | ゴルフ

Mall of Emirates

Mall of Emirates; モールオブエミレイツ
f0142834_21253239.jpg

ドバイ最大のドバイモールよりさらに、アブダビ方面に車で10分ほどの所にある
ショッピングセンター。ドバイモールは広すぎて、いつも迷子になりますが
こちらのサイズぐらいの方が、まだ許容範囲。それでもうろうろしてると
広すぎて、足が痛くなってくるし、もちろん、迷子にもなりますが・・・。

f0142834_21285468.jpg

広さは、223000sqmで、およそ500のお店に、あらゆる分野の60の旗艦店、
UAE最大のCarrefourがあり、フードコートに、レストラン・カフェが多数。
14スクリーンのシネマコンプレックスもあり、メトロの駅も近い。
ファイブスターのホテルも併設されている。
何よりここの大きな特徴は、スキードバイがある。(・・・人工スキー場)
f0142834_22113464.jpg
f0142834_22115458.jpg
f0142834_22131056.jpg
f0142834_22135450.jpg


人工の雪でのスキー場。それもショッピングセンターの中。
スケートリンクは、20年前からありましたが、スキー場なんて、
ちょっと考えられません。
中に入ってみると、確かにオバQが、子供をつれて、
ダウンを着て、ウロウロしていたり・・・。
入場しないと、中まで見学はできませんが、確かに寒いです。
外からの様子しかわかりませんが、リフトもあって、それなりの斜面もあるようです。
どれだけの費用がかかっての建設だったのでしょうか?
ドバイで、UAEで生活していれば、間違いなく雪を見ることは一生ないですが
ここで、人工の雪ですが、見ることができます。スキーまでできて・・・。
財力というのは、何でも可能にするのだな~としみじみ。

私はルイビィトンやティファニーを横目にCarrefourにヤクルトを買いに行きます。
最近、ローファットのヤクルトがありますが、高い。
7本入りで、1200円。これって、日本にもあるのでしょうか?
それとアメリカ生まれのクリスピークリームのドーナッツを買いに・・・庶民です。
by josek | 2014-07-18 21:51 | ショッピングモール

そして、もう一つ・・・。

ここのところ、ず~~っとPCの前に座りっきりで
すっかりブログのアップも忘れており・・・。
一時帰国時のフライトチケットの予約、国内移動の手配も・・・
カナダ行きのフライト・ホテルの予約に、ミニトリップの検索・・・
インターネットショッピングで、あっちをうろうろこっちをうろうろ・・
ハノイの友人とスカイプで話したり、LINEで電話したり・・・
ラマダン明けのイードホリデイーの予約&検索・・

最近は、LINEでまず話の概要を伝え、詳細を伝えたいときに
メールをする・・・という感じで、LINEが重要なポジションをしめて・・。
iPadでは、音楽を聴いて、ドラマを見て、読書をして・・・。
もちろん、メールチェックをして、新聞を読む・・・。
今まであまり気にせず、予定をミニカレンダーに書き込んでいたけど
Mocaという、月間スケジュール表をダウンロードして、予定を書き込んでいる。
これは、iPadのカレンダーとも連動していて、とても見易い。
最近、携帯のSMSは、海外のどの国とでもほぼ可能なので
これも肌身離さず持ち歩き・・・。

う~~ん、今の生活からWIFI(ネット)&携帯がなくなったら、どうなってしまうのか?
時々、非常に不安になります。ネットがあるので、いくらでも時間が経ってしまう・・・。
ラマダン中なので、ついつい家にこもりがちで、不健康だな~としみじみ。
気がつけば、クーラーをキンキンにかけています。設定はどの部屋も18度。
外気温が高いので、18度まで下がったことはないけれども、
身体は常に冷え冷えしています。
こちらに着いてすぐは、あんなにクーラーの冷えが嫌だったのに、慣れちゃうものです・・・。

そして、最近、もう一つPCの前に座りっきりの理由があります。
実は、ブログをもう一つ、始めようと画策しています。
このブログは、ベトナム語で、ベトナム人向けにしようと考えています。
それには、まずベトナム語で文章をタイプしないといけないわけで、
ベトナム語のダウンロードから、始まって・・・。
UNIKEYというベトナム語のソフトがあって、便利は便利なんだけど。

ベトナム語は、声調が6種類あって、アルファベット26文字+7文字が追加。
普通に単語をタイプするだけでも、アルファベットにない文字が不慣れな位置にあり
その上、それぞれの単語に声調をつけていかないといけない・・・慣れない~。
なかなか覚えきれず、いまだ四苦八苦。何より文章・・・これがね~~。
エッセイを書いて、ハノイのベトナム語の先生にチェックしてもらおうと
思うのだけど、その文章をどうするか?

ブログというのは、どういうコンセプトで始めるか?というのは
重要だな~としみじみ。とりあえず、こちらの紹介という事で、発信する予定なんだけど。
近い将来、日本に帰国した時に、本格的に書きたいな~と思っているので
今は練習段階と思って、いざ始めようと思ったのだけれど、なかなか。
このブログの文章と同じ文章をベトナム語にするには、まだ実力不足だし、
なかなかどうしようかと思案を重ねています。
何より、どこに載せるか?前のハノイ時代のブログに続けて書き始めようかと
今は、思っていますが、まだ未定。

今でも、ホーチミン、ハノイ両方のベトナム人の友人達と
メールや時には、スカイプで話したりして、細々とつながっているので、
ブログを始めると、もっともっと以前の友人とつながれるかも~と思うと、
ちょっと嬉しい・・・まだまだ前途多難ですが、まあ~ぼちぼちやっていく予定。
気がついたのだけど、ベトナム語で話したり、文章を作ったりする事が好きです。
苦にはなりません。やっててよかった~~と思います。
by josek | 2014-07-16 12:59 | ブレイク

そして・・・ラマダン 3

ラマダンも気がつけば、次の日曜日で2週間が過ぎます。
日中は静かです。ホント・・・みんな息を潜めているかの様で・・。

こちらの情報誌『Time Out:Dubai』という本がスーパーのレジに
置いてあって、ついつい買ってしまいます。イエローページの様な雑誌で
電話番号が満載の本ですが、特集記事のタイトルに興味をそそられ
この週刊本を毎週買ってしまいます。
買ってみると特集記事はたったの数ページで、読むところがなくがっくり!
わかっていてもそのキャッチコピーにだまされてしまう。
その威力は、さすがたいしたものだ~~と感心するばかりですが・・・。
f0142834_12381481.jpg

その特集記事に載っていた、ラマダン中の「Cultural dos and don'ts」より。

Do;
●あちらこちらに「Ramadan Kareem」という言葉をみかけます。
Wishing you a blessed ramadan; まあ簡単に言えば
ハッピーダマランですが、神の祝福がありますように・・的な意味で
ムスリムの方に出会ったら、こう挨拶するのも一つだそうです。
●ラマダン中のムスリムの方にリスペクトをし、誰が
fasting(断食)しているのか、よく気を使うように・・。
●ディナー(IFTAR)に御呼ばれしたら、デーツを手土産に・・が一般的。
●寄付、チャリティーをしよう・・。
●音楽を聴くときは、静かにヘッドフォン利用して。
●IFTARの時間や、お祈りの時間帯を避けて、外出しよう。
みんな非常に急いでおり、車のスピードが速いとか・・。

Don't;
●公共の場で、食べる、飲む、ガムをかむ、タバコを吸うすべてが禁止。
●踊ったり、ダンスをしたり、大きな音で音楽を聴いてはいけない。
●体を見せたり、体のラインを見せたりするような服装は厳禁。
●ディベートや口論(討論)は、禁止。等々...(子供、妊婦、病人は適用外)

ショッピングモールは、本当に静かで、人が少なく、レストランは、
日中はすべてクローズです。フードコートは、すべての椅子が片付けられ
Subwayやマックが、テイクアウトのみ営業しています。
でも夜の7:15分以降は飲食が許されるので、その後は凄い人。
どこのショッピングモールも2:00amまでは、営業。
どのお店もラマダンセールがあり、かなりの値引き。
映画館も深夜の上映がいっぱいあります。
このラマダン期間中の夜は、一つのお祭り騒ぎの様に感じます。

ワールドカップの放映は、日本時間1時の開始が、こちら時間の8時pm。
本当に良かったです。どのスポーツバーも8時pmなら、アルコールがOK。

あと2週間、早く終わって欲しいものです。
さすがに出歩くこともなく、バーも夜8時オープンだから、家飲みが増えました。
f0142834_12331291.jpg

by josek | 2014-07-11 12:40 | UAE

聖なる・・・ラマダン 2

ラマダンとは、イスラム教徒達が、日の出より日没までの間、
一切の飲食物をとらず断食する期間という認識ですが、
それなりの由来があるようです。

ラマダンとは、ヒジュラ暦の第9番目の月の名前で
ムハンマドが、マッカからマディーナへ聖遷(ヒジュラ)した
ユリウス暦622年をヒジュラ元年とした新しい暦による。
1ヶ月が29日(小)30日(大)となり、354日で1年。
毎年ラマダン月は、太陽暦より年間11日ずれる。

ムハンマドが興したイスラム教は、その当時今で言う新興宗教の一つ。
宗教的つながりウンマという共同体を作り、ユダヤ教と激しく対立。
ユダヤ教からの新興宗教に対する非難が、やがて迫害となり
彼らは、マディーナへ。そのヒジュラ道中の戦い・・・少人数で戦い勝利した、
その月がヒジュラの9番目;ラマダンの月で、その道中の苦難を追体験するため、
また飲食物を減らし、苦痛を得ることが目的ではなく、宗教的試練・食物の
ありがたみを感じるという事が目的で、ラマダン月に断食が始まったとか・・。
またムハンマドに、イスラムの経典がくだされた月でもあり、
このラマダン月は、聖なる月、英語では「The Holy Ramadan」。
世界中のイスラム教徒が、この時期に断食という試練を共有するという
イスラム教徒にとっては、1年でもっとも神聖な時期。

イスラム教の信仰行為は5行。
1.信仰告白;シャハーダ
2.礼拝;サラー
3.喜捨;ザカード
4.断食;サウム
5.巡礼;ハッジ

ラマダン(断食月)期間中には、さらに喜捨が、盛んに行われ
それがより信仰心を高めるとか・・・。
非モスリムの私達にも、寄付(ドネーション)の誘いが多くあります。

日の出前に食べる朝食をSuhur;スハール
日没後に食べる夕食をIftar;イフタールと言います。
喜捨の概念から、貧しい人、一般の人、誰でも自由に食べることができる
イフタールテントがあると話には聞いたことがありますが、
ドバイにもあるのでしょうか?ラマダン明けには、シェイク(王族)が
このイフタールテントを張るというのは、昔聞いたことがありますが・・。

有名レストラン、5つ星ホテルでは、ラマダン前から
このIftar(夕食)のプロモーション、宣伝が激しく、
値段は、150~250ぐらいです。(¥4500~7500)。
結構どのレストランも予約で満席だそうです。
日没後は、豪華ディナーが待っているので、日中の飲まず食わずが
我慢できるのかな~と思います。
by josek | 2014-07-07 13:38 | UAE

静かに・・・ ラマダン 1

とても静かに6月29日の朝を迎えました。
いつもと違う気配を感じましたが、気のせいでしょうか?
ラマダン・・・ヒジュラ暦の第9月の名前・・・が始まりました。
ラマダン(断食月)の詳細については、また次回に。
今日はラマダンには不可欠なデーツのお話。
f0142834_203551100.jpg

この木、てっきり椰子の木だと思っていたら、
最近果実にネットをかけて、落ちないようにしている。
よく見ると、青く果実が熟さない時からすでにネットをかぶせられ
ネットの中で、熟してネットの底に落ちて、熟していく・・・デーツ(なつめやし)でした。
f0142834_20455195.jpg
f0142834_20465013.jpg
f0142834_20472086.jpg

デーツは、古代エジプト時代から栽培されていたそうで
特にアラブ諸国、北アフリカ等では貴重な食物だそうです。
水の少ない土地でも育つデーツは、砂漠の民にとっては貴重な食料。
特に乾燥デーツは、ベドウインにとっては、羊のミルクと共に貴重な主食。
聖書に出てくる「生命の樹」、ムハンマド(モハメッド)が愛した食べ物もデーツの事。
f0142834_2192852.jpg

デーツが、イスラム教にとって、なぜ大切かというと
ラマダン(日の出から日没まで飲食禁止)期間中に、日没となり
最初に口にするのが、このデーツと牛乳・お茶・ジュースと決まっています。
イスラム教の友人の話によると、空腹の胃にやさしいからだそうですが・・・。
この時期は、かなりデーツが販売され、消費される事は間違いありません。
f0142834_21102261.jpg

このデーツ、食べ方としたら、とてもシンプルで、
熟したものを、やわらかくなったもの、干した物をそのまま食べるか
ジャムやジュース、ゼリーにもするそうですが、一般的には
乾燥デーツが多いです。ホテルで宿泊すると
フルーツの代わりにお部屋にデーツが置いてあることがあります。
果実の中に大きな種が入っていて、乾燥フルーツ同様甘いです。
そんなに美味しいとは思いませんが、古代時代にあったなら、
この甘さは感動ものだったと思います・・・。
お友達にいただくと、いつまでもいつまでもなくなりません・・・
f0142834_216548.jpg

by josek | 2014-07-04 21:11 | UAE

『私の男』

『私の男』桜庭一樹作を電子書籍で読んだのは、こちらに来てから。
ほんの数ヶ月前だと思う。直木賞受賞作品だし、少しは読書のジャンルを
変えないと、あまりに偏り過ぎた読書もなぁ~と思って・・。
桜庭一樹さんを名前からして、男性だと思っていたけれども
読み進むにつれて、この作品を男性が書いたのか~と不思議に思っていたら
なんとなんと、やはり女性でした。そして、読後感は、「エグイなぁ~」。

先月末のモスクワ国際映画祭で、この映画が見事
グランプリ(最優秀作品賞)と主演の浅野忠信さんが、最優秀男優賞を受賞。
このニュースを観て、久しぶりに、この本の事を思い出した。

この本は、「好き」と「嫌い」にはっきり分かれる作品だと思う。
私は、読んでいる途中で、ミステリーっぽく、ちょっとホラーっぽくも感じたほど。
直木賞選者の方々には、将来性を感じる作品、未熟なところもあるが・・
文体や、構成が・・・、結局受賞したので、素晴らしいという事なんでしょうが・・。
宣伝文句にあるような「禁断の愛」という事に気づかされずに
物語が進行していったので、驚きもひとしお・・。
作品構成がすばらしいと思います。
小さな事件と共に時が流れていくので、
そのあたりがどういう風に映像になっているのか?
どんな映画に仕上がっているのか?ぜひ観てみたいものです。

主演の浅野忠信さんは、以前から注目の俳優さん。
純潔の日本人でないせいか?どこかが違う雰囲気があります。
差別的な意味あいではなく、何か独特の魅力があって・・・。
「しゃべくり007」というバラエティ、トーク番組では
極めて腰の低いどちらかというと、俳優さんっぽくなかったですが・・。

二階堂ふみさんも「しゃべくり007」で、観ました。
私は初めてでしたが、彼女はまだ19歳の慶応の学生さん。
すでにヴェネチア国際映画祭でマルチェロ・マストロヤンニ賞を受賞し
日本でもアカデミー賞新人俳優賞等々を受賞している才媛。
彼女もかなり個性的で、誰にも媚びず、好きなものは好きというタイプの女性。

浅野さんの存在感と二階堂さんの演技力、そして熊切監督の手腕が
べたほめです・・・。いったいどんな映画に仕上がっているのか?
非常に楽しみな映画。観たいな~。
by josek | 2014-07-01 17:29 | ブレイク