カテゴリ:カナダ( 5 )

アイスホッケー

Victoria滞在中に、人生で初めて、アイスホッケーの試合を観戦しました。
地元チーム、熊さんのマークのVICTORIA ROYALSの試合でした。
対戦相手は、PORTLAND WINTERHAWKS。
野球と同じく熱狂的な地元ファンがいっぱい。


f0142834_1344615.jpgf0142834_1355269.jpg

























アイスホッケーをしている人、今まで2人、知り合いがいますが
試合を観戦した事もなく、何もわからないままの初観戦。
とにかく、「速い・激しい」が第一印象。
『氷上の格闘技』と言われる事に納得しました。

f0142834_1383920.jpgf0142834_139653.jpg


























リンクに一番近い最前列での観戦で、リンクのふちには、
3~4メートルの分厚い透明なアクリル板の仕切りがあり、
客席にパックが飛んで来るのを防止するためと
リンクで起こる乱闘に巻き込まれない為のものでしょうか・・・。
試合中、そのアクリル板のすぐ向こう側で大乱闘があり
迫力がありましたね~~~。

f0142834_13172924.jpgf0142834_13174878.jpg


























アイスホッケーは、カナダの国技で、日本人の男の子が小さい時に
野球やサッカーをするように、カナダっ子はアイスホッケーをするのが
ごく普通の男の子だそうです。それとアイスホッケーの選手は
とても女の子にもてる様ですよ。確か、カナダのアイスホッケーは、
バンクーバー五輪とソチ五輪で、連覇したはずです。

f0142834_1324476.jpgf0142834_132426100.jpg


























私が観戦したVICTRIA ROYALSは、NHLナショナルホッケーリーグ(北米)の
中では、Jリーグで言うなら、2軍、下部組織の中の一つだそうです。
そう言えば、凄い防具をつけての試合ですが、若干身体が小さいな~と思っての観戦。
まだ若い選手がいっぱいで、真っ白な白人の肌が興奮してピンク色に染まり
魅力的でありとにかく迫力がありました。スピードが速くて、写真を上手く撮る事出来ず。
20分のピリオドが3回あり、その間の15分間の休憩中は、
ファンサービスのゲームやミニパフォーマンスがあり、最後まで
飽きずに観戦しました。チケットは、24C$・・・これって、高いのか安いのか?

by josek | 2015-01-18 13:35 | カナダ | Trackback | Comments(0)

ソルトスプリングアイランド

USBを見ていたら、
昨年の秋の旅行の写真を全然アップしていない事に気づきました。
とりあえず、カナダのレディースミスに引き続き行った
ソルトスプリングアイランドの写真を少し。

レディースミスからは、フェリーで・・・。
f0142834_23411139.jpg












ソルトスプリングアイランドのサタデーマーケット。
この街は、別名ヒッピーの街と言われ
何もかも自然食にこだわっています。
野菜もお菓子もパンもパスタもすべて、ナチュラルです。
f0142834_23414856.jpgf0142834_23422344.jpg



























海沿いのB&Bへ。
ここのB&Bは、確か2部屋しかなくて、本当にファミリー経営。
静かな海沿いの森の中でした。
f0142834_23425621.jpgf0142834_23432869.jpgf0142834_2344275.jpgf0142834_23451838.jpg




















































近くのワイナリーへ。もちろんワンちゃんのお出迎えがありました。
案内のお姉さんいわく、後3日でぶどうの収穫だそうで、
本当にラッキーだね~と言われました。確かに、
ぶどうがない、ぶどう園は、面白くなかったはずです。
ワインの試飲が20ドルほどででき、ワインを購入すれば無料となり、
結局5本も買ってしまって、ビクトリアへの帰り道は、本当に重かったです。
こちらのワインは、とてもフルーティーで飲みやすかったです。

カナダは全土そうですが、アルコールを飲むときの年齢チェックが非常に厳格です。
どこのバーでも必ず、若者はID・パスポートチェックがあります。
持っていない場合は、絶対にアルコールは提供されません。
またチェックしないと、それはそれでお店のペナルティーになるそうで、厳格です。
このワイナリーでも、外人の親子の観光客で、20歳前後に見える2人の学生さん、
パスポートを持っていなかったので、試飲は出来ず・・・非常にかわいそうでした。
f0142834_23461745.jpgf0142834_23464126.jpgf0142834_23471232.jpgf0142834_23474898.jpgf0142834_23481869.jpg

by josek | 2015-01-14 00:00 | カナダ | Trackback | Comments(0)

Lady Smith

カナダ、ブリティッシュコロンビア州、ビクトリアから、
高速バスで1時間、その後車で20分の所
バンクーバーアイランドの東海岸に位置する
Lady SmithのB&B KIWI COVE LODGEに到着しました。


f0142834_1825373.jpg













B&Bというのは、Bed&Breakfastの略称で、最近流行っている宿泊施設。
もともと住居や農家(ファーム)だったところを
宿泊施設に改造した小規模の宿泊施設で
ベッドと朝御飯を提供するというもの。
だいたいが家族経営なので、心温まるおもてなしが特徴だそうです。


f0142834_1855484.jpg













私のお誕生日お祝いという事で、連れて行ってもらった
バンクーバーアイランドの旅。B&Bは初体験。一体どんなのか、楽しみでした。
ここは、目の前にキウイ畑が広がり、Lady Smithでは有名なB&B。
広大な敷地の中で、ウエディングセレモニーもあるほどだそうです。
初めて見たキウイ畑。いっぱい実っているキウイに目を見張り、
ビールを飲んで、ちょっとほろ酔い気分になったら、完全に非日常空間でした。
テレビ等電化製品はなく、自然を満喫。お部屋の中は、5つ星ホテルと変わらない
豪華な内装で、外が見渡せるジャグジーまであり、ちょっと豪華すぎるくらいでした。


f0142834_18103327.jpg













典型的な朝御飯。すべてが、畑からの手作りで無農薬。
ジャムもバターもみんな手作り。
そんなに美味しい~~と飛び上がるほどのものではなかったけど。


f0142834_18161244.jpg













このB&Bの周りには、何もなくて、だいたいLady Smithという街が、とても田舎の
ひっそりとした所なんで、驚き。夜は本当に真っ暗。漆黒の闇で怖かったです。
後で聞きましたが、熊がでるそうなんです。ディナーの後、漆黒の闇の中を
タクシーがつかまらず、とぼとぼと歩いて帰り、後で、ぞぞぞっとしました。
田舎とばかり思っていたビクトリアが、超都会だな~と思えた旅でした。


f0142834_18173332.jpg

by josek | 2014-11-12 18:20 | カナダ | Trackback | Comments(0)

Granville Island

f0142834_13552862.jpg



カナダでの最後の観光は、ビクトリアからフェリーに乗って1時間半。
大都市バンクーバーでした。
今までバンクーバーには、トランジットで立ち寄るだけで、観光をした事がなく、
今回やっとホテルに宿泊をしての観光となりました。
フライトでは、バンクーバー-ビクトリア間は、20分弱ですが、
フェリーに乗ると1時間半。
船内でゆっくりと昼食をとり、このフェリーでの旅が一番のお気に入りとなりました。


f0142834_13562496.jpg



グランビルアイランドは、バンクーバーの観光名所としては地味で、
グランビル橋の下にある出島、半島のような所です。直通の交通手段がなく、
近くまでバスで行き、何の宣伝も看板もなく、犬の散歩をしているお姉ちゃん訊いて、
10分~15分ほど歩きやっとたどり着いた不便な所でした。


f0142834_1357449.jpg



私の目的はいつもの様に、地ビール工場に行きたくて・・・。
Granville Island Brewingに行って、ビールのテイスティング。
そして、ロゴの入ったパイントグラスを買うという事。
カナダにはたくさんの地ビールがあって、本当に楽しい!!!


f0142834_13575727.jpg



ここの大きな目玉でもあるマーケット。観光客だけでなく、
地元の人達もたくさんお買い物に来ている所だそうです。
新鮮な果物・野菜がたくさんあって、美味しいそうな食べ物もたくさん。
テイクアウトも出来るし、その場でも味わえて、大繁盛でした。


f0142834_13585344.jpg



カナダの東部には行ったことがないので、次回は東部を目指せたらと思っています。


f0142834_13592769.jpg

by josek | 2014-11-09 14:01 | カナダ | Trackback | Comments(0)

Canine Ambassadors

Canine Ambassadors ; ワンちゃんとの出会い in Canada
Canine ; 職業訓練された犬 Ambassadors ; 大使 (案内人)的な意味。

カナダで出会ったワンちゃん ; 

Fairmont Hotel Vancouver のラブラドールレトリバー。
フェアモントのリゾート系のホテルのレセプションには、
必ずCanine Ambassadorsワンちゃんをレセプションに配置しているそうです。
従業員の様に。このホテルにも2匹(姉妹)いました。
彼女達専用の大きな椅子がコンシェルジェの横に置いてあって、ほとんどその場を動きません。
ワンちゃんを見ると宿泊客としては、ほっとしますし、
何より必ず触れたくなって、そばに行きました。確かに触っていると癒されます。
これもホテルサービスの一つだそうです。

f0142834_1324117.jpg


Salt Spring Islandのワイナリー ;Mistaken Identity Vineyardsの
ブラックラブラドールレトリバー(多分)
このワンちゃんは、玄関の真ん前に常にすわって、お客さんをお出迎えしてくれます。
そしてひとしきりお客さんに触ってもらった後、ワイナリーのレセプションに案内してくれます。
レセプション横にワンちゃんの一覧の写真がありました。
読んでみると、各ワイナリーの自慢のワンちゃん達の写真でした・・・という事は、
各ワイナリーには、必ずこのCanine Ambassadorsがいるという事なのだと思います。

f0142834_1326632.jpg


Canine Ambassadors 彼ら、見事に訓練されており、
見ず知らずの私達に、決して吠えることも威嚇することも警戒することもなく、
まったく表情を変えず、近寄っていってもじ~~っとされるがままになっています。
触られることがお仕事とわりきって、決して自分の意志を出さず、
じ~~っと耐えている感じがしました。
ちょっとかわいそうなくらいにおとなしいワンちゃん達でした。
それでも触っている私達は、とっても嬉しくて、癒されて、彼らの存在価値ありでしたね。
見ていると、来るお客さんほとんどすべてが、まずワンちゃん達に触れていますね。
そういう意味では存在感大いにありでした。
by josek | 2014-10-29 13:29 | カナダ | Trackback | Comments(0)