ちょっと寄り道・・・。

mmetequila.exblog.jp ブログトップ | ログイン

カテゴリ:観光( 19 )

久しぶりの・・・。

知人がドバイを訪ねて来てくれたので、久しぶりのアラビック料理。
アラビック料理といっても、普通はレバノン料理。
ドバイでアラビック料理を食べるなら、「Abd El Wahab」。
ドバイモールの噴水の傍にあるお店とドバイマリーナのマリーナ沿いにあるお店。
どちらも景色が最高で、お料理も美味しいので、予約が非常に難しくて・・。
ドバイにお客さんが来るとなると1か月前にはこのお店とバルジュカリファのチケット
を予約するのが、私のお仕事なんです。やれやれ・・・。今回も準備万端でした・・。

#レバノンビール;Almaza
f0142834_01185119.jpg


















#アラビックのパン;ホブズ 中が空洞のパン
f0142834_01192491.jpg


















#ハモス;ひよこ豆のペースト・・いつもこれを食べて、お腹がいっぱいに。
f0142834_01195068.jpg


















#ピクルス 中東のお料理には、ピクルス必需品。
f0142834_01201653.jpg


















#タブーリ;パセリのサラダ 私の大好物!!
f0142834_01205112.jpg


















#この日は、ミックスグリルを注文 ラム・チキン・フィッシュ・エビでした。
f0142834_01213671.jpg



















この日もテラスでのお食事。ちょっと涼しかったけど、気持ちがよくて
ゆっくりと日没&夜景を楽しむ事ができました。たくさんの人数でのお食事は
やっぱり楽しいですね。アラビックの人達は、シーシャを楽しんでおり
良い香りが漂ってきて・・。これが最後のアラビック料理となる事でしょう。


by josek | 2017-03-08 16:40 | 観光

デザートサファリツアー

現在、友人がドバイに滞在中。久しぶりにデザートサファリツアーに同行。
このデザートサファリツアーは、ツーリストにとっては、バルジュ・カリファと並ぶ
こちらでの観光の目玉の一つ。午後の3時~4時にホテルピックとなり、
その後1時間ほどかけて、郊外の砂漠へ向かい、砂漠の中のドライブを楽しみ、
その後、夜空の下でBBQというスケジュール。

ホテルを出発し、途中休憩をはさみ、4WDのタイヤの空気を少し抜き、砂漠の中の運転に耐えれるように調整して砂漠の中へ出発。どこを見回しても砂漠の中を、豪快な運転で、まるでジェットコースターに乗っているかのようなドライブを楽しむ。
何度も4WDが横転するのではないか~と思うほどのスリリング。
むち打ち症になりそうなくらいの、アップ&ダウン。出発前にはドライバーさんに
気分が悪くなったら、言ってくれ~と。車の中では吐かない様に~~と注意を受けて。

30分ほど、怖い目にあって(笑)その後、終着地点のBBQのポイントへ。
そこには、砂漠の上に大きなカーペットが敷き詰められて、アラビック風の分厚めの
差布団がテーブルと共にセットされていて、特設ステージもある。

f0142834_12323801.jpg










大きな広場の中には、シーシャ(水たばこ)・ヘンナ(女性の手の入れ墨)を体験でき
アラビックの衣装や、ファルコンと共に写真撮影ができたり、ラクダに乗って
お散歩ができたりと、アラブ体験満載。

その後BBQのディナーが始まって真ん中のステージで、セクシーなベリーダンスがあり、
今回はそれに加えて、男性が大きなスカートをはいて、くるくる回り続けるダンス;
スーフィーダンス(タンヌーラ)も観る事ができ感激。

今ドバイは、観光にはベストシーズン。でも夕方の砂漠は寒かった~~。
カーディガンにスカーフ・・・寒さ対策万全でしたが、不十分。寒かったです。
ダウンやコートを着ている人もいたほど・・。
友人も寒さに震えながら、アラビアンナイトを体験・・・感動してましたが・・。

f0142834_12364847.jpg





by josek | 2016-02-12 13:13 | 観光

ドバイに来るなら・・・。

親友が来月、ドバイにお一人様で遊びに来ます。
飛行機のチケット+ホテルのツアーを予約し、ドバイ観光等々は、私がこちらで予約。
日本の旅行会社のツアーというのは、ありえないくらい安いです。このからくりは、
どうなっているのでしょうか?私がハノイに行った時も同じ事を感じました。
エアーチケット代だけで、エミレイツ航空のダイレクト便であれば、普通は、
12万~18万円。友人のツアーは、チケット+ホテル(朝食付き)で、約11万弱。
本当にお得です。

今回、彼女が来るおかげで、ドバイ観光を少し見直してみました。
●やはり、はずせないのは、バルジュ・カリファの展望台に昇り、そばの
ドバイファウンテンを見ながらのディナー。
●午後から出発する、デザートサファリツアー。BBQ付きで、砂漠では、
水たばこ(シーシャ)・ヘンナ(女性の手のお洒落・・)・アラブの衣装で写真撮影・
キャメルライド・ベリーダンス等々があって・・・。一通りのアラブ体験が可能。
●首都アブダビ観光・・一番美しいと言われるグランドモスクへ。
●市内観光・・ドバイ博物館・ゴールドスーク・スパイススーク・オールドスークに
アブラ(渡し船)乗船・バスタキヤ地区散策等々
●巨大ショッピングモール散策 ドバイモール・モールオブエミレイツ
時間があれば、マディナットジュメイラ・アトランティス・ワフィモール等々
彼女のドバイ滞在は、3日間。これで充分です。

チャンスがあれば、フェリーや水上タクシー・メトロ・トラムにも乗れたらいいし。
もちろん、ビールの安い行きつけのバーに案内をしたりと、やりたい事・
行きたい所がいっぱい。こう考えてみると、ドバイも観光で、数日の滞在なら、
結構楽しい観光地かもしれません。今から凄く楽しみです。

by josek | 2016-01-27 04:56 | 観光

食べ物 in ハノイ

f0142834_18005203.jpg
f0142834_18011559.jpg



 








↑フォーボー(200円)と豆腐の揚げ物
ローカルフードは、とにかく安くて美味しい。
もう高級ベトナム料理は、食べれません。
↓コムビンザン・・ベトナムの家庭料理

f0142834_18000859.jpgf0142834_18003260.jpg









美味しかったのは、やはり朝食のフォーボー(牛肉)フォーガー(鶏肉)
人気店に行くと、凄い行列。
それでもどうしてもそこで食べたくて並びました。
タクシーの運転手さん曰く、ハノイで一番美味しいフォーだそうです。

f0142834_18015301.jpg

f0142834_18013445.jpg










↑ハノイビール工場の隣のビアホイで、チキンのから揚げにバナナの花の和え物。
↓私が大好きなブンボーナンボー・ブンチャー

f0142834_18102971.jpgf0142834_18154753.jpg                                                     









↓フォーガー、これは、ホントに美味しかったです 150円
No.1 Hang Dieu Str.
f0142834_19115047.jpg







今回は、ブンダウとスアンジウのブンチャー、
ブンジウ・ブンタンが食べれず、また次回のお楽しみ。
↓フエのからし菜を使った春巻き
f0142834_18193228.jpg
f0142834_18201756.jpg


 
by josek | 2015-12-26 18:40 | 観光

再会 in ハノイ vol.2

続き・・。
f0142834_12373939.jpgヴィエット君。
彼は、マイアンさんが以前働いていたサロンにいて
今もスタイリストとして、頑張っています。
彼は、3年間私のヘアダイを担当してくれました。

その当時は、まだ働き始めてすぐだったのか?
カットはさせてもらえず、1日中、とにかく
ヘアカラーの仕事をしていました。

彼は、英語が話せないので、なかなか上手く
コミニケーションがとれませんでした。
今回話してみると、昇格して、カットを始めているとか。
では、次回には、カットしてね~と話してきましたが。
マイアンさんもいるので、どうしましょうか?!

とにかく真面目な青年です。
ずっと働いて、彼も今に独立するのではないでそうか?

まだ28歳。若いから、まだ結婚はしてません~との事。
可愛い息子の様な存在です。










 
                        
ネイリストのリンさん。              f0142834_12363530.jpg                  私のマニキュア・ペテキュアを担当してくれた人。
私がドバイに移動した直後に結婚をして、
今年3月に男の子を出産。結婚写真を送ってくれましたが
お人形さんの様に可愛らしい花嫁さんでした。
しかし、彼女、ベトナム人女性の典型で
とても気が強い(笑)本当に気が強くて・・・。

彼女と私のメールは、どうも相性が悪く
いつもうまくメールが通じず、たまにメールが
届くと、どうして、メールをくれないんだ~~と
文句ばっかりで・・・。彼女は、英語が少し苦手。
この日もネイルをお願いして、ずっとぺちゃぺちゃ。
途中からベトナム語でもいいよ~というと、まあ~~
早口で話す話す・・・高速回転のベトナム語でした。

彼女にもネイルの本をプレゼント。
彼女も、「ネイルの事・・まだまだ勉強しなくちゃ~」と
話してました。頼もしいです。


              
f0142834_12412397.jpg

サキソフォンプレイヤーのロンさん。毎週末聴きに行っていた、ビンミンジャズクラブの演奏者。
今回は、お店は移転しており、私達のホテルの隣に。超ラッキーでした。

オーナーがビンミンさんで、彼の一番弟子。久しぶりに彼の演奏を聴いて、感動・圧巻です。
こちらでは、ジャズを聴くバーをいまだ発見しておらず、久しぶりに聴いたジャズ。
生演奏は、良いですね~~。

ビンミンさんの息子、ダックさんの演奏も聴きたかったのですが、新しいお店のオーナーとなり
行ってみたのですが、演奏は聴けず。残念!次回の楽しみに。

彼らは皆、2年前と全然変わらず、夢を持ち生き生きとしており、元気をもらった気がしました。

by josek | 2015-12-26 13:58 | 観光

再会 in ハノイ vol.1

ハノイの旅は、ビールとローカルフードの旅なんですが、メインの目的はやはり友人、
それもベトナム人の友人との再会がメインの目的でした。

f0142834_12372243.jpg大好きなトゥイン先生。
私が最初にハノイでベトナム語を習った先生。その後
神田外語大学で、2年間ベトナム語学科で日本人に
ベトナム語を教えた後、またハノイに戻り、
私がドバイに移動後も、スカイプでベトナム語を
習っている先生。
極めて優秀なインターナショナルなマインドを持つ女性。
今では私の妹の様で・・。
先生にとっては、私は出来の悪い生徒の一人でしょう。

今回、ホテルからヘアーサロンに向かう道中、
先生がバイクで送ってくださいました。
怖くて仕方がなかったのですが、ハノイの街を
バイクからのベトナム人目線で観光ができて、
ちょっと気持ちが良かったです。

3日間、私のいる間、ディナーやジャズバーに
一緒に付き合ってくださいました。
ベトナム人には珍しく、ビールが飲める女性。





ヘアースタイリスト、マイアンさん。  f0142834_12361159.jpg                                 ハノイでのヘアスタイルを3年間任せた女性。
ヘアーサロンで雇われていたのですが、
私がドバイに出発する2か月前に独立。
日本人家族がいっぱい住む、アパートの一角に
自分のサロンをオープン。
実力もありましたが、お金もかかったと思います。

典型的なベトナム女性の頑張り屋さん。
私が一番好きだったのは、彼女が髪の毛を切っている
時のその姿が、美しかった事。
髪の毛を触っている事が、好きで好きで~という
気持ちが伝わってくる・・そんな彼女が好きでした。
この日も、彼女にカットをお願いしました。

いつもばっちりお化粧をして、綺麗に着飾り、
とても自信を持っての姿・・好きでした。
サロンをオープン時に、何のお祝いが良い?と訊くと
日本人のお客さんもいるので、
日本語のヘアースタイルブックが欲しいとの事。
たまたま一時帰国をしていたので、本を買って
プレゼント。昨年も今年も男性・女性のヘアースタイルの本にネイルの本、3冊をプレゼント。ささやかですが、彼女をこれからも応援したい気持ちでいっぱいです。

続く・・・

by josek | 2015-12-26 13:14 | 観光

The Lost Chambers Aquarium 2

The Lost Chambers Aquarium 2
ドバイモールの水族館と比べるとこちらの水族館の方が
見応えがあった気がしたのは、
古代アトランティスの遺跡を模した物がたくさん展示されていたせいかもしれません。
海洋生物同様、それらも素晴らしかったです。

f0142834_14131443.jpg
f0142834_13584220.jpg
f0142834_13593577.jpg
f0142834_14010439.jpg
f0142834_14003491.jpg
f0142834_14024634.jpg
f0142834_14020089.jpg
f0142834_14040926.jpg
f0142834_14033624.jpg
f0142834_14045068.jpg
f0142834_14052697.jpg
f0142834_14061192.jpg
f0142834_14084762.jpg
f0142834_14110725.jpg
f0142834_14091899.jpg
f0142834_14114991.jpg
f0142834_14122955.jpg
f0142834_14100832.jpg


by josek | 2015-11-01 14:29 | 観光

The Lost Chambers Aquarium

f0142834_12180791.jpg

The Lost Chambers Aquarium

f0142834_12205894.jpg

f0142834_12232531.jpg

人工島 パームジュメイラにあるホテル「アトランティス・ザ・パーム」内にある
水族館;ロスト・チェンバーズ

f0142834_12283457.jpg

f0142834_12240966.jpg

f0142834_12311047.jpg

古代都市アトランティスの帝国の神殿が
海底に沈んでいるという設定で作られた水族館
65000匹越えの海洋生物と共に
遺跡と模した造形物も多々展示されている。

f0142834_12320785.jpg


f0142834_12342304.jpg

海洋生物より古代遺跡にも目を奪われる時もしばしば。

f0142834_12350631.jpg
f0142834_12374774.jpg

通路は、水中迷路・トンネルになっており
遺跡探検の様。

f0142834_12363218.jpg
f0142834_12392119.jpg

f0142834_12382759.jpg

巨大水槽では、予約制でシュノーケリング・ダイビングも可能。

f0142834_12423651.jpg

f0142834_12412231.jpg

f0142834_12433795.jpg

続く・・・・・to be continued......


by josek | 2015-11-01 13:23 | 観光

Water Bus

f0142834_10274950.jpgf0142834_10293450.jpg














f0142834_10305372.jpg














f0142834_10354072.jpg

f0142834_10375742.jpg




































































ドバイマリーナのクリーク内を静かに運航しているウォーターバス。
トラムが出来るまでは、マリーナエリアからJBRに行くための唯一の交通手段。
クリークの向こう岸まで、歩いて橋を渡るか、渋滞覚悟で車で行くしかなかった。
ドバイの夏になると目の前に見えているJBRですら、暑くて行く気が失せてしまったものですが、
トラムの開通によって劇的に変化。真夏でもへっちゃらになり、既存のThe Walkだけでなく、
The Beachというモール・レストラン街が海沿いにオープンし、週末に出掛ける一つのポイントとして定着。
ウォーターバスは、もうすっかり廃れてしまったのだろう~と思いましたが、意外にも以前と同じ。
週末はそれなりに、平日は、変わらずがらがらです。クリーク内をゆっくり巡るには最高。
マリーナモールから、ドバイマリーナにも、JBRにも5分余りで到着。予想外に癒されます。

f0142834_10555855.jpg
























f0142834_11215815.jpg













f0142834_11233061.jpg













f0142834_11281514.jpg















by josek | 2015-10-24 11:44 | 観光

アラビック料理

アラビック料理と言ってもレバニーズ料理のレストランで食べるのが普通。
トルコ料理もイラン料理もありますが、似たようなもので
違いはあまりわかりません・・・(汗)
結局、アラビックのパンにケバブ・・・これがあればアラビックフード。
庶民のファーストフードは、なんと言ってもシュワルマ。
これを食べて、アラビックフードを食べた~とわたし的には大満足!

シュワルマとは、大きな鉄の棒に、羊や鶏の肉を巻きつけ、
くるくる回し、こんがりと焼き上げ、それを大きなナイフでそぎ落として
アラビックパンに野菜と共に包んで出来上がり。
アラビックサンドの様なもの。
f0142834_18413350.jpg
f0142834_18415321.jpg

ハノイで食べたドナーケバブと同じです。
アラビックパン;ホブスの形状によっていろいろな形のシュワルマ。
ホブスは、中が空洞の丸いパンから、大きな薄い円形のもの
フランスパンの様な形もあるそうです。

先日行った、レバニーズレストラン。
どのお店も食べ物をオーダーすると、ピクルスとホブスが出てくる。
f0142834_18454238.jpg
f0142834_18455978.jpg

私のオリーブ好きは、20年前の最初のドバイ赴任で始まったものです。
これだけで、十分ビールが美味しいのだけど、
ここのレストランは普通のお店なので、もちろんビールはでません。(禁酒)
しかし、先日行ったレバノン料理のレストラン、ちょっと高級でしたが
そこはライセンスがあり、なんとレバニーズビールが飲めました。
レバノンという国は、必ずしもモスリムばかりではなく
キリスト教の人々も国民の半数近くいるそうです。
レバノンのワインも呑んだことがあります。フランス文化の香りのするレバノン。
世界遺産もあり一度行ってみたいものですが・・・。
f0142834_1854994.jpg

ハモス;ひよこ豆のペースト、ホブス(パン)につけて食べます。
中東のお料理には、どこの国にも必ずあるハモスです。
いつもこれを食べているだけで、お腹がいっぱいになります。
f0142834_1854259.jpg

日本人の大好きな?ファラフェル・・ひよこ豆、そら豆のコロッケ。
日本人と行くと必ずたのむ一品。まあ安心して食べられますから。
f0142834_18545233.jpg

そして、ケバブ。羊の肉が定番で、ひき肉の串焼きが定番。
付け合せにあるサラダ;これはパセリを刻んだサラダ、タブーレ。
アラビック料理で、一番好きなのは、このサラダです。
オリーブオイルとレモンのさっぱり味です。
こう見ると、少しはおしゃれですが、アラビック料理というのは、
極めてシンプル。だって、砂漠の中でのお料理ですから。
素材をつぶして、煮るか焼くか・・。素材もバラエティはないです。シンプル。
こう見ると、日本の食文化のレベルは、非常に高いですよ~。
by josek | 2014-06-23 19:13 | 観光