2016年 11月 29日 ( 1 )

RADWIMPS

RADは、radicalの略語で、「素晴らしい」「最高」ニュアンスは、very very cool.
WIMPSは、「弱虫」「意気地なし」という意味。
RADWIMPS;凄い弱虫、カッコいい弱虫、ビビり野郎等々。
4人のロックバンド、映画「君の名は」の全曲27曲を担当。

●「夢灯籠」 - オープニング

●「前前前世 (movie ver.)」

●「スパークル (movie ver.)」

●「なんでもないや (movie edit + movie ver.)」 ラストシーン・エンディング
以上4曲がアルバムのなかでも特に有名。

久しぶりにiTunes Storeで、新しい音楽を物色中に、何気に紅白歌合戦にも
出場が決まったRADWIMPSを検索。試聴すると、映画のシーンを思い出した。
映画を観た時は、ストーリーを追っかけていたので、それほど一生懸命に
音楽を聴いていなかった。ボーカルの野田洋次郎君の澄んだ声に久しぶりに
心が揺さぶられた感じ。作詞・作曲・ボーカル担当の野田君。
デビューしたてのスキマスイッチの大橋君の「全力少年」「奏」の時に感じた
人生に対する焦燥感や飢餓感を野田君の澄んだ声からも感じました。

バイオグラフィーを読むと、彼は帰国子女。RADWIMPSは、今10代・20代の
若者に絶大に支持されているバンド。はぁ~~。納得!
野田君は、無限のポテンシャルを感じる繊細なミュージシャン、間違いなく天才!
他のメンバー;ギター・ベース・ドラムスの音楽のレベルも非常に高い。
人気の理由がわかった気がしました。大発見!の一日でした。

「君の名は」の主題歌としては、「前前前世 (movie ver.)」が有名だけど
私の好きな曲は、むしろ「なんでもないや」。
https://www.youtube.com/watch?v=6EJEXfwdRBI
今日一日で、20回以上聴いたと思います。
彼らの曲を少しさかのぼって聴いてみたくなりました。


by josek | 2016-11-29 01:11 | ブレイク | Trackback | Comments(0)