ちょっと寄り道・・・。

mmetequila.exblog.jp ブログトップ | ログイン

2016年 07月 14日 ( 1 )

お笑い~~。

ドバイでは、うちのホテルのテレビ、チャンネル数は200数十もあるけど、
観る番組は、NHKワールド(英語)と映画・MTVぐらいで、ほとんどテレビを観る事はない。
チャンネル数が多いと、あほらしくなって、全く観る気がなくなる。
時々、観たい番組が、どこにあったか?忘れちゃって、我慢会の様に、
チャンネル1から探し始める時もあるけれど・・。
中東諸国;サウジ・クエート・カタール・オマーン等々から、
アジア諸国;中国・韓国・インド等々の番組があって、
さらにスポーツのチャンネル・映画のチャンネルそれぞれ10数あって・・嫌になる。
もちろんCNNにBBCも、オーストラリア等英語の番組も山ほどあって、
まったく有難味がないテレビ番組。


昼間は、iPadで音楽を聴くか、食事の時に日本のドラマを観たりするぐらい。
それが、日本滞在の時に、大好きな「中川家」の漫才を観ていて、
『北野演芸館』にたどり着いた。日本では、2011年頃から、年に数回ある特番で、
北野たけしが見たい芸人(漫才・コント)を集めた旬の芸人さんが出演する2時間番組。
(もうなくなっているかも・・・きっとたけしさん次第の番組なんでしょうから)

たけし直筆の招待状を芸人さんに送り出演依頼をする番組。芸人さん達は、
この番組のために、新ネタを用意して、物凄く緊張するみたいで・・。

昨年、難波花月に行って、生の舞台・漫才は面白いから~と思ってましたが。
この演芸館を観てから、面白かった芸人さんをユーチューブでで
集中的に観るようになって・・・。
「中川家」を始め、
「テンダラー」「ナイツ」「笑い飯」「千鳥」「パンクブーブー」は最高。
女子高生に人気絶大の「ノンスタイル」が、霞むほど。
個人的には、栃木弁の「U字工事」も好き。
彼ら、ほとんどが、コンビ結成15年~20年。さすがです。いつの間にか、
漫才師さん達が育ってますね~。驚きました。

「チュートリアル」「フットボールアワー」「サバンナ」「麒麟」等
イケメン系の中堅どころは、最近はMCでは見かけるけれど、本業ではあまり観なくなって残念。
彼らお笑いの人達の目指すところは、やはりさんまや紳助なのか?
さんまの次世代がダウンタウン?べたべたの関西人としては・・オール阪神・巨人の様な
しゃべくり漫才師がいつの時代も存在して欲しいのだけどなぁ~。
後継者の筆頭としては、やはり『中川家』を希望。
お兄ちゃん剛のボケは、天然?なのか最高だし、何と言っても
弟の礼二君の芸達者は秀逸。一押しの電車ネタは、演じるというより、
楽しそうに生き生きとしているし、韓国語ネタにおかんのネタは、笑うしかない。
礼二君の芸の基本は、鋭い人間観察眼。これは、他の漫才師のネタとは、基本が
違うと思う・・天性のものでしょう。一度ライブが観たいですね~。

by josek | 2016-07-14 13:04 | 日常