2016年 06月 24日 ( 1 )

北の国 3 ばんえい競馬

帯広名物 初めてのばんえい競馬・・・なかなか興味深かったです。
騎手が馬に乗るのではなく、重量物をのせた鉄ソリを引かせて、それに乗る・・・
輓馬がソリを曳く=輓曳「ばんえい競馬」と呼ばれているそうです。

普通の競馬と大きく違う事は、所謂馬がサラブレッドではなく、重種馬・・体重の重い、
足が短くて太い馬が、競走馬としてソリを曳きます。最初にその馬達を見て、サラブレッドと違い
バランスの悪い馬だなぁ~とびっくり。元々木材を運ぶ農耕馬で、農民達の娯楽として、
農耕馬の力比べとして、始まった様です。

コースは、たった200mの直線コース。2か所に1m・1,5mの高さの障害物があるので
それを乗り越えて行かなくては行けません。柔らかい砂地をソリを曳いて、馬力と持久力が必要。
普通の競馬とは違い、鼻先ではなく、ソリの最後部がゴールラインを超えないとゴールと認められない。

観客席からではなく、柵のすぐそばで応援。スタートとなっても、とにかく、遅い・・・遅い・・。
たった200mのコースなのに、走ってこない。これには驚き。その上、途中で休憩が入る。
馬を休ませては、走る・・。特に障害物の前では、みんな止まって、休憩・・・これが信じられない。
そして、障害物の坂を超えると、最後のほんの10数メートル。ゴールまでの短い距離。
一斉に騎手達が鞭で馬のお尻を叩く・・・目の前を馬が走って行って、観客はそのまま
歩きながら、馬と一緒にゴールまで歩いて応援。長閑ですよ~。競馬ではなくこれこそばんえい競馬。

私も初めて、賭けましたが、当たらず残念。賭けると応援にも力が入ります。これは楽しかった。
帯広にはあまり娯楽がないと言う事で、競馬場が街の真ん中にある事もあり、カップル・家族連れで
賑わっていました。日本の競馬場とは大違い・・・長閑でほのぼのしてました。

f0142834_09201858.jpg












f0142834_09153507.jpg












f0142834_09173793.jpg












f0142834_09182108.jpg












f0142834_09184129.jpg












f0142834_09192359.jpg












f0142834_09211198.jpg












f0142834_09232030.jpg












f0142834_09240217.jpg












f0142834_09242859.jpg












f0142834_09253092.jpg












f0142834_09255360.jpg












f0142834_09263677.jpg












f0142834_08094314.jpg












f0142834_08100015.jpg




by josek | 2016-06-24 08:23 | 日本 | Trackback | Comments(0)