ちょっと寄り道・・・。

mmetequila.exblog.jp ブログトップ | ログイン

2016年 05月 08日 ( 1 )

どれにしようかなぁ~~。

古くからのレバノン人の友人。年に数度ドバイを訪れるたびにいろいろなお土産を
持参してくれる。お母様の描いた油絵やレバノン料理のクッキングレシピ本等々。
こちらは、ドバイで購入できる日本のクッキーとしてヨックモックをお土産に・・。
ヨックモックの味が凄く気に入ったらしく、最初にさしあげた直後には、丁寧に
手書きのお礼の手紙を頂いてしまったほど。それ以来、こちらからの
お土産は、いつもヨックモックを定番にしています。

今回彼から頂いたレバノンのワイン。『イクシール』赤・白・ロゼの3本。
こちらのレバノン料理のレストランでは、レバノンビールが飲めますが
いまいちなので、このワインもあまり期待はしていなかったのだけど。

UAEと違い、レバノンは、歴史と文化のある国で、知的レベルの高い人々もいっぱい。
教育レベルが、昔から高く、レバノン人の知的階級の人達は、アラビック・
英語・フランス語の3か国語を操る事が出来る。彼もその一人。
その彼曰く、このワインは、「カルロス・ゴーン」の所有するワイナリーのワインと。

はぁ?なんで、あのカルロス・ゴーン・・??彼は、オリジナルはレバノンだそうで。
知らない事がまだまだありますね~。
彼は、レバノン・フランス・ブラジルの3カ国の国籍を持ち、
アラビック・フランス語・英語以外にスペイン語・ポルトガル語も話せるとか。
凄いですね~。彼はブラジルで生まれ、幼少期をベイルートで過ごし、
今でも頻繁にベイルートには帰郷しているそうです。
このワインは、彼が、投資家の一人でもあるワイナリーのワイン。
一次大戦後、レバノンがフランスの植民地でもあった事から、
このワイナリーは、フランス一流の品質を持つワインの産地として有名だそうです。

『イクシール』;アラビア語で、不老不死の霊薬、永遠の若さと愛をもたらすという意味。
どれにしようかなぁ~と一番に飲み始めたのが、写真左端のエル。
なんとなく調べてみると、イクシールのワインの中でも、一番高級なワイン。
期待せずに飲んだせいもありますが、美味しい~~。
もう少しちゃんと知識を持って、賞味しないといけませんね~。少し反省。
まだまだ楽しみは続きます・・・。

f0142834_11565559.jpg





by josek | 2016-05-08 12:42 | 日常