ちょっと寄り道・・・。

mmetequila.exblog.jp ブログトップ | ログイン

2014年 07月 04日 ( 1 )

静かに・・・ ラマダン 1

とても静かに6月29日の朝を迎えました。
いつもと違う気配を感じましたが、気のせいでしょうか?
ラマダン・・・ヒジュラ暦の第9月の名前・・・が始まりました。
ラマダン(断食月)の詳細については、また次回に。
今日はラマダンには不可欠なデーツのお話。
f0142834_203551100.jpg

この木、てっきり椰子の木だと思っていたら、
最近果実にネットをかけて、落ちないようにしている。
よく見ると、青く果実が熟さない時からすでにネットをかぶせられ
ネットの中で、熟してネットの底に落ちて、熟していく・・・デーツ(なつめやし)でした。
f0142834_20455195.jpg
f0142834_20465013.jpg
f0142834_20472086.jpg

デーツは、古代エジプト時代から栽培されていたそうで
特にアラブ諸国、北アフリカ等では貴重な食物だそうです。
水の少ない土地でも育つデーツは、砂漠の民にとっては貴重な食料。
特に乾燥デーツは、ベドウインにとっては、羊のミルクと共に貴重な主食。
聖書に出てくる「生命の樹」、ムハンマド(モハメッド)が愛した食べ物もデーツの事。
f0142834_2192852.jpg

デーツが、イスラム教にとって、なぜ大切かというと
ラマダン(日の出から日没まで飲食禁止)期間中に、日没となり
最初に口にするのが、このデーツと牛乳・お茶・ジュースと決まっています。
イスラム教の友人の話によると、空腹の胃にやさしいからだそうですが・・・。
この時期は、かなりデーツが販売され、消費される事は間違いありません。
f0142834_21102261.jpg

このデーツ、食べ方としたら、とてもシンプルで、
熟したものを、やわらかくなったもの、干した物をそのまま食べるか
ジャムやジュース、ゼリーにもするそうですが、一般的には
乾燥デーツが多いです。ホテルで宿泊すると
フルーツの代わりにお部屋にデーツが置いてあることがあります。
果実の中に大きな種が入っていて、乾燥フルーツ同様甘いです。
そんなに美味しいとは思いませんが、古代時代にあったなら、
この甘さは感動ものだったと思います・・・。
お友達にいただくと、いつまでもいつまでもなくなりません・・・
f0142834_216548.jpg

by josek | 2014-07-04 21:11 | UAE