難しい・・

コチュジャン(고추장)を買いにいつもの韓国料理食材店へ。韓国食材店と言っても
大抵は、日本料理食材も置いてあるので安心。このお店には、毎月1~2度、必ず
豚肉と牛肉のしゃぶしゃぶスライスを買い出しに行きます。
こちらの普通のスーパーマーケットでは、日本仕様のスライス肉を売っていないし、
豚肉を扱っていないスーパーもあるからです。
「しゃぶしゃぶスライス」「すき焼きスライス」と海外で名づけられているこのスライス肉;
日本人・日本料理を作る私達には、非常に重宝するので助かります。このお店では
美味しい焼き肉用のカルビ肉もあるので、必ず買って帰ります。
ドバイには、何軒かの日本料理食材店もありますが、私の住んでいるエリアからお店が遠い
という事と、総じて韓国料理食材店の方が、ハノイの時もそうでしたが、品揃えが良いから
私は躊躇わず、いつも韓国料理店に出向きます。


最近はコチュジャンを使う事がなく、日本から持ち込む事もなかったのですが、コチュジャンを
使ったお料理、特にサラダに挑戦してみようかと思い立ち、コチュジャンを買いに
行ったのです。事前の準備として、コチュジャンが「コチュジャン」という呼び名で
お店の人に通じなかった場合を想定して、コチュジャンのハングル語も用意;『고추장』。
お店の店員さんは、インド人・ネパール人なので、大丈夫だろう~と思っていましたが。
いざ訊いてみると、すぐにわかり棚に案内してもらったら、さすが韓国料理食材店。
商品が棚いっぱいに、上から下まで全部コチュジャン・・・参りました~。
どれを買っていいか?わからない・・・。よ~~く観察していると微妙に内容に違いがあり
ますますわからない~~。難しいです~~。準備したハングル文字を見比べても、
どうもドンピシャのがなくて・・・四苦八苦。長い間、棚の前で佇み、困っていると、
店員さんが訊きに来てくれて、やっと判明。コチュジャンでも、ブランド違いや
スパイシーに違いがあり、私は中辛の良く売れてそうな物を買ってみたのですが、さてどうでしょう?

韓国食材店の店員さんは、ハノイの時もそうでしたが、韓国人のオーナーさんが厳しいので、
よくトレーニングされています。この日は、お店の入り口で、「挨拶隊」の様なお兄さんが
立っており、入店するお客さんに丁寧にご挨拶。このお店を利用するお客さんは、
間違いなく韓国人か日本人。私の前にお客さんが続けて二組入店。その挨拶隊のお兄さん;
すかさず、「アンニョンハセオ~」とさて、私にはどう挨拶するのかな?と思っていたら、
迷わず「こんにちは~」と。さすが、見分けられるのですね~。凄い!日本人同士でも
海外在住の韓国人・日本人の見分け方は、難しいと思いますが・・・。
最近「難しいな~」と思うのが、インド・バングレディッシュ・スリランカ・ネパール人の見分け方。
特に最近ドバイで増加しているネパール人・・・特徴が分かりません。難しいです。
さて今夜は、コチュジャン風味のサラダ、早速作ってみようかと思っています。

f0142834_13113487.jpg

トラックバックURL : http://mmetequila.exblog.jp/tb/25522661
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by josek | 2016-07-31 13:25 | 日常 | Trackback | Comments(0)