好き・・

けたたましいサイレンの音が・・好きなんです・・ただの野次馬根性。
サイレンが鳴るという事は、緊急事態発生という事なので、好き・・というのは、不謹慎ではありますが・・。
小さい時から、条件反射でサイレンが鳴るとそちらの方向に走り出していたものです。
この歳になっても、サイレンが聞こえると、必ずカーテンの端から外を観察してますから。
(サイレン音・・・周波数 ピー;960Hz ポー;770Hz パトライト社が特許取得済み。)

ドバイでは、サイレン音・・・あまり聞きません。パトカー・救急車、あまり見かけません。
各メトロの駅の改札口には、ポリスは必ず一人は立っていますが、日本ほど威厳もなく、
静かに佇んでいるという感じです・・・。
ドバイの犯罪は、少ないと思いますが・・・勘違いかもしれませんが・・。
というのも、UAEは出稼ぎ労働者が90%以上占める国です。犯罪を犯せば、すぐに
労働ビザを切られて、強制送還。だから、アジアに多かった、スリでさえ・・・ドバイでは
スリの被害に遭ったなんて、未だに聞いた事がありません。
それに、凄い監視社会・・・あちらこちらにある監視カメラの数は、尋常ではありません。

スピード違反の取り締まりは、厳しいです。ただしすべてカメラでの取り締まり。
グーの根も出ない状態で・・・反則金のみが請求される。それも高額。(最低2万円~)
ドバイに10年以上住んでいる人でも、ちょっと横道にそれたりしてカメラの位置を
確認していないと、すぐに違反。反則金の請求が来て、ガックリしているそうですから。

今朝も実は、早朝から、消防車に救急車が2台、近くに急行しており、朝からバッチリ、
目が開いてしまっていた状態で・・・。警察好き?かも。警察小説は大好きだし、
テレビで時々放映される「激録・警察密着24時」・・・大好きですね~~(笑)。

職務質問・・・警察官の方々・・プロなんで、風貌・風体、目つき、素行等々を確認後、
一瞬で判断して、職質をかけるらしいですね~。
まだ一度も職質・・された事がないですね~。おまわりさんとのご縁は、特に東京では
よく交番に行って道案内をしてもらいます・・・困ったおばちゃんです。

そう言えば、ドバイでの事。新しくご赴任された日本人の方・・男性。
着任のその日の夕方にメトロの駅近くで、職質に遭い、そのまま警察署にまで引っ張って
行かれたそうです。かわいそう・・・どんな様子だったのでしょうか?
普通は、日本人だし勘弁してもらえそうですが・・・。

警察と言えば、今話題の映画『64』後篇が始まりました。
主人公は、佐藤浩市さん演じる元刑事の警察広報官。
横山さんの小説は、警察小説といっても主人公が必ずしも刑事ではないのが、
興味深いところです。前編は観たので、後篇も観ないとドバイに戻れません~~。

f0142834_08444241.jpg
トラックバックURL : http://mmetequila.exblog.jp/tb/25338873
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by josek | 2016-06-16 08:47 | 日本 | Trackback | Comments(0)