グラス

日本で生ビールを呑む時は、大抵ジョッキ。なぜ?です。
ジョッキで豪快に飲みたい時もありますが、小ぶりのグラスでじっくり
味わいたい時もあって、ジョッキばかりでビールを呑むとちょっとつまらない。

ビールグラスと言ってもいろいろあって、興味深い。
以前は、陶器・磁器のグラスを買ったり、銅製・錫製のグラスを買ってみたり。
これらのグラスは、器に目がいってしまい、ビールの色合いが見えないのが欠点。
一口サイズのビールグラスも買ってみましたが、私には不向き。
ビールを注ぐのが忙しくて、困ります(笑)。

先日WEBサイトでみたドイツ、バイエルン地方500年の歴史を誇るシュピゲラウ;
「Spiegelau ビールクラシックス ビールコニサーセット」;通称 『ビール通セット』
4種類のタイプのグラス・・・ビールに合わせたグラスのセットもの。
ビールは、エールビール(上面発酵)とラガービール(下面発酵)主に2種類あります。
●ウイートビールグラス・・上面発酵の白ビール用 700ml
●トールピルスナー・・下面発酵・・ラガービールの1種 425ml
●ラガーグラス・・下面発酵ビール・・日本のビールは主にこのビール 560ml
●ビールチューリップグラス・・スタウト(黒)・ベルギービール用 440ml
(このグラスの分け方は、あくまでドイツビール・シュピゲラウグラスの分類です)

うすく繊細な口元に、ビールに合わせたスタイリッシュな形状で、
シンプルなグラスですから、ビールの色合いもわかり、目でも楽しめます。
自分自身の為に買うのも良いし、ビール好きにプレゼントも良いな~と。
しかし、私が一番好きなのは、カンパニーロゴの入ったビールグラス。

カンパニーロゴの入った、トールピルスナーの形状のグラスで呑むビールが
今一番のお気に入りかな。ドバイで一番よく呑むビールが、まさにこれ。
イタリアンビールのペローニ。ここのカンパニーロゴは、特に目立つものではなく
むしろ同じイタリアンビールのモレッティの方がカンパニーロゴ・ラベルとしては
インパクトがあるのだけど。背の高いグラス全体にペローニのロゴと文字が
デザインされているピルスナーグラスが大好き。見た目が清々しく、いかにもそそるグラス。
このグラス、日本に帰国するまでに、手に入れたいものです。

f0142834_19301993.jpg
トラックバックURL : http://mmetequila.exblog.jp/tb/25111548
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by josek | 2016-04-06 20:57 | ビール | Trackback | Comments(0)