ちょっと寄り道・・・。

mmetequila.exblog.jp ブログトップ | ログイン

お休み&犠牲祭

昨年のちょうど今頃は、日本に滞在していたので、イスラムの最大の行事があるこの時期の事について
何も知らずに過ごしていました。9月22日ー26日までイスラムのお休み・連休となります。

イスラム歴(ヒジュラ歴)の12月は、今年は9月15日ー10月14日にあたり、
ヒジュラの12月というのは、ズーアルヒッジャー;巡礼月です。
ヒジュラ歴の12月8日ー12日にかけて、サウジアラビアにある聖地メッカに集い巡礼をする行事ハッジ。
イスラムには、信者が行うべき五行があり、(信仰告白・礼拝・断食・喜捨・大巡礼)、大巡礼がその一つ。
ハッジは、経済的・体力的に負担が大きいので、可能な信者にだけ課せられた特別な行。
イスラム教徒にとって、メッカの巡礼は、人生最大の目標。
終えると、男性はハッジ・女性はハッジャと呼ばれます。

イスラム教には、「イード・アル・フィトル」と「イード・アル・アドハ」の二つの大祭があり、
前者は、ラマダン(断食月)明けを祝うお祭りで、
後者が、別名巡礼祭・犠牲祭と呼ばれ、ハッジ(巡礼)成功を祝うお祭りで、
それが、2015年9月22日より始まるお休みです。

一つには、巡礼祭として、無事にハッジを終え、山を下りる翌日、
ハッジ最終日としての祝祭。
そして、もう一つには、羊・山羊・牛を生贄として捧げ
神に感謝する犠牲祭としての祝祭・・ムスリム最大の祝い事。

#犠牲祭
預言者イブラハム(アブラハム)が、神から息子イスマイルを生贄にするよう言われ、息子と山に向かっていると、1匹の迷子の雄羊を見つけ、息子の代わりにその雄羊を神に捧げた。それから始まった神に感謝する行事で、今でも受け継がれている。イスラムの国では街中で羊や牛を、殺し解体して、皆でその肉を食するそうです。
貧しい人に分け、ご近所に分け、そして家族で食するのが基本。
●この生贄として捧げるところ、作法通りに動物を殺して、解体するところが
残酷だそうです。街中であるそうですが、見たことがありません。ドバイでも
あるのでしょうか?

◎HCM時代、モスリムのインドネシア人の友人。彼女、大巡礼にお姉さんと参加して、
物凄く嬉しそうにその巡礼の話を語ってくれた事を覚えています。
また別の時、自分の分と主人の分、2匹の羊を彼女の田舎に寄付した~という事も聞きましたが、
その羊達がこの犠牲祭の生贄の事だったのだと・・・今やっとわかりました。

今ドバイは、イードホリデイの方、特に中東の方で、大賑わいです。
女性のアバヤ・男性のカンドゥーラも様々。特に女性のスカーフの仕方・
顔の出し方、隠し方、国によっていろいろあるので、一人々・・・
「どこから来たの?」と訊いてみたいです。
23日から、UAEの首都、アブダビに行く予定です。

by josek | 2015-09-23 05:37 | UAE