シネ・リーブル梅田

f0142834_23320913.jpg














初めてシネ・リーブル梅田に行く。
グランフロント大阪を通り過ぎて、空中庭園のある梅田スカイビルに到着。
ここの3階4階が、シネ・リーブル梅田。いつもはTOHO系の映画のみ鑑賞。
ここは、テアトルシネマグループの映画館。いつも行こう々・・と思いつつ
なかなか行けなかったけど・・やっと行く事ができました。

『チャップリンからの贈りもの』; フランス 
貧しい移民が、チャップリンの遺体を盗んで身代金を得ようとするお話。
二人の男の日常が上手く切り取られていて、普通に共感できる、悲壮感のないお話。
何が贈りものだったのか?最後でわかり、納得。

『フレンチアルプスで起きたこと』; スウェーデン・デンマーク・フランス等々
家族4人でフランスのスキーリゾートで休暇。
ゲレンデの前のテラスでランチの最中に、人工ではあるけれども、
予想外の大きな雪崩が起きる。その時の夫のとった行動で、すべてが狂い始め、
夫婦・家族の崩壊の危機となるお話。
このストーリーは、日常生活でありそうな事。危機的状況に遭遇した時に
男性の真価が問われる~というもの。心理描写・洞察力が見事。各賞を多数受賞。

『人生スイッチ』; アルゼンチン・スペイン
6つのオムニバス映画。些細な事で、最悪の事態に転げ落ちて行くお話。
アルゼンチンで歴代1位の大ヒットになったというブラックコメディ。
ノリがラテン系。日本人にはちょっと理解不能な所もあるかも。

ドバイではハリウッド映画しか観る事ができませんが、その他の外国映画もいいですね~。
才能を感じます。何より字幕があるので、ほっとします。
もっともっと映画を観たいです。

f0142834_23323039.jpg





トラックバックURL : http://mmetequila.exblog.jp/tb/24294658
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by josek | 2015-07-27 23:41 | 映画 | Trackback | Comments(0)