ちょっと寄り道・・・。

mmetequila.exblog.jp ブログトップ | ログイン

卵かけごはん(卵ごはん)、生卵を食べなくなって、20数年。
日本ですき焼きを食べる時でも、生卵をつけなくても平気。
海外生活で、生卵を食べる事が出来るか出来ないかは、その国の発展度や衛生状態を
知る上において、一つの大きな目安。
私の滞在したアジアの国々では、あまり食べる事が出来ませんでした。
生水を飲んでも大丈夫か?生卵は食べて大丈夫か?これは、新しい国に赴任した時に、
最初に確認する大切な事。

新興国で生卵を食べてはいけない理由の一つは、衛生状態。
中身というより、殻にばい菌、雑菌が付着しており、殻を割る時に、中身にも菌が
混入するからとの事。
卵は購入後、必ず洗うのは、大切な作業でした。
もう一つは、やはり卵の成分そのものが危険との事。
鶏への安い飼料は、何が混入されているか不明で、生卵だけの問題ではなく、
食べる事そのものが、危険とも言われていました。
大量に、定期的に食べないように、気を付けていました。
しかし、2013年頃には、ベトナムですら、有機栽培のお店に行くと
有機農法の卵が入手可能で、日本食レストランでも直接購入できました。

こちらに来て、驚いたことは、卵の値段が高い事。一番安い卵で、1個35円。
日本の卵は安くて、よくスーパーの安売りの目玉商品だったりしますね。
こちらでは、1個100円以上の卵は普通です。
卵売り場は、結構広く多種多様な栄養価の高い卵があります。
メインは、オーガニックとオメガ3、ビタミン配合の卵です。
これって本当に安心安全なのでしょうか?ちょっと疑いたくなります。
日本でも栄養価の高い高級な卵、インターネット販売で入手可能との事。

これだけ、健康志向の卵であれば、間違いなく卵かけごはんにして、食べて大丈夫だと
確信しますが、それでももう食べる気にはなれません。不思議なものです。
日本には、卵かけごはんの『専門店』があるそうですね。一度行ってみたいです。

f0142834_13160804.jpg
by josek | 2015-06-30 15:04 | 日常