ちょっと寄り道・・・。

mmetequila.exblog.jp ブログトップ | ログイン

映画とアカデミー賞

一昨日アカデミー賞の受賞式をライブで観ました。
全部をみたわけではありませんが、主演男優賞を誰が、作品賞を
どの映画がとるかが、楽しみでみました。

主演男優賞は、エディ・レッドメイン;「博士と彼女のセオリー」 
天才科学者ホーキンス博士の半生を描いた映画。
レミゼラブルで、ウイリアム王子と同級生でこの俳優さんは
将来が楽しみだ~と素人ながら感じた彼。まだ若いのに受賞して超ラッキーです。
そして作品賞が、「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
この映画、さっそく昨日観て来ました。
ストーリーは、かつて人気のあった俳優が、現実と妄想の狭間で苦しむ
ある種のブラックジョーク(コメディー)とも言われており
私的にはなんとも言えませんが、カメラワークが素晴らしかったですね。
カットなしで、ず~~っとカメラを回し続けての撮影なのか?と思うほど・・・。
グイグイと引き込まれました。もちろん撮影賞・監督賞・脚本賞の併せて4部門受賞。
作品賞は「6才のボクが、大人になるまで。」が、圧勝かと思いましたが・・わからないものです。「アメリカン・スナイパー」は、音響編集賞のみ。
またブラッドリー・クーパーは駄目でした。

昨年度の映画で私が好きだった「Begin again」のマーク・ラファロが助演男優賞に
ノミネートされ、同じく「Begin again」で共演したキーラ・ナイトレイも助演女優賞にノミネートされていましたが、ノミネート映画は「Begin again」ではありませんでした。共に実力のある俳優さん達です。

最近観た映画
「Big eyes」・・・クリストフ・バルツの怪演が凄い・・「三銃士」「ジャンゴ」で、綺麗な英語を話す人だな~と思ってましたが、今回は全然。
何を話しているのか?と言う感じで。
「Gambler」・・・スナイパー役がとても似合うマーク・ウォールバーグのサングラス姿が格好良い。やっぱりサングラスが似合うのは、アジア人より
鼻の高い西欧人だな~と。
「Kingsman」・・・これは、賛否両論・・・私は×かな。
「Birdman」・・・アカデミー賞を受賞しなければ、観なかったかも知れない映画。

こちらは映画にアラビックとフレンチの字幕がつきます。何の役にも立ちませんが。
やっぱり、ネックは英語で、長年海外にいても映画の中の英語が100%分かる事はなく、
そこが残念です。どうしてもという映画は、日本でもう一度観るか?日本語字幕のついた、
もしくは吹き替えのDVDで観るか?悩ましいところ。
やっぱり映画館で観る映画は素敵です。
うちの隣のマリーナモールに映画館があるのですが、小さいので映画の数も上映期間も
とても短いのですが、最近イブンバトゥータというメトロで2駅のところにあるショッピングモールの中にある映画館に初めて行き感動。シネマコンプレックスで、同時に20本ほどの映画を上映しています。こちらは一部屋ずつが小さいのでそれが可能なんでしょうね。これからは少し足をのばして、もっといろいろな映画を観たいと思います。

by josek | 2015-02-25 13:23 | 映画