ちょっと寄り道・・・。

mmetequila.exblog.jp ブログトップ | ログイン

聖なる・・・ラマダン 2

ラマダンとは、イスラム教徒達が、日の出より日没までの間、
一切の飲食物をとらず断食する期間という認識ですが、
それなりの由来があるようです。

ラマダンとは、ヒジュラ暦の第9番目の月の名前で
ムハンマドが、マッカからマディーナへ聖遷(ヒジュラ)した
ユリウス暦622年をヒジュラ元年とした新しい暦による。
1ヶ月が29日(小)30日(大)となり、354日で1年。
毎年ラマダン月は、太陽暦より年間11日ずれる。

ムハンマドが興したイスラム教は、その当時今で言う新興宗教の一つ。
宗教的つながりウンマという共同体を作り、ユダヤ教と激しく対立。
ユダヤ教からの新興宗教に対する非難が、やがて迫害となり
彼らは、マディーナへ。そのヒジュラ道中の戦い・・・少人数で戦い勝利した、
その月がヒジュラの9番目;ラマダンの月で、その道中の苦難を追体験するため、
また飲食物を減らし、苦痛を得ることが目的ではなく、宗教的試練・食物の
ありがたみを感じるという事が目的で、ラマダン月に断食が始まったとか・・。
またムハンマドに、イスラムの経典がくだされた月でもあり、
このラマダン月は、聖なる月、英語では「The Holy Ramadan」。
世界中のイスラム教徒が、この時期に断食という試練を共有するという
イスラム教徒にとっては、1年でもっとも神聖な時期。

イスラム教の信仰行為は5行。
1.信仰告白;シャハーダ
2.礼拝;サラー
3.喜捨;ザカード
4.断食;サウム
5.巡礼;ハッジ

ラマダン(断食月)期間中には、さらに喜捨が、盛んに行われ
それがより信仰心を高めるとか・・・。
非モスリムの私達にも、寄付(ドネーション)の誘いが多くあります。

日の出前に食べる朝食をSuhur;スハール
日没後に食べる夕食をIftar;イフタールと言います。
喜捨の概念から、貧しい人、一般の人、誰でも自由に食べることができる
イフタールテントがあると話には聞いたことがありますが、
ドバイにもあるのでしょうか?ラマダン明けには、シェイク(王族)が
このイフタールテントを張るというのは、昔聞いたことがありますが・・。

有名レストラン、5つ星ホテルでは、ラマダン前から
このIftar(夕食)のプロモーション、宣伝が激しく、
値段は、150~250ぐらいです。(¥4500~7500)。
結構どのレストランも予約で満席だそうです。
日没後は、豪華ディナーが待っているので、日中の飲まず食わずが
我慢できるのかな~と思います。
by josek | 2014-07-07 13:38 | UAE