ちょっと寄り道・・・。

mmetequila.exblog.jp ブログトップ | ログイン

いろいろ・・・。

日経新聞を読みながら、マクドナルドを食べていたら
隣の席に、女性が座った・・そして、間もなく
「その新聞は、日本語?それとも中国語?」と。
「日本語」というと、「じゃ~あなたは、日本人?」と。「そう!」
これで安心したのか、ぺらぺらと彼女は、話し出した。
同じフロアにある映画館のスーパーバイザーをしていて、
以前は日本で働いていたそうで、カタコトの日本語も披露してくれた。

彼女は、日本が大好きで、早く日本でまた働きたいと・・。
ドバイも日本も物価高は変わらないから、
本業以外のアルバイトも可能な常夏ではない、四季のある過ごしやすい日本で
しっかり稼いで、本国に仕送りがしたいと・・。
日本で働いていた時に、BFだった日本人との間に子供が一人。
「プレグナント(妊娠)」と言ったら、すぐにバイバイされた・・・と。
10歳になるかわいい子供の写真と当時の日本でのお店(仕事場)での写真を
見せてくれた・・・フィリピーノバーで働いていたようです。
最近、インド、インドネシア、フィリピン、ベトナムのビザ要件が緩和され、
訪日しやすくなったらしく、日本に行きたいと・・よく言われます。

この時期、ドバイで出稼ぎをしている人達の多くが、1~2年に一度の休暇で
本国に1~2ヶ月帰るようです。多くのお土産を家族に買って帰るのだとか・・・。
ジムで働くケニア人の女性・・・私の国は、太らないと貧乏って思われるんだ~って。
南アフリカ人のイケメンの彼・・・見た感じは、まったく白人・・・
イギリス人かな?と思ったくらい。
彼は、ヨーロッパを転々としているらしく、「ワーキングピザはどうしたの?」と訊くと
「UAEは簡単に取れたよ~」と。彼も日本の富士山が観たいから、
「次は日本で仕事」と話してました。

ゴルフ場にいつもいるイギリス人、厳密に言うと、スコティッシュ。
どうして平日にゴルフができるのか?不思議で仕方がなくて、友人に訊くと
「彼は、House husband(主夫)」だそうな・・・へぇ~!
そう言えば、ハノイでもいました。奥様が亡大使館員で、夫が本国からついてきて。
最近は、以前より確実に増えています「House husband」。

こちらに来てから習い始めたダンス。
クラスに、レバノン・シリア人がいっぱい・・というのも彼らはアラビック・フランス語を話し
派手な顔の作りに、濃いお化粧なので、すぐにわかる。
セクシーなレオタード姿のお姉さん・・凄い巨体で、レオタードを着ると
ボンレスハム状態で、なかなかステップが踏めない・・・。
クラスが終わると、即座にアバヤ(UAEの女性の黒服)で体を覆う。
彼女がアバヤを着るまでは、彼女がUAEの女性とは知らなかった。
UAEの今の大きな課題は、医療・健康問題。
大金持ちだからと言って、好きな物を好きなだけ食べて、
太る~という時代はもう終わり、若い世代は、糖尿病を阻止し・・・
健康的な人生を歩む・・という事に関心が出始めているようです。
by josek | 2014-06-19 14:28 | 日常